同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ラグビー"Man of the Match"2015 : ラグビー部
紺グレ支える大黒柱・才田智

関西ラグビーAリーグ第2戦、対関大。同志社は初戦、まさかの敗戦から立ち直り今リーグ初勝利を挙げた。この試合でMan of the Matchに選ばれたのはPR才田智(社4)だ。


才田は名門・東福岡高校出身。全国大会3連覇を果たし、公式戦3年間無敗と輝かしい成績を持つ。同志社入学後も1年からAチームで活躍し、2年時にはスタメンに定着。今年度は主将としてチームをけん引し、同志社にはなくてはならない存在だ。勝利への気持ちは誰よりも強く、初戦近大戦での敗北に悔し涙を流した。しかし、「落ち込んでいてもしゃーない」。気持ちを切り替えて試合に臨んだ。



スクラムが才田の持ち味


試合が動いたのは前半25分。相手のサインプレーで先制を許すと、その後も自陣に攻め込まれ、苦しい時間が続いた。しかしインゴール手前、相手の猛攻を同志社FW陣がシャットアウト。これ以上トライを許さず、同志社に勢いをもたらした。今試合で一際輝いたのは何と言ってもスクラム。「近大戦から1週間準備してきていた。こだわれたと思う」(才田)。スクラムに絶対的な自信を持つ才田は、最前列からプレッシャーをかけた。「フロントローが本当に頑張ってくれた。プレッシャーをかけて、スムーズにボールを出させなかった」(秦・心理3)。前半32分には関大のコラプシングを誘い、相手PRにシンビン。試合を通じて、幾度となくその強さを見せつけた。山神監督も「スクラムで勝てるという安心感があった」と振り返り、同志社の強みが存分に発揮された一戦だった。さらにFW陣はブレイクダウンでも圧倒、いい形でBKにボールを展開しWTB松井(スポ3)らのトライに貢献した。攻守ともにFWの奮闘が今日の勝利を大きく手繰り寄せた。



ブレイクダウンに参加する才田


FWのなかでも特に活躍を見せたのはフロントローの才田。MOMに輝いた。受賞に対して「スクラムを評価してくれたんだと思うが、僕一人で組んでいる訳じゃない。他の7人が押してくれたから、前に出ることができた」。みんなで勝ち取ったリーグ戦初白星、そしてMOM。笑顔を見せながら振り返った。しかし、「もっともっと、ボールもらって前に行けるようにしたい。フロントローが動かないと勝てないから」と自身のプレーに満足をしていない。主将になって、OBやファンからかかる期待を一身に受け、今までよりも自分に厳しくなった――。それはすべて、関西リーグ優勝、さらに日本一になるためだ。才田は主将として、またFWの要として最前線からチームを引っ張る。悲願の日本一のために。(柳生芽衣)



FW戦に欠かせない存在だ


プロフィール

才田智(さいた さとし)

社会学部4年

東福岡高校出身

181㌢/120㌔

【ラグビー"Man of the Match"2015バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について