同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウィンタースポーツ特集 2015-2016 : アイスホッケー部
ウィンタースポーツ特集 2015-2016 「アイスホッケー部」
心ひとつに、全員で挑むインカレ

準決勝で立命大に敗退し、まさかの4位で終わった春リーグ。前回の屈辱を晴らすべく、氷上練習だけでなく、陸上トレーニングにも一層力を入れた。その努力が実を結び、秋リーグでは立命大に勝利。3位へと着実に順位をあげてきた。チームの状態も良好であり、「レベルの高い選手ばかりがあつまっている」(中村主将)。と手応えを口にした。


チームをけん引する中村主将(商4)


このチームに手応えを感じているのにはわけがある。以前までは「先輩の言う通り」で意見が言えるのは上回生がほとんど。しかし、今年のチームは一味違う。
チーム内のコミュニケーションに重点を置き、先輩、後輩分け隔てなく自分の意見を言える環境作りに励んだ。先輩、後輩関係なく誰でも物申し、時には、後輩の考案した練習メニューを取り入れたりもした。その結果、チーム内の雰囲気はいい方向へと進んだ。「学年に壁がない」それが今年度の同志社の大きな特徴である。


チーム内の雰囲気が良くなった同志社。しかし、春リーグでは上手く機能していたセット内でのコミュニケーションが秋リーグでは上手く噛みあわず、試合では苦戦。セット内でいかにうまいように機能させるか。「意思疎通」がインカレ初戦突破のカギとなってくるだろう。


円陣を組む選手たち


強豪がひしめく全日本インカレ。力強いプレーを特徴とする関東勢とは厳しい戦いが予想される。初戦の相手は東海大。未だ対戦したことのない相手であるため、ビデオミーティングで対策を練り、イメージを膨らます。レベルの高い選手も多く、なめてかかってはいられない。


「勝っても負けても来年に繋がるようなプレーがしたい」(中村主将)。しかし、あくまでも「目指すは優勝」。目標を高く設定している。4回生にとって最後となる大会。今年の集大成を笑顔で飾るため――。チーム一丸となってインカレへ挑む。 (梶木 唯菜)


【ウィンタースポーツ特集 2015-2016バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について