同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
4月のWEB企画 : ボート部
ルーキー紹介「ボート部」

第18回

ルーキー紹介「ボート部 澤雄樹(スポ1)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

大学でも頂点へ

 

昨年のインカレ予選敗退から再起をかけるボート部。この春新たに関西高校出身の澤雄樹(スポ)が同志社クルーの一員となる。

 

ボートを始めたのは高校1年生の春。「気が付いたらボート部に入って、艇を漕いでいた」。彼の特長は、中学時代に陸上部で培った瞬発力を活かしたスタートやスパート。昨年の国体では持ち味を活かし、好スタートをきった。序盤に一気に勝負を決めると、最後まで逃げ切りフィニッシュ。国体優勝という最高の結果で高校生活を締めくくった。

 


そんな彼も一度は挫折を味わった。2年生の冬、エルゴの記録が出ずレギュラー落ち。ボートを辞めることも考えた。だが、「努力した人が皆報われるわけではない。しかし、報われている人は皆努力している」という顧問の言葉を胸に艇を漕ぎ続けた。そして苦難の波を乗り越え、国体優勝へと登りつめたのだった。

 


舵手付きクォドルプルで頂点に立った澤。「大学では、エイトなどのスイープ種目に挑戦したい」。彼は今、大学日本一という新たなゴールを目指し、再び艇を漕ぎだした。(岩崎友美)

【4月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について