同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 陸上ホッケー部
'15秋の展望「陸上ホッケー部女子」

全員ホッケーで目指すはインカレベスト5


今春リーグでは、惜しくも6位という結果に終わった陸上ホッケー部女子。彼女達は今秋、リーグでは表彰台、インカレではベスト5を目標に掲げた。



大きな掛け声をグラウンドに響かせ気合を入れる



9月12日から開幕した秋季リーグ戦では、格上相手との対戦が続き、思うように同志社らしいプレーが出し切れていない。課題は「体力面と攻守」。西日本インカレでは後半から体力が落ち、相手のペースに飲まれてしまうことが多かった。どれだけ持久力をつけ集中力を切らさないかが大きな課題となっている。



また、ゴール前シュートを放つか、ペナルティーコーナーに持ち込むか。ドリブルで自らボールを進めるか、味方にパスを出すか。「状況の判断力」も勝利を掴むカギとなる。守備では、「相手の攻撃に対して守るのではなく、自分たちが誘導していく守備をしなければいけない」(中嶋・同女4)と、自分たちでのゲームコントロールを目指す。



普段の練習では、次の対戦相手を考えて練習を行っている。精神面では、「練習に関しては常に自分に厳しくしてほしい。また、味方にも厳しい面を持つことも大事だ」(中嶋)。指摘されたことに対して落ち込むのではなく、「練習の時から指摘されても頑張れる力をつけてほしい」と中嶋は語る。また、技術面では、味方を理解し、「次のことだけではなく、次の次のことまで考えてプレーできるように」。課題克服のため彼女達は日々の練習に励む。



チームを率いる主将・中嶋



西日本インカレでは、大きな成長を見せてきた陸上ホッケー部女子。10月からはインカレが開幕する。毎年初戦敗退と悔しい結果に終わっているため、今年こそは勝利を目指したい。創部初のベスト5に向け彼女達は進化し続ける。(伊藤映里)



【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について