同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 應援團
リーダーズ対談「應援團」

應援團リーダーズ対談 2016年を語る

吉崎なみ×小寺

「溢れ出る気持ちを伝える」



左・主将吉崎みなみ(法3)、右・副将小寺花歩(スポ3)



キャプテンと副キャプテンという立場をどのように感じていますか。心境の変化は――。


吉崎「3回生のときは役職など、やらなければいけない事があって、間違った事をすれば先輩方が指摘してくださるから安心感がありました。でも、最上回生になった今はマニュアルがないので……」


小寺「いいチームを作れるように頑張らなきゃ、みたいな。」


吉崎「そうやなぁ。以前よりは責任を強く、感じるようになりました。」


小寺「私も3回生のときはやらなきゃやらきゃって感じでした。今はキャプテンが皆を引っ張るのに対して、私は皆を見守り、キャプテンを支える立場として頑張っていきたいですね。」


チアの幹部から見た今年のチームの雰囲気、特徴は――。


吉崎「元気!」


小寺「非常に答えやすい質問ですね(笑)。とにかくカラフルです。」


吉崎「皆やりたい事がたくさんあります!」


小寺「それぞれの熱い気持ちが溢れていますね。」


吉崎「そうやなぁ。今年のチームの新スローガンがOoze Out(ウーズアウト)で、意味は溢れ出る気持ちを伝えよう!みたいな。」


小寺「それを体現したチームです。」


吉崎「何故こうなったかと言うと、去年のチームは上下関係もしっかりできた堅い感じだったんですけど……」


小寺「どちらかというと、型にはまる真面目なチームでしたね。」


吉崎「うん。でも今は最上回生が少ないということもあって、わりと和やかで……(笑)。」


小寺「ラフな感じ(笑)。でもその柔らかな雰囲気の中に、やりたい!っていう気持ちが後輩から感じます。」


吉崎「後輩の方が多いしね。」


今年のチームの目標、目指すチーム像は――。


小寺「まず、チーム一人一人の溢れ出る気持ちを引きだし、それを見ている人(観客)に伝えられるようなチームにしていきたいですね。」


吉崎「それは應援團としての運営の方針でもあります。」


小寺「チーム一人一人の気持ちを引き出すのが難しいんやけどね。」


吉崎「そうやなぁ。チアとしては去年と引き続き、應援團部門優勝を目指します!」


小寺「鉄板やな(笑)。頑張ります!」


振り返って、去年のチームの反省点は――。


吉崎「インカレの反省会の後に、OGの先輩方から縦の繋がりが少し薄いと言われたことですね。同回生内での結構コミュニケーションはとれていたのですが、先輩後輩でのコミュニケーションが足りなかったかな……と。」


