同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
4月のWEB企画 : フェンシング部
ルーキー紹介「フェンシング部」

第16回
ルーキー紹介「フェンシング部 宇山賢(商1)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

文武両道のサムライ剣士

 

春の訪れとともに、大物剣士が颯爽と現れた。高松北高校出身の宇山賢だ。

兄の影響で12歳のときにフェンシングを始める。特徴は189cmという長身。そこから生まれる長いリーチを生かしたプレーが持ち味である。

そんな彼の才能が輝いたのは、高校2年生で初めて出場したインターハイ。本人も驚きのエペ個人優勝を果たした。この試合が彼に大きな自信を持たせたことは間違いない。

 

 

 

大学という新しい環境の中で目指すのは、「オリンピック出場」、すでに世界を視野に入れているのだ。

また、部活だけではなく勉強への意欲も人一倍だ。同志社を選んだのも、「文武両道が可能な環境に魅力を感じたから」。

週6で高校の練習に参加。休日も返上して同志社のコーチの指導を受けていた。世界の舞台で活躍するため、日々ハードな練習内容をこなす姿は向上心の塊である。

 

長身を生かしたプレーで果敢に攻める宇山(商)

 

近年、選手不足のためさまざまな問題を抱えるフェンシング部。選手は、団体戦において専門種目以外での出場を余議なくされている。宇山が個人戦だけでなく、団体戦で同志社の新しい戦力となることは必至だ。フェンシング部の希望の光、サムライ剣士は着々と世界への道を突き進み続ける。

(藤原有里)

 

 

【4月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について