同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : ラクロス部
リーダーズ対談「ラクロス部男子」

ラクロス部男子リーダーズ対談2016を語る

 藤野輝斗×毛呂亮×駒井

「継続性のあるチームに」


左から副将・藤野羅輝斗(法3)、主将・毛呂公亮(社3)、副将・駒井久晃(商3)



チームの目標は――。


毛呂「ファイナル4と関西制覇で悩み、最終的に関西制覇にしました。2年前の関西準優勝と昨年の6位という現実から分かれた 意見があったよな?」


藤野「いっぱいある(笑)。」


毛呂「昨年度の反省として規律がなかったとか、同志社が継続的に強いチームを作るためにはやっぱり土台作りが必要になってく最初チームの土台作りという点で、目標がファイナル4だった。目標も段階を作っていくべきやってなったけど、結局規律が浸透したら成功して実現可能ってことで、関西制覇になった。目標に継続性がある。関西制覇っていう目標を立てたら、そのあともずっと継続して目標にし続けるという部ができるっていう案がでてたよな。」


駒井「5年後、10年後に同志社ラクロスが日本一になってたらそれでいい。そのために土台作りの1年目として色々案でたけど、 俺ら自身が就活ある中で部活に注ぐ時間とか姿勢とかを覚悟決めてやったら、目指せる目標ではあるし、関西制覇という結果はついてくると思ったから、関西制覇という目標になったと思います!」


藤野「今年関西制覇できたら、今までと技術の面では飛躍的に進歩とか上手くなってるっていう部分はないかもしれんけど、じゃあなんで関西制覇できたのかっていう部分の要因が今年やってきたことの結果として裏付けになると思う。こういうことす れば、関西制覇っていう結果につながるんやっていう、そういう印象を同志社ラクロスをやっていく後輩たちにも意識づけできるから、そういう意味でも継続性を大事にしてるという点で、結果が出たらより継続という部分でもスムーズにいくん じゃないかな。」


毛呂「結局、関西制覇を達成させようとした時に、どうしても今まで技術だけってところがあったやん。そこじゃなくて、技術だけじゃ勝てへんっていう去年のこととか今までの同志社ラクロスの実績とかみて、最終的に最上回生で話し合ったのは、運営の方でちゃんと一人一人が人として、社会人になる前として、最低限しっかり備えるべき資質っていうのを全員がもつこ とによって達成できると思う。それが出来たら、そういう姿勢ってプレーにもでるやん。そこが一番大切やと思う。」



主将を務める毛呂。チームの勝利のカギとなる。 



新体制で変わったところはーー。

 

藤野「運営の基礎を決める時に、まずなんでこの役割があるんやろうというところからしっかり考えて、一つ一つ定義づけをして いった。例えば、当たり前のようにある幹部っていう組織があったとしても、何故その幹部が必要で、どういった仕事をするのかっていうところからしっかり話して、そこが他の人と役割が被っていたりとか、何故あるのかという部分がたぶん突 き詰めれてなかったと思う。だからそこをしっかり突き詰めて、役割をしっかり分けたところが、決めていく過程の中でそこから話したから、その役割について、一つ一つやることに迷いがなく、しっかり役割分担ができている、という面で新体制では強いかな。」


毛呂「結構今まで横割りやった。横割りの組織やと、どうしても一年一年同志社ラクロス部はまだ年月が浅いやん。創部してから 20年とかやし。体育会になって間もないから、これから継続的にチームを作っていかないとあかん。そうなった時に毎年方針が変わったら浸透せず、またゼロから立てていかなあかんけど、今年から継続的にみるっていうのが大切やと思う。継続的にみることで1番大切なことは、同じ意見をもっている人たちが“たて”でいるってことやと思う。学年隔たりなく同じ考 えをもって、最終目標に向かってチームを作り上げていくっていうようなマインドがあったら、絶対に次に生かせると思う。 その最終の目標をつくる上で、土台となれるっていうのは1番今までと大きく変わったところかな。」


駒井「各学年だけで詰まっていた“よこ”の意見とかを、各回生リーダーだけが集まって話すという“たて”の機会を作ったり、ポジションも自分たちのポジションで集まったりとか。」


毛呂「そう。ポジションの“たて”ってでかいよな。」


駒井「前までなかったしな。」


毛呂「やっぱり、同回生で言い合うのは簡単やけど、“たて”のポジションごとで言い合う方がAチーム・Bチーム関係ないやん。」


駒井Bチームの選手やったら、見てもらってるんかな?っていう不安感もあるし、その中で個人的にアプローチしてたら、Bチームの子らもついていこうとか、追いつこうってなると思う。」


毛呂「そのためにはポジションのリーダーに、今までやったらポジション内の技術面しかみれてなかったけど、性格、生活、態度 とかの運営面でもしっかり見てもらう。」


藤野「しっかりポジション内で面倒を見てもらう、ってことやんな?」


毛呂「うん。それが大切やな。」


駒井「人間としてっていうところが全部でてきてしまってる。そういうところを一人一人が同じ考え方を持ってる人間がだんだん増えていったら、チームとして同じベクトルを向いてやっていける。当然最初の方は価値観の相違みたいなんがあるやん。 それを解消するには、話し合うしかない。俺らがしたように、話し合うのは時間かかるし、手間もかかるけど、そこを怠っ たらよくないと思うねん。それを毎年やっていったら、継続的に戦える強いチームになると思う。応援したいと思える選手に俺らがならなあかんし。」