小寺「たしかに……あまり喋らなかったかも。」


吉崎「同回生内の繋がりが強いというのは代々チアの良い所なんですが、その縦の繋がりが去年は少し弱かったので……」


小寺「今年はもっと後輩とのコミュニケーションを大事にしたいです。」


吉崎「そして縦の繋がりの強いチームにしていきたいですね。」



今年チアのキャプテンを務める吉崎



チームとして成長していくにはどんなことが必要か――。


吉崎「結束力……ですかね。」


小寺「とりあえず自分たちに足りていないものを見つける!」


吉崎「いや、それを聞いてるんやろ(笑)。」


小寺「あ(笑)。でもそれを指摘し合うことが大切だし、必要です。」


吉崎「やっぱりチーム内でお互いに切磋琢磨し合うことがチームの成長につながると思います。」


小寺「もちろん、先輩と後輩関係なくね。」


普段はどんな練習を――。


吉崎「今の時期は基礎練習ばかりですね。」


小寺「基本的に体力作りが主です。」


吉崎「もちろん、大会前では大会に沿った練習を行います。」


小寺「本番をイメージしながら2分半の演技を何度も何度も繰り返し通し練習をしていますね。」


吉崎「そのためにも大会のない時期での体力トレーニングはとても大事で、今日のような日は簡単なスタンツ(組み体操)や……」


小寺「同立戦や試合などで披露する應援歌の踊りを細かく合わせています。」


吉崎「大会シーズンでは踊りを練習する時間が限られていますが、今は比較的時間があるので。」


小寺「一曲ずつ細かく合わせるなど、踊りに時間をかけることで試合での見栄え、完成度を上げています。」


お二人にとってチアリーディングとは――。


小寺「まさに、人を明るく勇気づけ、応援するスポーツです。」


吉崎「模範解答(笑)。私にとってチアとは「生きている」という感じですね!」


小寺「それもよく分からん(笑)。」


吉崎「いやでも、生きていると感じる瞬間の多いスポーツだと私は思います(笑)!」


小寺「うーん(笑)。」


吉崎「あとは……生活そのものですね。チアのある大学生活しか知らないので。」


小寺「そうやなぁ。もちろんチアが無ければこの大学には来ていないし、自分の人生において物足りなかったはず。」


吉崎「それくらい私たちにとってチアとは自身が一番熱くなれるもので、大好きなスポーツです。」



笑顔の素敵な副キャプテン・小寺



應援團の魅力とは――。


吉崎「指導部や吹奏楽部など別の団体ではあるけども、應援團の一員として共に頑張っている仲間は私たちチアにとってとても大切な存在です。」


小寺「そうですね。他の仲間が頑張っている姿を見て、我々も負けじと頑張らねば!と感化されますしね。」


吉崎「特にチアの中で悩んだり、問題が起きたりしたとしても、指導部や吹奏楽部も頑張っているんだと思うと励みになりますし、大変心強く感じます。」


小寺「実際に、團の役職になっている人たち以外はあまり接点はないんですが、毎年チアの大会には必ず双方の部の方が応援に駆け付けてくれます。」


吉崎「本当に感謝しています。」


小寺「應援團の魅力はずばり、他の部だけでなく、お互いの活動を応援し合うところです。」


吉崎「そうすることでよりよい應援團を作り上げ、もっと体育会を盛り上げることができると思います。」


同立戦への意気込みをお願いします――。


吉崎「目指せ、神宮!」


小寺「選手たちに届く熱い応援をします。精一杯応援をし、一つでも多くの勝利をもたらすことです!」


吉崎「今ちょうど春の野球応援に向けて、應援團の中で、応援の形態を考えています。」


小寺「これは毎年少しずつ変えていることで、特に曲の組み合わせなどを調整しています。」


吉崎「今年らしさを追求できるよう、應援團一同もっと練習に励み、頑張ります!」


ラストイヤーにかける思いは――。


吉崎「最後の年かぁ……とにかく楽しむ(笑)!やはり下回生の方が慣れていない事やしんどい事が多いし、私自身もそういった経験をしましたが、最上回生になった今はやっと心にゆとりができたので、残り少ない時間を本当に大切にしていきたいです。」


小寺「正直、私は長い間チアをしてきたのでこれが最後の年だという実感は全くありません。あと数か月ですが最後まで悔いなくやり通したいです。そのためにもキャプテン同様、全力で楽しみます!」


吉崎「確かに実感は湧かないけど、一回生の頃から先輩方にはたくさん同志社の伝統を教わってきました。今度は最上回生の私たちがそれを後輩たちにしっかりと残していく番なので、最後までその責任を全うしたいです。」



今回は應援團の中でも活躍のめざましいチアリーダーの幹部二人に、新チームの体制と今後の意気込みを語ってもらった。昨年度のインカレは全国8位とまずまずの功績を残した彼女達。本年度の目標は全国ベスト4以上、応援団部門優勝。去年はそれを達成できなかった分、今年はさらなる飛躍を誓う。チーム全員の溢れ出す気持ち、彼女達の熱い声援――今年はどのように表現されるのか。指導部、吹奏楽部含め、今後の新・應援團の活躍に注目だ。(聞き手 鍋島英莉)




○プロフィール


吉崎みなみ(法学部3年/162㌢/同志社国際高等学校)
中高6年間チアリーディング部所属。チア歴10年目。今年度、チアリーダー部のキャプテンとして新チームを牽引する。




小寺花歩(スポーツ健康科学部3年/155㌢/箕面自由学園高等学校)
チアの強豪校・箕面自由学園高等学校出身。吉崎と同じく、中高6年間チアリーディング部所属。これまで高い身体能力とキレのある技で、多くの観客を魅了してきた。


【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について