同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 軟式野球部
リーダーズ対談「軟式野球部」

軟式野球部リーダーズ対談 2016年を語る

前田紀×白城史×大森

「優勝できたら最高の1年になる」


左から副将・前田孝紀(政策2)、主将・白城敦史(経済2)、副将・大森皓貴(政策2)



まず今年はどんなチームなのか――。


前田「個性派軍団」


白城「確かに。個性的な…」


大森「個が強いな。いい意味でも悪い意味でも」


新しいチームになって前から変わったところは――。


白城「やっぱり3回生がいた時は、正直自分たちの力で勝ってた感があったけど、いざ3回生がいなくなってみるとやっぱり3回生の作ってくれたいい環境で野球やってただけってことを気付けて、改めて自分たちでやってみて環境作るの難しいなって思います」


大森「そうやな」



白城の勝利にかける思いは人一倍。守備の要、そしてチームの要としてラストイヤーに挑む



新しいチームになって徹底したいところは――。


大森「いま練習でやってることは徹底したいよな」


白城「そうやな」


大森「エンドランを1球目からやるとか。2球目からやるのは去年からやってたけど、1球目の方は去年やってなかったし。攻めてるエンドランをしたい」


前田「攻撃の幅をね」


白城「練習でやってるバントとかエンドランとか“みんなが同じ練習をやってるやつは全員ができる”っていうベースのもとでレギュラー争いをしていけたら強いチームになるから、当たり前のプレーを全員が出来れば総合的に層の厚いチームになると思うんで、そういう基本的なプレーを徹底したいかなと。練習でできないことは絶対試合じゃできないから、とりあえず練習から100%を意識してやって試合でどれだけ100%に近づけるかが勝負になってくると思います」


それぞれ主将と副将としてチームでの役割は――。


白城「自分はそんなに優しいタイプじゃないんで、みんなに結構キツイことを言って突っ走っていいポジションにいるのかなと思ってる。自分が引っ張っていって、何も見ずにとりあえず上を目指して行く。で、大森と前田が自分が見きれなかった分を補佐してくれるっていう役割分担かな」


前田「白城は去年の全国でも最後までいれなかったとか色んな強い思いがあって、新チームになって気合が入ってて普通の人の何倍も強い気持ちを持ってると思う。けど強い気持ちを持ってるからこそ見えない部分がいっぱいあるんで、そういうのを僕ら副キャプテン二人で見ていけたらいいのかなって」



前田は主将・白城をサポートし、チームを引っ張る



今年のチームの見どころは――。


大森「メンバー変わってないけど、強いて言うならピッチャーやな」


前田「うん」


白城「ピッチャーが去年から投げてるピッチャーで経験豊富なんで、一冬越えてどれだけ変われるかで上を目指せるかが変わってくる。まあピッチャーと、今まで出ていなかった選手がレギュラーとして出てきた時にどれだけ結果を残せるか。今まで出てた選手が活躍するのは当然のことで、残りの(3回生が入っていた)枠をどれだけ埋められるかが大事だと思うんで」


3人で引っ張っていく中で、どんな1年にしたいか――。


白城「負けなし」


前田「そうやな」


白城「負けなしで去年の結果を上回るっていうのは全国優勝しかないんで、やっぱりリーグ戦は圧倒的な力でしっかり勝って全国優勝できたら最高の1年になるんじゃないかなって」



大森は頼れる女房役として投手陣をまとめあげる



春のリーグ戦に向けて――。


大森「新人戦でつまづいてるから、たぶん相手も“意外と勝てるんじゃないか”って思ってるよな」


白城「そっちの方がやりがいあるな」


大森「うん。(自分たちが)絶対的じゃないってことが(新人戦で)身に染みて分かった」


白城「新人戦負けて、強いって思って臨んだ新人戦があんな結果(1勝2敗で4位)だったんで、それこそ去年は優勝したけど今年も挑戦者という気持ちを忘れずに一戦一戦を戦っていって、最後は10勝0敗で優勝できればいいと思うんで。今年も“守って勝つ”野球は変わらないんで、しっかり2-0とか3-0で勝つ野球を目指してやっていきたいと思います」



昨年は全国大会、西日本大会ともに準優勝。あと一歩のところで優勝を果たすことが叶わず涙を呑んだ。今年は昨年からレギュラーとして活躍した選手も多く残り、狙うは“全国制覇”のみ。まずは昨秋の新人戦での屈辱を晴らすべく、選手たちは春季リーグ戦を虎視眈々と待ち受けている。そんな強い気持ちが取材中の言葉の端々にうかがえた。(聞き手 野﨑智花)




○プロフィール

白城敦史(経済学部2年/170㌢60㌔/桐蔭学園高校)

現2回生の中で唯一、1年秋からレギュラーとしてデビューを果たす。抜群の守備で守備の要・ショートを守り、チームメイトからの信頼も厚い。バッティングでは小技を駆使し、出塁すれば足で相手をかき回す。昨夏、負傷で戦線を離脱し昨秋の出場はないものの、勝利への思いは人一倍強い。誰よりも熱い気持ちを胸に全国の頂を掴むべく闘志を燃やしている。



大森皓貴(政策学部2年/178㌢74㌔/鳴尾高校)

昨夏の全国大会で頭角を現し、一気に正捕手の座に上りつめた。安定感のあるリードは前主将も太鼓判を押す。昨秋はタイプの異なる3人の投手陣を盛り立て、好投を引き出し続けた。また力強いバッティングでも勝負強く活躍をみせる。



前田孝紀(政策学部2年/164㌢60㌔/堺東高校)

 チーム全員から慕われ、同じく副将の大森とともに個性的な現チームをまとめ上げる。またプレーでは、堅実な守備や周りへの声掛けなどで同志社の屋台骨を支えている。


【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について