同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : バレーボール部
リーダーズ対談「バレーボール部女子」

バレーボール部女子リーダーズ対談 2016年を語る

西田耶×加賀里絵

「全員で勝ちにいく」


左から主将・西田満耶(文情3)、副将・加賀友里絵(政策3)



新チーム、どんなチームにしたいですか‐‐。


西田「そうですね。前試合をしてわかったことは、決定力は低いんですけど、粘り強いっていうのがあるので、その粘り強さを活かしたいなって思っています。今からは決定力を上げていかなきゃいけないので、その練習をしていこうかなっていう、体作りを今していますね。」


チームの軸だったエース、セッターが引退したんですよね‐‐。


加賀「そうですね。監督にもけっこう言われるね。軸が抜けたからって。」


西田「うん。」


加賀「“この人”っていうエース、去年だったら愛さん(八十科・商4)がいなくなったので、一人ひとりがやるっていう気持ちを持って戦っていくチーム。全員で勝ちにいかないと勝てないチームなので。」


西田「一人ひとりが責任を持って、自分がやらなきゃいけないことをしっかりコートの中で発揮するっていうのを目標に。それぞれ、役割というか、良い所があるので、悪い所はその人が補って、良い所はその人がどんどん伸ばしていくって感じのチームにしていきたいなと思っています。」


加賀「いい意味で、人に任せるじゃなくて『あ、自分がやらなきゃ』っていう意識はたぶん高まっていると思う。」


西田「後輩が、『私がやっていかなきゃ』っていう気持ちを持つ子が増えてきているので、自覚を持ててきたのかなというのが最近わかるよね。」


加賀「うん、見える!」


西田「嬉しいですね。」


ではそんなチームの雰囲気は‐‐。


西田「まだ始まったばかりなんですよ。新しいトレーニングを増やしたということで、やっぱり体がきついなあっていうのがあるんですけど、自分たちが足りない分っていうのは、そういうパワーであるっていうのはわかっているので。頑張らなきゃいけないなあっていう感じではありますね。これから頑張っていこうって感じです。」


新しい技は取り入れていきますか‐‐。


加賀「まだ始まったばっかりなんで、そういう練習には届いてないんですけど、やっぱり単調な攻撃では決まらないんで…速攻とか?」


西田「うん。」


加賀「コンビも増やしたいよね。時間差とか……。」


西田「なんか一人に、この人が決めてくれるっていう感じで全部集めるんじゃなくて、ほんとにもう“全員が攻めていく”っていう感じで。」


加賀「うんうん、そう。あとサーブも、満耶(主将)が力を入れていこうって決めたんで。一人ひとりの力でどうにでもできるサーブの時間は大事にしようって言ってやってます。」


西田「だから、その頑張らなきゃいけないことを最初に言って、意識させてやっていくっていう感じで。練習終わった後に反省して『これがいけなかったね』じゃなくて、練習が始まる前に『今日はこれを頑張りましょう。これは何のためにやります』っていう目的を言ってやると、『あ、今日はこれだったな』っていうのがわかるので。最初にその日意識してやっていくことを言葉にしてから練習しています。」


新チームの注目選手は‐‐。


西田「わあ、どうやろ…。でもまぁ、まな、ゆうな、ゆうきやと思うなあ。でもしほもいけるもんなぁ。」


加賀「でもゆうの気持ちも大事やん。あと、満耶も大事やな。もう全員大事やな!(笑)」


西田「えー難しい!でも、しほ(佐伯・文2)とゆうき(宮垣・スポ2)を乗らせたら勝つよね。」


加賀「うん。」


西田「2回生のゆうきと、しほ。あの2人が乗ったら、チームの雰囲気がものすごくよくなる。ムードメーカーなので。その2人がチームの雰囲気を作ってくれたら、声もものすごく出るし、しほも、試合になったら表情が明るくなるっていうか、楽しそうなのが伝わるのでみんな笑顔になる。その子が悔しがったら、『よし、次頑張ろう』ってなるし……。」


加賀「2人はけっこう周りも見れるので、コートで声かけができる子。」


西田「アドバイスができる。後輩にも先輩にも。」


加賀「あと、3回生にリベロ(新井佑・法3)がいるんですけど、チームの守護神としてすごい負けず嫌いで、自分持ってて。」


西田「で、ちゃんと物事を言える。後輩を雰囲気に乗らせることができるよね。」


加賀「その子もキーマンやと思います。自分にも厳しいんで。」


西田「で、バレーがすごく大好き!」


加賀「うんうん。」


西田「ものすごく大好き。大好きっていうのがすごい伝わる。」


加賀「わかる!ゆうにも期待しています。」


西田「ムードメーカーはその3人やと思います。」



プレーでチームを引っ張る西田。ポジションはレフト。



お二人のチームでの役割分担は‐‐。


西田「選手の心のサポートをするのは……」


加賀「サポート系やね。」


西田「悩んでいる選手の話をさりげなく聞いてあげたりとか、自分から話しかけたりしてあげるのは、友里絵(副将)だね。」


加賀「満耶はキャプテンとして、コートの中でプレーでも引っ張ってくれるし、しっかり考える力、伝える力があるので、何をどうしたいのかがわかりやすい。練習前にちゃんとした言葉でみんなに『今日はこうします』っていうのを伝えて、みんなが『よし、やろう』っていう雰囲気を持っていくのが上手ですね。プレーでも引っ張ってくれるけど、私みたいに人の心遣いの面でも引っ張ってくれていると思います。でも私は試合に出ていないので、試合に出てる満耶が気づけないことを伝えて、満耶を支えようみたいな感じ。」