毛呂AチームとBチームでまとまるんじゃなくて、両方合わしたポジションというところでまとまれたら、ポジション内の先輩とか普段見てるやん。そこにリスペクトもあると思うし、先輩も先輩でリスペクトされるだけの行動をリーダー陣が取る、幹部が取る。4回生全員が取れたら、おのずと“たて”でまとまれるようになると思う。だって、全然ちゃうやん。“よこ”でまと まるのと“たて”でまとまるのって。2・3回のときも不満とかもあったやん。」


藤野「学年でとどまってたもんな。」


毛呂「そうやって不満が出る前に、もしかしたら“たて”で集まってたら不満はなかったかもしれへんやん。」


藤野「4学年合わせて1つのチームやから、それで1つのチームって考えるとやっぱり“たて”で話し合える環境がないと絶対結果に繋がれへんと思う。」


毛呂「顕著なんは、俺らのチームにはそんなに技術がたけている、スーパースターがおるわけでもないやん。だから、全員でラク ロスをくずさないといけないとあかんし、そこで必要なのは一人一人の結びつきとか、信頼関係ができるかどうかやと思う ねん。そのためには、会話量が大事になってくると思う。絶対そこやと思うし、そこで“たて”のコミュニケーションができな いときついと思う。」



副将を務める藤野。抜群のセンスでチームに貢献。

 


チームの雰囲気はーー。


毛呂「雰囲気はあえて提示しないようにしたよな。」


駒井「雰囲気自体がおのずと生まれるものやから、一人一人が同志社ラクロスに対する目標を考えて、グラウンドでプレーす るときに、おのずと雰囲気はよくなる。こいつらと一緒に勝ちたいからこそ、お互い干渉しあうし、お互いのいい意見 がでる。そういう雰囲気を求めているからこそ、あえて提示してない。」


藤野「雰囲気がこれ、っていうのに合わせてチームの練習を作るっていうのは方向性として間違ってるし、一人一人の練習に 対する意識とかによっておのずとでてきて、客観的に人がみて感じとれるものやと思うから、それを雰囲気から入るっていうのは考え方として間違ってるなって思う。そういう意味で、一人一人の部分を大事にしていったらいい雰囲気ができていくんじゃないかって。」


毛呂「シーズンインして、今までやったら雰囲気的にこうしないとあかんかな、っていう義務感があったけど、結局向かうべ き雰囲気に自分を向わすんじゃなくて、常に自分と向き合って、自分が達成させたい個人の目標とチームの目標がしっかり一致してたら、そのチームに対してアプローチしているところと同じように皆ついてくるやん。それで、どんどん相乗効果で雰囲気として作り上げれるかな。結局皆が成長したい!っていうのが雰囲気やん。」


駒井「それは一回生やからとか関係なく、一回生やけどそういう思いがあって、先輩それ間違ってますよっていう、厳しい意見があるんやったら、それはそれで出してくれればベストやし、実際12月ぐらいにでてきてたやん。前やったら、縮こまって物申せへんかったし。そういう環境じゃなく、風通しのよい環境がおのずとでてくる。」


毛呂「風通せてないのが悪いんじゃなくて、風通しがいい環境ができてしまう。上に意見言わん限り、自分は成功しない、チームが成功しないっていう意識があったら、チーム全体が風通しが良くなるってことやんな。そのためにも、上回生は下の回生らが成長できるだけの理解をせなあかんし、個人的な性格とかを知らなあかんやん。」


藤野「お互いのことをもっと知らないとな。」


毛呂「信頼関係をそこで築いて、一人一人の目標を達成できる組織って最強やんな。」



副将を務める駒井。気持ちをプレーで表現する。



に力を入れているところはーー。

 

毛呂「広報活動かな。今まで規律とか、どこか同志社大学ラクロス部っていうカラーがはっきりしてなくて、自分たちのラク ロス部に対して誇りをもつことができてなかったこともある。それを自分たちが実際にすることで、周りの人たちがみても、同志社ラクロスの子たちいい子やなとか、しっかりしてるなとか思われたら、おのずとプライド持てると思う。 やっぱりラクロスってマイナースポーツで大学から始まるから、中学高校って知らんやん。ラクロスっていうスポーツ をいろんな人に知ってもらう、まず学内だけでもしっかり知ってもらうとか。同志社大学ラクロス部の活動とかを部と してしっかり知ってもらえるように、自分たちが頑張ってたら知ってほしいし、プライドをもって4年間過ごせたらいいかなと思う。そこも広報活動することで達成できるんじゃないかなと思います!」

 


今回、男子ラクロス部の主将・副将の方々にチームへの熱い思いを語ってもらった。去年、リーグ戦6位というどん底をみたラクロス部男子。その悔しさを胸に、チームを根本から見つめ直していた。取材中、選手たちが1番口にしていたのは「継続性」である。未来を見据え、土台を作る。そんな彼らの思いは全部員に届き、今後のラクロス部発展に繋がるだろう。(聞き手松原美月)

 



プロフィール

 

毛呂公亮(社会学部3/171㌢70/高槻高校)

高校ではラグビー部に所属。ポジションはMF。関西屈指のショット力で昨年は大量得点を演出。DFの長いクロスをものともしない強靭なフィジカルと一気に抜き去るスピードを活かし、相手を圧倒する。



藤野羅輝斗(法学部3/17567/同志社高校)

高校ではバスケットボール部に所属。ポジションはMFDF顔負けの戦術理解度とOFでの視野の広さは味方を活かす。ラクロスのIQの高さは彼の右に出る者はいないだろう。



 

駒井久晃(商学部3/17571/同志社高校)

高校では硬式テニス部に所属。ポジションはLDF/DF。コミュニケーションが大切なDFにおいて、声を張り上げ、気持ちが全面に出たプレーが魅力的。巧みなクロスワークと的確なポーク、チェックで相手を圧倒する。

【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について