同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'15秋の展望 : 水泳部
'15秋の展望 「水泳部」

新生DUS、始動。

 

今年度の日本学生選手権水泳競技大会(以下、インカレ)において、20年ぶりに念願のシード校返り咲きを果たした水泳部。有言実行を成し遂げたDUSの新たな主導者となったのは、佐々木二千翔(スポ3)だ。

 

 

インカレで引退となった先輩から次年の主将に指名された際には「とにかく責任を感じた」。来シーズンのDUSには、インカレで優勝するようないわゆる”大砲”の選手がいない。選手やマネージャー、コーチ・監督、OB・OGを含めた全ての関係者が一丸となってもぎ取ったシード権を死守するべく、全員が危機感を持ち1点を死にもの狂いで取りに行けるチームを作りたいと彼は話す。

 

 

新主将・佐々木の専門種目はバタフライ

 

 

現在はオフシーズンとなるが、この時期の泳ぎ込みが来季の結果を左右する。また、練習量の多さのみならず、トレーニングへの取り組み方にも注意を払っているという。
「きつい時にどう取り組むか」「どれだけ集中してトレーニングできるか」など意識の点において、部員間で差が生まれていると感じた佐々木。関東の強豪校に打ち勝つためにも全メンバーの意識を高いレベルに持っていくことが必要だ。その上、個々が持つ課題に対してそれぞれがプラスアルファのトレーニングをできるような雰囲気作りも行っている。

 

 

このように、「精神的に強いチーム(佐々木)」を作っていく上で、佐々木の理想とする主将像は「ひたむきな姿勢で部員を引っ張り、言葉でチームをまとめ鼓舞できるような存在」。これから1年間で"ファミリー"がどのように進化していくのか楽しみだ。

 

 

田辺キャンパスで練習重ねるDUS(提供:水泳部)

 

 

来季は追われる立場でもある同志社水泳部。だが、上には上がいる。男子は「関西学生選手権水泳競技大会(以下、関カレ)優勝・インカレ250点6位」、女子は「関カレ3位・インカレ100点」を目標として掲げ、高みを目指す。

 

 

彼らの”下剋上”はまだ始まったばかり。これからも見ている人たちを驚かせ続けてくれるだろう。新生・DUSのさらなる成長を見逃すな!(萱原涼葉)

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について