同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : ハンドボール部
リーダーズ対談 「ハンドボール部男子」

ハンドボール部男子リーダーズ対談2016を語る

尾崎平×福田

「一人一人の能力アップを」


左から副将・尾崎隼平(理3)、主将・福田浩大(スポ3)



新体制になって変わったことは--。


福田「新チームはまだ始まったばかりで、今は基礎練習をやっている。それでもみんなやる気になってくれていてありがたい。」


尾崎「だいたいこの時期は基礎練習。去年は途中で失速してしまったので今年はそれがないように。」


福田「きつい練習ばかりなのにみんな楽しそうにしてチームみんなでという雰囲気がいい。」


尾崎「個人的にはボールを触る練習が大切だと思っている。だから、走るメニューでもボールを使ったりしている。」


新チームの戦い方は--。


尾崎「身長の高い選手が引退してしまったので、その分動かないといけない。だから、スピードが大事。」


福田「練習を見ながら個々の能力も見ていかないとね。それぞれが上手くなればチームは良い方向に向かっていく。」


尾崎「あと、DF。今までは長身の選手がいたので0-6DFを取っていたけど、これからは前で当たりにいく1-2-3DFへ。」


福田「それと、さらに雰囲気の良いチームにしたい。みんなが楽しくプレーして勝てたら最高。去年は、最終戦のインカレでは1回戦敗退だった。秋リーグで勝てたらよかったもののあれで結果がついてこなかったら、全然楽しい年ではなかったと思う。」


今年の目標--。


福田「春・秋のリーグでの結果をみてインカレの目標を立てたい。」


福田尾崎「とりあえず目標は、リーグでベスト4。2部だった去年とは違って、今年は1部リーグなので、4位以上でインカレ出場が決まるので!」


福田「そのためには、DFが一番大事だと思っている。だから、1対1を強く。そこから2対2、6対6へ。一人一人の能力を上がれば戦術も増える。誰をどう当てるか、どう攻めるか。高校とは違い、大学では一人だけが強くてもつぶされてしまう。一人一人が大事。プレーの強さを研きたい。」



今回は、スタートしたばかりの新チームを引っ張る主将・副将に話を伺った。昨年は1部昇格な実りある年となった。今年も主力として活躍した選手が多く在籍しており、さらなる飛躍が期待される。そのためには一人一人の能力アップが不可欠だ。春季リーグ開幕まであと2か月。磨きをかけた同志社ハンドで勝利を手にしてほしい。(聞き手 髙宮未咲)




○プロフィール

福田浩大(スポーツ健康科学部3年/177㌢80㌔/興南高校)

小学校5年生でハンドボールを始め、強豪・興南高校に進学。高校2年時に国体優勝、3年生の時にはインターハイ2位という輝かしい実績を持つ。ポジションはポスト。プレー面で魅せることはもちろん、チームを引っ張る主将としての彼にも注目したい。



尾崎隼平(理工学部3年/178㌢72㌔/同志社香里高校)

高校からハンドボールを始めたが、ずっと怪我に悩まされてきた。大学でもハンドを続けようと考えていたが、全治1年の怪我で一時は断念。しかし、高いレベルで競技をしたいという熱意は冷めず、大学2年生で入部。彼のハンドへの情熱、練習への姿勢から副将に選出された。


【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について