同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
立教大に逆転負けを喫す
リーグ戦4連勝![軟式野球部]
逆襲を誓うエース。悔しさを...
'17春の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リーダーズ対談 : アメリカンフットボール部
リーダーズ対談「アメリカンフットボール部」

アメリカンフットボール部リーダーズ対談2016年を語る

松本樹×森脇太×岡本×酒匂

「学生日本一になる」


左から副将・松本祐樹(社3)、副将・森脇康太(商3)、主将・岡本陸(商3)、副将・酒匂琢大(法3)



まず、新体制になって変わったことは‐‐。


岡本「今年はオフェンスコーディネーターの方々が変わって新しいコーチ、新しい仕組みをいかに僕たちが活用できるか・・ですね。結構パートリーダーに責任がかかるので去年以上に4回生が主体になってやっていくことになります。去年は2部にいたので1部昇格という目標しかなかったのですが、今年はDiv1ということで、僕ら学生日本一という結構大きな目標を立てているので、フィジカルとかはコーチも今までにない強度を練習に組んで下さっています。」


具体的に練習はどんな風に変わりましたか‐‐。


岡本「練習はすごく効率的にやっていてそんなに長い時間はやらないです。走り込みとかも1時間だけで終わるのですが、その1時間ひたすら休みなく動き続けている感じですね。」


酒匂「とにかく密度を濃く・・。」


岡本「去年はどちらかというとフットボール向きのトレーニングで、フィジカルトレーニングを重視していませんでしたね。」


松本「体作りをとにかくメインにしています。」


岡本去年は戦略を立てて相手を徹底的に分析する時間を多くとっていました。どちらかというと頭を鍛えることが多かったな。」


森脇「ただただ走り込むだけじゃなくアメフトに合わせて、アメフトに合った、ほんまにしんどいフィジカルやっていますね。短い間にどれぐらい動けるか、どれぐらい低い姿勢で、どれぐらい低く、っていうのを心掛けています。」


岡本「日本はアメフトにあったフィジカルを作ってくださるコーチが少ない。でも、今ヘッドコーチを務めてくださっている方はそういうことに関してもすごく詳しくて、バリバリに僕らをフットボールのフィジカルをやらせてくださっています。」


そのトレーニングの感想は‐‐。


全員「めちゃめちゃきついです。笑」


松本正直今まで三年間よりかなりきついです。」


岡本日々ピークを更新していますね!!笑」


森脇「でも、きついけど短い間なんでね。1時間もやってないし!」


酒匂だからすごく集中はもつよね。」


松本「ほんまに実践につながるような練習が多い。」


岡本集中はもつ。視界はかすむ。笑 ほんまにしんどすぎて視界かすむ。笑」


森脇時間は短いけど体感的には・・。もう、めっちゃ長くは感じる。」


岡本「真剣にグラウンドにバケツ置かないともうもたないって感じでした。けど慣れてきて、強度も上がってきても最終的にはいけるなって感じてきていますね。でもしんどくて吐いちゃう子もいますけど、だんだんみんなのレベルは上がっていますよ。僕、この前実家帰ってプールで泳いだとき、今まで1キロ2キロ泳いでしんどかったのが平気になりましたね。短期間でこんな変わるねんなって実感しましたね。」


1年生、2年生はきついのでは‐‐。


岡本「きついのはきついけど別にメニュー全部こなさなくてもいいんです。倒れても良い。倒れるまでやってもらう。」


松本「一個一個丁寧に全力尽くしていくのが僕らのスタンス。」


岡本「できなくてもいいんです。僕たち幹部が全部こなせるかって言ったらそうではないので。もう途中自分が動けているかも分からない時あるけど笛から笛まで動き続けることを徹底しています。別にできないことをとやかく言うつもりはない。大事なのは自分のベストを尽くすことですね。手を抜いている奴には容赦ないです。」


酒匂「声かけもするし自分が声だしてないともたない。」


松本「例年に比べたら声も出ていい雰囲気でやっていますね。」


岡本「でも僕たちは例年と同じところを目指してない。僕たちが目指しているところにはまだまだたどり着けません。下級生は頑張ってくれているし、上回生がもっと頑張っていかないと。」



相手をかわし独走する松本(社3)



副将になった理由は‐‐。


岡本「僕が選びました。もともと3人は立候補していました。去年は2人でしたが、100人みることは出来ないので、その穴を埋めてくれる、かつ様々な意見があった方が良いと思いました。」


松本主将じゃなくて副将を選んだのは岡本みたいに猪突猛進に進めてくれる人の方が主将に向いていると思っているからです。どちらかというと自分は下級生の意識の引き上げをする役目でもあるし、僕自身、ニューエラーボールに2年連続出場した時、他のチームのレベルの高さを知りました。それを伝えられるのは自分しかいないしチームに還元したいと思ったからです。」


森脇「僕はもともと主将に立候補していました。岡本と二人で話し合った結果、僕より彼の方が覚悟あるな、主将に向いているなと思って彼に「主将をやってくれ」と言いました。僕は彼と似ているところがあって前にグイグイ引っ張っていくタイプ。それでも彼が主将をやるなら支えてやりたいなと思いました。僕は、モラルの面を大事にしていきたい。アメフトはルールが細かいので練習や私生活で些細なことまで注意していかないと勝っていけません。小さなことの積み重ねですね。練習以外のところから日本一のチームを作っていきたいです。」


