同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球“Atom Selection -2015 autumn season-” : 硬式野球部
値千金の決勝スクイズ!:山岸大起
今日敗れれば勝ち点を落とす大事な一戦は序盤にリードを奪われる苦しい展開。だが中盤以降同志社が怒涛の反撃で同点に追いつく。そして続くチャンスで打席に立ったのは山岸大起(法2)だった。


5回終わって0-3。2試合連続で無得点に終わるのか、そんな不安もよぎった。だがそんな重苦しい雰囲気を打開したのは井手(スポ4)だった。一死1.2塁で井手が右前適時打を放つと、続く川端(法4)、福原(政策1)が続き同点に。迎えた一死1、3塁のチャンスで打席に立ったのは山岸。大学入学後リーグ戦出場の経験が無く、この打席がリーグ戦初打席となった。監督から「スクイズがあるかもしれない」と言われていた山岸。カウント0-2で迎えた3球目にスクイズを仕掛けると、打球はピッチャー前に転がり、3塁ランナーの川端が生還。見事スクイズを成功させ、1点を勝ち越す。結局この1点が決勝点となり、チームは6-3で逆転勝利を収めた。


見事スクイズを決めた山岸


逆転劇の立役者・山岸は名門・天理高校出身の捕手。2年生の時には甲子園ベスト8。だが主将として迎えたラストシーズンは県大会で敗れ、甲子園出場を逃した。この悔しさがあったからこそ今の山岸があるのかもしれない。その後、「みんなで大学に出て頑張っていこう」と山岸は同志社へ進学。大学進学後は肩の強化に重点を置いて練習に取り組んだ。また試合でベンチに入っているときにもランナーをじっくりと観察することで、「癖とかを感じ取れるようになった」と課題であった盗塁阻止率も次第と上がっていった。迎えた今シーズンは打撃の強化にも注力し、念願のリーグ戦出場の機会を伺っていた山岸。そしてそのチャンスは今日巡ってきた。「やっと出れた!」と試合後の山岸は満面の笑顔と充実感で満ち溢れていた。今日のようなチャンスをしっかりとものにすればきっとまた出番はやってくるだろう。


山岸の今後の活躍に期待がかかる


今年は主将・川端捕手のラストシーズン。「来年は川端さんの穴をしっかりと埋めれるようにしていきたい」と捕手・山岸は早くも来シーズンを見据えている。だがまずは今リーグ戦での優勝、そしてさらに上のステージへ――。同志社飛躍のきっかけは次世代の正捕手・山岸の活躍にあるのかもしれない。(今川将成)

【硬式野球“Atom Selection -2015 autumn season-”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について