同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ラグビー"Man of the Match"2015 : ラグビー部
チーム支えるハードワーカー・秦啓祐

関西大学ラグビーAリーグ第5節対京産大戦。同志社は昨年敗れた京産大に雪辱を果たし、40-24の快勝でリーグ戦4連勝を飾った。なかでも2トライの活躍に加え、ハードワークが光ったFL秦啓祐(心理3)がMan of the matchに選ばれた。



開幕戦からここまで全試合スタメン出場を続ける秦。開幕戦は森山(商4)の怪我によりLOで起用され、第2節の関大戦以降は怪我で戦線離脱した末永に代わってFLでの出場が続く。NO8を本職としつつFL、LOでの起用にも対応する高い戦術理解力と抜群の安定感を兼ね備える。また、オフェンスでもディフェンスでもボールのあるところに常に働きかけ、豊富な運動量で泥臭く攻守にハードワーク。持ち味を体現して今節京産大戦でも秦啓祐の健在ぶりをしっかりと示した。



泥臭くボールを前へ運ぶ



前半7分に先制した同志社だったが、その後はペナルティやパスミスなど攻撃の歯車がかみ合わず得点を奪えない。すると京産大のPGやラインアウトモールからのトライなどあっさりと逆転を許してしまう。5点ビハインドで迎えた前半25分、CTB永富晨(商1)のラインブレイクからチャンスメイクすると、最後はSO渡邉(社4)からのパスをFL秦がインゴールに持ち込みトライ(10-10)。開幕戦から5試合連続スタメン出場している秦の今季初得点は貴重な同点トライとなった。このプレーをきっかけに流れをつかんだ同志社は追加点をあげ京産大を突き放す。



相手DFラインを突破する秦



試合では常にボールに絡むプレーでチャンスを演出。ピンチの場面では相手の攻撃の芽をしっかりと摘むなど縦横無尽にグラウンドを駆け回り、攻守にハードワークをみせた。なかでも、秦のハードワークを象徴する場面がみられたのは後半ロスタイム。「狙っていた」と鋭い飛び出しで相手パスをインターセプトすると約50メートルを独走し、試合を決定づけるダメ押しトライ。80分間走り続け体力的に苦しい時間帯でのこのプレーはチームを盛り立てた。「取った後に追いつかれるかなと思ったので、取れるとは思っていなかった。トライを取れてうれしい」と笑顔で振り返った。



試合終了間際にも彼のハードワークは光った



この試合で2トライの活躍とハードワークが光り、Man of the matchを受賞した秦は、「素直にうれしいし、これぐらいの活躍が普通だと言われるように、もっと活躍できるように、ハードワークのレベルを上げていきたい」と持ち前のハードワークにさらなる磨きをかける。だが、ここはあくまで通過点に過ぎない。「こんなところで満足しているチームではないし、もっと上を目指したい」。目指すべき到達点は、関西リーグ優勝、そして大学日本一。“覚悟”を固めたハードワーカーはグラウンドを走り続ける。(石見暢浩)



試合終盤には50メートル独走トライを決めた


○プロフィール
秦啓祐 (しん けいすけ)
心理学部3年
小倉高校出身
182㌢/90㌔

【ラグビー"Man of the Match"2015バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について