岡本「ほんまに細かいことやけど、ごみがあったら拾うとか、道具を揃えるとか。」


松本「大人数だとないがしろにされることもあるので、注意していかなあかんな。」


森脇「ちょっとうざがられると思うんですけど、大事やと思っているので嫌われるくらい言っていきたいですね。」


酒匂「僕は高校の時、野球部主将でした。最初半年くらいは自分だけ独走していた感じ。監督からの助言で意識を変え、同じ目線で取り組んでみると一体感がでて良い雰囲気になったんです。大学は大所帯で、絶対に軸がぶれない奴が必要やし、それは岡本しかいない。だから僕はこぼれそうな子たちを引っ張っていきたいと思い立候補しました。」


学生日本一を目指すにあたって取り組むことは‐‐。


岡本「やはり上回生は学生日本一の目標を意識できるけど、チームの中には日本一が見えない選手もいてその目標に向かってやっていくのはしんどいと思う選手が沢山いると思う。そんな選手達にその道のりを説明して、今やっていることが日本一になるために必要なことでこれをやらないと日本一になれないという意識を徹底していきたいですね。」


松本「最高到達点だけだったらそこに向かうまでにみんながバラバラになってしまう。だから短期的な目標を立てて、ステップアップしていきたいですね。」


酒匂「短期目標をたててそれを達成するという体験が自信にも繋がると思う。この繰り返しが大事だと思います。」


岡本「全員が目標をもってやってほしい。」



試合終了、1部昇格を決めた瞬間



最上級生としての思いは‐‐。


岡本「後輩に勝たせてやりたい。最上級生になるまでそんな思いになったことはないけど、後輩に最高の思いをさせてから引退したいという気持ちになりましたね。個人競技だったら自分が諦めたら終わり。でも僕らを一部にあげて引退した先輩の思いを背負うと簡単には終われないですね。親はもちろん応援してくれる方々に恩返ししたいです。」


酒匂色んな重圧が・・。これが4回かと・・。覚悟して挑みましたね。」


松本みんなに日本一になるという覚悟を植え付けていきたいですね。僕らが卒業してもその覚悟をもってやれば今までみたいに2部降格や1部2部さまようみたいなところに留まるようなチームにはならないと思うので卒業するまでにチームの覚悟をつけたいですね。」


岡本「今までは「あんた感謝の気持ちないわ」と母によく言われていたんです。でも最近は周りの方に感謝の気持ちしかなくて。警備員のおじさんや飲食店でもお客さんが声かけてくれたり・・。」


松本「見てるとおもってない人が見てくれてるよなぁ。」


岡本「Div1に昇格した時は定食屋さんで店長が新聞もってきて喜んでくれたり、大家さんとすれ違いざまに「おめでとう」と言ってもらえた部員もいて。ほんまに見てないと思っていても見てくれてる人がいて感謝しなあかんし、僕らのことを信じてくれている人達に、絶対勝って「あいつらやりよったなぁ」って思わせたいですね。」


最後に‐‐。


岡本「100人もいたら熱くないとやっていけないです。誰かの気持ちが折れたら全てが崩れる。そういう意識でお互い鼓舞しあってやっていきたいですね。1月とか毎日夜の11時半まで「家のごはん食べたい」「嫌だ」と言いながらもミーティングしました。もう考えるのも嫌になるくらい。でもしんどいこと考えないと強くなれないんで。僕らが逃げたらだれも救ってくれないし、僕ら以外にも頑張ってる人のために勝ちたいです。何か話したい事あればすぐに連絡して集まりますよ。」


松本「僕、恵方巻売ってたんですけどね。笑」


岡本「朝から晩までバイトで恵方巻売っててもすぐに来てくれます。本当は「今順調です」って言いたいところなんですけどまだまだ求めている状況にはなってないです。主務も本当に大切な存在で、この5人で試行錯誤してやっていきたいです。」



今回、アメリカンフットボール部の主将・副将の方々にチームへの気持ちを語ってもらった。去年、1部昇格したアメリカンフットボール部。だが、彼らは1部昇格だけでは満足していない。今年の彼らの目標は学生日本一。勝つために、そしてチームのために覚悟を決めた男たちの目は輝いていた。必ず彼らなら魅せてくれるだろう。ここ数年1部、2部をさまよってきたWILD ROVERの歴史を塗り替えてくれることに期待したい。(聞き手 近藤麻由)




〇プロフィール

岡本陸(商学部/181㌢112㌔/清風高校)

WILD ROVER屈指の熱血漢。昨年からリーダーシップを発揮し、1部昇格の大きな原動力となった。大きな体から繰り出す低いヒットとチーム1のパワーが持ち味。今年は主将としてチームを率いる。


 

森脇康太(商学部/182㌢89㌔/同志社国際高校)

昨年からDLの主力選手。スピードとパワーを活かしたプレーで相手に圧力をかける。チームに対しては時には優しく時には厳しく接するハートの熱い副将。破壊力抜群のプレーでチームを率いる。




酒匂琢大(法学部/168㌢93㌔/同志社国際高校)

リーダー陣唯一のアメフト未経験者。高校時代は野球部に所属し、大学からアメフトを始めた。昨年はケガに苦しんだが、今年は持ち前のハードタックルで勝利を呼び込む。


 

松本祐樹(社会学部/172㌢74㌔/高槻高校)

下級生の頃から試合に出場しており経験豊富な選手。才能溢れるランニングとディフェンスは今年のチームにとって武器になるだろう。



【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について