同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 日本拳法部
'15秋の展望「日本拳法部」
実り多き秋へーー


6月に行われた西日本学生ではルーキーの谷(商1)と大学から拳法を始めた仙田(経2)が第3位に入賞するなど躍動した同志社日本拳法部。夏を越えて、一人ひとりが次なる目標に向けて技を磨いている。



目覚ましい活躍を見せる谷


夏休みには愛知県で合宿を行い、走り込みや筋トレ、高校生との合同練習などを行い体力面、技術面ともに向上を図った。また、大学から競技を始めた初心者の多い部であるため、基本的な型など日本拳法の基礎となる部分への取り組みも忘れない。「合宿が終わってそれぞれ意識が高まっており、声も出ている。練習の雰囲気も良い」(橋本・文情3)。きつい合宿を乗り越え、部員一同心身ともに成長したに違いない。


9月も終わりにさしかかり、シーズンももう中盤。10月には全日本学生拳法個人選手権大会、11月には団体戦である全日本学生拳法選手権が控えている。4年生の引退が近づき、徐々に3年生がチーム主体となる場面も増えているようだ。


チームをけん引する福島(スポ4)


同志社日本拳法部の強みは「一人ひとりが個性を生かし成長できること」と高橋主将(商4)は語る。互いに磨き合い成長を重ねることがその強さの秘訣のようだ。


相手を見据える高橋


最終的に目指す目標は男子が11月に行われる全日本学生団体ベスト8、女子が優勝。部員が一丸となり取り組めば、おのずと道は開けるはずだ。(増谷萌)

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について