同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 陸上ホッケー部
'15秋の展望「陸上ホッケー部男子」

9月末から再び昇格に向けた戦いが始まる陸上ホッケー部男子。春リーグを2部4位の成績で終えた。チームが長年掲げている一部昇格。この夏成長した同志社は、秋リーグでの巻き返しを図る。


春リーグを終え、チームは代替わり。井上(法3)が新主将となった。後輩にホッケー経験者が多いため、戦術や練習メニューに関して「下級生が上級生に気軽に意見できるようなチームの雰囲気作りを心がけている」(井上)。風通しの良い新チームで、昇格に向け新たなスタートを切った。春の試合を振り返り、「まだまだ基礎が足りていない」(井上)。そこで長期休暇中は狭いスペース内でのパスやトラップ、走りながらのプレーを繰り返し確認。また、基本的な技術向上に加え、全員集まれる機会を生かし人数をかけた対人練習にも取り組んだ。


少人数で「全員ホッケー」をモットーとする同志社だが、その中でも注目は、中盤の要として攻守にわたり活躍する佐熊と青木だ。両選手とも春リーグでは毎回得点に絡むプレーを見せた。またホッケー経験者である左海(社1)や上田(政策1)は8月に行われた西日本インカレに早くもスタメン出場。例年に比べ新入部員が多かったこともあり、引き続き秋リーグでもルーキーの活躍に期待がかかる。



佐熊(スポ2)




青木(商2)


「この夏の練習を無駄にしないためにも、一戦必勝で2部優勝、一部昇格」(井上)。長年遠ざかっている2部優勝を目指す。思いをひとつにーー。この秋再び、勝負のホイッスルが鳴り響く。(中島萌奈美)



風通しの良いチームへ

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について