同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 居合道部
'15秋の展望「居合道部」

いざ、全国制覇へ


全国大会で11度の優勝と圧倒的強さを誇る同志社居合道部。しかし、昨年はまさかの二回戦敗退と口惜しい結果に終わってしまった。

あれから、一年。再び王座を取り返すために厳しい稽古を積んできた居合道部。彼らの取り組みの真価が問われる時はすぐそこまできている。



キレのある演武を披露する高雄(法3)



再び頂点へーー。居合道部はこの一年間、変わらぬ目標を貫き通してきた。

それは「全員入賞」と「全員で全日本V」。揺るぎない思いを胸に稽古に精進。

「全員入賞」を掲げ剣士一人ひとりのスキル底上げを図ると共に「全員で全国V」を目指す。



4年生として団体メンバーを引っ張る茶山(理工4)



現在、武道系の部活では最多の部員数を抱える居合道部。全員のモチベーションを常に一様に保つのは至難の業だ。

そこで団体戦メンバーだけが高いモチベーションを保ち、彼らだけが孤高の存在として技を磨く。勝つためだけならそれで良いのかもしれない。

しかし、「4年間を居合道に捧げるからには、振り返ったときに良かったと思いたい」(山岸)。

ただ勝つのではない。全員が一枚岩となり一つの目標を見据えて切磋琢磨する。その積み重ねが単なる優勝以上の境地へチームを導いてくれる……。

そのために居合道部はこの夏、全員で強化合宿を敢行。団体メンバーもそれ以外の剣士も入り混じり、共に汗を流して基礎を徹底した。

さらに、団体メンバーの選抜基準を明確にし、全剣士が等しく篩にかけられるようにした。

皆に団体メンバーの扉を開くことでこれまで以上の真剣度と一体感がチームに流れるようになった。



2年生ながら堂々の演武を行う川本(政策2)



「技の完成度は高い」と稽古の成果に自信を覗かせてくれた主将。誰が団体メンバーに選ばれてもおかしくないほど剣士たちを自らを高めてきた。

居合道の試合は相手とのコンタクトが無い。代わりにあるのは磨き挙げた技を100%発揮するための自分自身との闘いだ。ライバルは自分自身ーー。己に打ち克ってきた剣士たちは心を一つにいま、大舞台へ踏み出す。(滝川晴也)


【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について