同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : ラクロス部
'15秋の展望「ラクロス部男子」

13年ぶりのファイナル3進出、そして関西準Vと、同志社ラクロス部男子の歴史を大きく変えることになった昨リーグ。今年もさらなる飛躍を誓い、秋の決戦に向け歩んできた。



昨リーグでは、結果は残せたものの、安定感のない試合展開が目立った。今年は、危なげなく勝利を重ねるために、「いつも同じ緊張感の中で練習しないと」(#23岡田主将)。はつらつとした練習の雰囲気の中にも、厳しさと試合への意識をもって、一体感のあるチームづくりに励んできた。



ついに幕を開けたシーズン。今年のリーグ戦を彩る注目選手を紹介したい。まずは攻守共に活躍するゲームメーカー・MF#1毛呂(社3)。リーグ戦では毎試合得点を決め、チームの勝利に欠かせない存在となっている。その強靭な体とショットの速さは相手DFのタイトなマークをものともしない。また、DFからは圧倒的な安定感に定評のある#55田附(商3)。彼の堅実なプレーと得意のVホールドは、同志社の鉄壁の守備を可能にする。



#1毛呂の活躍は勝利のカギとなる



堅実なプレーで攻撃陣をねじふせる



ここまで2勝3敗と、厳しい状況に置かれている同志社。しかし、彼らが下を向く必要はない。「気持ちを準備して臨むだけ」(#23岡田)。思い出される昨年の大逆転劇。本当の勝負はここからだ。ファイナル3進出、そして悲願の”関西制覇”へ。その望みがある限り、彼らの足が止まることはない。(高橋りつ)


【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について