同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : ボードセイリング部
リーダーズ対談「ボードセイリング部」

ボードセイリング部リーダーズ対談2016年を語る

奥村仁×美吉

「覚悟を決める」


左主将・奥村昭仁(経2)、右副将・美吉康弘(商2)



主将・副将になった経緯はーー


奥村「学年で話し合ってきめましたね。立候補して周りに決めてもらいました。」


美吉「俺は残りの部員の中で一番適してるからなりましたね。といっても3人しかいないから2人のうちできめたんだけど(笑)」


奥村「僕らは人数が少ないので立命館と合同で練習してるんですけど、立命館にも幹部はいます。でも全体を仕切ってるのは同志社ですね。立命館とは移動も一緒にしてますよ。試合だけは別々で出るって感じです。」


美吉「それは本当に楽しいしありがたい!!」


幹部としてどんな心構えですかーー


奥村「プレッシャーはありますね。過去の主将と比べて自分はウインドの技術が劣っているので。」


美吉「俺はずっと好きな先輩がいて、その先輩のことを思い出してやろうって思ってるかな。自分が前に立って指示していくいくからには最低でも自分はそれができておかないとだめだと思うんだよね。それなりの覚悟がいると思う。」


どんな雰囲気のチームにしていきたいですかーー


奥村「今部員が下級生の方が多くて、今までは上級生中心の練習内容だったりしたんですけれど、それを下級生中心に変えてチームの底上げが図れる雰囲気というかチーム作りをしていきたいですね。一回生が21人もいるので。」


美吉「部内恋愛しまくりだよ(笑)」


奥村そうだね(笑)でも多いからこそ上回生が見きれないから、一回生同士で高め合ってくれないとどうしてもやっていけないですね。そういう雰囲気作りができたらいいかなと思ってます。」


そのためにどんな事をしていきたいですかーー


奥村「さっきも言ったように練習内容を変えたりとか、みんなの意識を保っていくために今までよりもっとミーティングの数を増やしていきたいですね。顔を合わせて話し合うっていう機会が必要だと思います。」


いまはどういう頻度でミーティングしているのですかーー


奥村「今は週末の全体練習の時と、今出川・京田辺各校地で週に一度平日の昼に行っています。その平日のミーティングで上回生が後輩にウインドの技術を教えたりしてますね。でもただそれだけじゃ少ないですし、モチベーションの差が生まれてしまう原因になってますね。その差が実力に出て、結局底上げができない結果につながるので。」


美吉「俺らが言ったところで一方通行になっちゃうからねー。」


奥村「でも下の学年をどうしかしなきゃいけないって思ったのは、近年で今回が初めてだから他の代とはまた違った形になっていくと思います。」


主将さんはどんな姿でチームを引っ張っていきたいですかーー


奥村「絶対自分が速くないと示しがつかないと思ってます。チーム内で一番速い人になるように努力することもそうだし、そうであることがあるべき姿かなって思います。ウインドは速い人の言葉の重みがすごくあるというか、説得力がすごくあるんです。うまくチームを回していくためには、僕はもちろん上回生がいっていう状況であるべきだと思ってます。あとは陸でも海上でも一番行動する人になりたいですね。知識より行動力が大事だと思います。これはいろんな速い人に聞いたらそう答えてくれました。習うより慣れろって感じで試した方が早いっていう感じです。実は吉田松陰の本にも載ってたのでさらに説得力がありましたね(笑)しかも大学日本一の京大の選手にもおなじことを言われました。そうやって自分が行動していって速くなって、行動力のあるチームにしていきたいですね。」



昨年度関西選手権団体の部入賞に貢献し、今年は主将として活動する奥村



副将さんはどんな姿で主将さんを支えたいですかーー


美吉「正直俺は100%奥村を支えるということはしたくないかな。でも奥村には奥村のいい所があるし、チームのことを一番考えてるのは奥村に間違いないからそこは尊敬していく。さっきの話のとおり、試しながら成長していくようなやり方だったら人それぞれで誤差が出ちゃうのは当然だから、そこをカバーしていくってのが俺の役目かなって思うな。チーム全体のイメージとしては、奥村がチームの軸となって俺が笑いで包むというか、風で包むというか(笑)奥村という存在の一本の火柱があって俺が風になって全体の火を大きくしていくというか。かなり難しいね(笑)自分でもはっきり言えないし。けど俺たぶんお前(奥村)にセイリングで勝てると思うわ。」


奥村「なんで急に(笑)まぁやってみないとわかんないね。」


美吉「これが言葉だけで終わったら恥ずかしいけどね。でも副将っていう役が付いてるのなら俺もそのくらいの勢いでいたほうがいいと思ったかな。」



明るい性格でチームを支える副将美吉。今年度の活躍に注目だ。



年間の目標を教えてくださいーー


奥村「団体戦優勝ですね。そのために底上げとしてインカレ予選を全員通過することが必要です。来年の新入生もインカレ新人戦で賞枠の半分を立命館・同志社で埋めたいです。そして関西選手権では主役の僕らが王者京大を倒して、同志社・立命館でワンツーフィニッシュを飾りたいです。」


美吉「ただまっちゃん(聞き手)が一回生で速いやつをアトムで特集をしてくれて、それが他の一回生にも刺激を与えてくれたら最高だよ。ごはんおごってあげる(笑)」


奥村「ボードセイリング部は大学から始める人が多いからこそ、可能性はとても広がると思います。これから一年間幹部として頑張っていきたいです。」



この度は体育会ボードセイリング部の幹部二人に話を伺った。1聞けば10の返答をしてくれる熱い二人でした。自分のこと、チームのことを一生懸命に語ってくれた二人は悩みながらもこれからの部活動に覚悟を決めていた。奥村部長に美吉副部長。彼らの覚悟はやがて部員全員へと伝染し、ビックウェーブなって大学日本一に輝くだろう。(聞き手 只松憲)




○プロフィール

奥村昭仁(経済学部2年/177㌢65㌔/愛知県立春日井高等学校)

今年は主将としてチームを引っ張る奥村。さわやかな笑顔が特徴だが心の中には熱い気持ちが潜んでいる。昨年は関西選手権団体の部入賞にも貢献し、今年はチームが日本一へと輝くための欠かせない存在となっている。



美吉康弘(商学部2年/172㌢58㌔/履正社高等学校)

副将ながらもチームに対しての真剣に考える美吉。主将に対して競技の対抗心を抱きながらも尊敬の念を持っている。今年度はマネジメントと共に実力アップを図る覚悟を決めている。


【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について