西田「そっち側(Bチーム)のコートの事とかが私はやっぱりわからないから、そっちのコートで何を考えてて、レギュラーに対してどう考えているのかを(副将に)聞いたり、お互い言い合うようにしています。悪い所も良い所も言うようにしています。」


加賀さんから見た西田主将はどんな人ですか‐‐。


加賀「あはは(笑)どんな人?(笑)満耶は…自分にとっては(話を)聞いてくれるし、マイナスじゃなくてプラスのことを言ってくれる。とりあえず全部受け入れてくれるから話したくもなるし、言いにくいこととかも満耶に聞いてほしくなる。自分にとっては話しやすい相手とかですかね。背中を押してくれたり。チームにとっては、けっこうまじめというか、正統派タイプなので、後輩も背中を見てる。この前後輩とご飯行った時も『満耶さんわかりやすいしいい』って言ってたよ。」


西田「嬉しいね。(笑)」


加賀「『あーいい。ちゃんとしてるな。』って言ってました。」


西田(照)


西田さんから見た加賀副将は‐‐。


西田「たぶん気が合う。というか考えていることがけっこう一緒なので、一番悩みを言えてるかなって思う。欲しい言葉をくれるし、もし反対意見があっても、『そういう意見があったんだ』って気づけるし、言いやすい。私が考えてなかった部分まで見えているので、色んな側面から物事を見る力がある。チームのサポートをしっかりしてくれるので、元気ない子がいたら、私に直接話さなくても『友里絵に相談してみたら』って言う感じでチームの子たちを任せることができる。心のケアは友里絵に任せようって。私は『私ができることをやるから何をしたらいい?』って聞いたら具体的に言ってくれるので。動きやすいというか、どういうことをすればいいかわかりやすい。……難しいですよね!(笑)」


加賀(笑)


西田「長いしね!(笑)」

主将、副将として心がけている事は何ですか‐‐。


西田「伝わるように話すことと、周りをしっかりみること。プレー面では自分のミスがチームの雰囲気に繋がる影響力を考えている。ミスに対して責任を持っています。」


加賀「私は、とりあえず全員と信頼関係を築けるようにしています。辛そうな子には声をかけるようにしてて、何かをやってくれた子には絶対『ありがとう』と伝えることを心がけてます。」


西田「“当たり前のことは当たり前にしよう”というのを目標にしてるので。しっかりそれも守れるようにしたい。」


加賀「まだ伝統もないし、ほんとの決まりもないんですよ。2部でバレー推薦がないのは同志社だけとかなんで、今、成長段階のど真ん中にいて、良くなるにも悪くなるにも大事な時期になる。でも中途半端なんですよね。みんなそのギャップで悩む。同志社やし勉強もしたいし、練習時間も限られてるし、他のチームは1日練習してるし……でも勝ちたいし!」


西田「負けたら悔しいしね。」


加賀「与えられた環境でやるしかないみたいな感じなんでね。『ほんっま頑張ろう』みたいな感じです。」


西田「指導者も監督1人しかいないしね。」


加賀「まだ2年目でね。でもいてくれてほんと助かる。変わりました。監督の存在もでかいというか、本当に感謝しています。」


新チームの目標はなんですか‐‐。


西田「目標は一部昇格ですね。」


加賀「うん。」


具体的に春リーグの目標は‐‐。


西田「個人それぞれが今年やっていく目標があるので、その達成しなきゃいけない目標に向かって頑張っていく感じです。」


加賀「2部で初めて戦って、全然威力とかが違うのを痛感して。基礎体力がないなって。」


西田「体作りを中心に、やれることはやって、春リーグに向けて色んな事に挑戦しようと思っています。」



2011年の創部以来うなぎ登りの成績を残し、昨年の春には全勝で2部昇格を果たした。しかし、秋に初めて挑んだ2部の舞台は2勝5敗、8チーム中6位という苦い結果に。さっそくレベルの差を見せつけられた。そんな中、始まった新チーム。軸となる選手がいなくなり、一人ひとりの責任と高い意識が重要となる。今回、主将と副将の話をうかがう中で、チームと仲間に対する熱い想いを丁寧な言葉でゆっくりと伝えていただいた。仲間を大切に想いながら話す彼女たちの瞳はとてもあたたかかった。その瞳が見つめる先にある“1部昇格”という夢が叶う日まで、”全員バレー”で挑戦を続ける彼女たちを心から応援したい。(聞き手 石岡日奈子)




〇プロフィール

西田満耶(文化情報学部3年/167㌢/福岡県立明善高校)

小学4年生から親友の誘いでバレーを始め、12年間ボールを追い続けている。中高ともに主将を務め、今回で人生3度目の主将に抜擢された。周囲の意見を取り入れながら練習メニューを考え、その目的を言葉で部員に伝える。プレーで、言葉でチームを引っ張る存在。彼女にとってバレーとは「一番輝ける舞台」。



加賀友里絵(政策学部3年/162㌢/星稜高校)

小学3年生から今まで13年間バレーと共に歩んできた。エース、補欠、マネージャーを経験するなど、彼女の長いバレー人生は決して順風満帆な道のりではなかった。だからこそ、彼女は全員の心に寄り添える。自身のスキルアップと同時に選手の心のケアも忘れない。彼女にとってバレーとは「道を切り開き、成長させてくれるもの」。

【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について