同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : フェンシング部
リーダーズ対談「フェンシング部」

フェンシング部リーダーズ対談2016年を語る

立岡人×堀

「全国の壁を壊す」


左から副将・堀茜音(文4)、主将・立岡篤人(商4)



新体制になって変わった点--。


「練習が始まったのが最近やんな。」


立岡「そうやな、、だからフィジカル面とかチームの雰囲気とか大切にしていきたいなとは思ってる。」


今までのチームの雰囲気は--。


立岡「良くも悪くもなく、、、(笑)」


「練習も平日は授業があるので全員集まるわけではなく、来れる人からって感じ。土日はみんなで集まれますね。」


仲は良いんですか--。


立岡「仲良くは、、」


「仲悪くはないかなぁ(笑)やっぱり個人戦やし、団体戦やったとしてもそのメンバーに入れるか、入れないかがかかってるんで良きライバルですね。」


立岡「部活内ではすごくいい関係!仲悪くないっていうのは特別プライベートとかで仲良くないっていう意味です。」


「そうそう!!」


喧嘩はするんですか--。


「喧嘩、、喧嘩はするのはするけど。」


立岡「部活内でこうしたら良いんじゃないかとかっていう意味で言い合ったりしますね。」


二人で今後のことについて話されたんですか--。


立岡「よくlineはします。」


「私が思いついたことすぐlineしますね。すぐしないと忘れちゃうんで(笑)」


立岡「実際まだ本格的に始まってないから、こういうことやってみようって試行錯誤しています。やってみないと分からないからこれからですね。」



相手の弱みを狙う立岡(右)



今後どういうチームにしたいか--。


「私はチームの雰囲気を良くしていきたい。っていうのは、個人が目標もつこともやし団体で同じ目標をに向かっていくことがチームの雰囲気よくなることやと思ってる。チームの雰囲気が良くなったら練習の質も上がるから、先ずはみんなが目標をもってチーム雰囲気を上げていきたいと思っています。」


立岡「チームの雰囲気っていうか、部員のモチベーションをどうあげてあげるかやと思う。良い雰囲気ってゆってもただの仲良しじゃなくて、目標に向かってみんなが努力することやし。そういうモチベーションをもって取り組んでいる子もいれば、正直そうじゃない子もいるのも現状やからそういう子を練習で引き上げたいなと思ってる。」


では、そのために自分たちができることとは--。


「自分の目標でもあるんですけど、全国でとるってゆう目標を持ち続けてそのために結果を残していくことですね。やっぱり口だけ言っても、周りの目を気にしすぎても自分の練習に身が入らないし、結果を残せないってことになると思うんですよ。だから私は自分が結果を残すことでチームを引っ張っていけたらいいなって思います。」


立岡「さすがかっこいいこと言うなぁ(笑)」


「1、2回生の頃から結果を残したいってことは変わらんけど、最上級生になって残さなあかんって思ってますね。まぁそれを楽しんでできたらいいなぁ。」


先輩からのアドバイスはあったんですか--。


「自分たちらしいチームを作ってほしいと言われましたね。」


立岡「練習の内容とかは、自分たちで決めて良いけど、根本的な部分は変えるなと。挨拶であるとか、そういう基本的な姿勢は変えずにやっていった方がいいよと言われました。体育会としての礼儀ですね。」


マイナースポーツ、フェンシングの魅力とは--。


立岡「僕は中学の時に席近い子に誘われて、、見学に行ったら先生に始めるんやったら教えるけど、見学だけやったら教えへんって言われて(笑)じゃあやりますっていう流れで始めた。だからフェンシングにピンと来たわけではなく、本当にはじめたきっかけはなんとなく・・。いつの間にかやってた。続けられたのは結果が出たからで、中高一貫校で流れでやりましたね。苦しいのは苦しかった。でも結果が出るから続けられた。やっぱり、スポーツなんでもそうやけど、勝つと楽しいから。魅力、、ではないけど(笑)」


「私、最近魅力感じてるで!1対1のスポーツやし、正解がなくて。何やっても正しいし、逆に言えば正しくないし。正解がないこの世界の中で、目の前の相手と技術を競い合うわけじゃなくて、精神面的な部分が大きい。同じ相手やのに勝ったり、負けたりっていうところに奥深さがあるんじゃないかなって思う。色んな面から見れるし、技術面、精神面、心技体が全部揃ってると思うし。大学入ってから、気づきましたね。中高は技術があれば勝てるかもしれないけど、大学はそうとはいかないですね。大学では精神面もしっかり構えられてる人じゃないと。技術面が弱くても精神面が強ければ勝てる確率はあがると思う。」



攻めの姿勢をとる堀(右)



個人戦の時と団体戦の時の気持ちの持ち方とはーー。


立岡「全然違いますね。」


「うんうん。」


立岡「個人戦の時は勝っても負けても自分次第。でも団体戦の時は、最後周りっていう試合を締めるポジションにいるから、点差ついててもその分自分の番でとられたらチームの負けやし。チームでの勝ち負けが関わってくるから、そういう意味での責任感はありますね。」


最後に、今年度の最終目標は--。


立岡「やっぱり全国で勝つことですね。昨年は女子もフルーレで関西優勝とか男子も何年ぶりかに関西制覇をしたけどインカレとか全国にいくと勝ててないし、関西の1位でも関東の5位、6位に勝てない。正直、今それくらいの差があるので。その壁を壊したいな。関西優勝はもちろんその先の全国で勝ちたい。」


「関西で勝っても全国で勝てないっていうのは実力差もあるけど、負けるかもっていう気持ちでやるから。土俵に立った時から負けてる感じやと思う。だからしっかり準備して、練習したから勝てるってわけじゃないけど、練習しなかったら勝てないし。同志社はしっかり準備して自信をつけて挑みたいですね。」






今回、フェンシング部の主将・副将の方に新年度に向けた部への気持ちを語ってもらった。去年、関西で素晴らしい成績を残したフェンシング部。そんな功績に対してプレッシャーは少なからずあるだろう。しかし、彼らの口からプレッシャーという言葉は一切出てこなかった。語られたのは「楽しみたい」「全国で勝ちたい」という積極的な言葉。そんな常に前を向くリーダーが率いるフェンシング部が、今後どのように飛躍するのか目が離せない。(聞き手 近藤麻由)




〇プロフィール

立岡篤人(商学部/179㎝60㌔/龍谷大学付属平安高校)

大田雄貴(商卒)の母校でもある名門・龍谷大平安高校出身で高校の頃から何度も表彰台に上ってきた。独特のタイミングを駆使したフェンシングで特技はシダ・マルシェ(手を伸ばし相手の攻撃をカバーすること)。下級生の頃から関西リーグ、王座のエペ団体の一員として戦い、経験豊富で才能溢れる選手。今年は主将としてフェンシング部を率いる。




堀茜音(文学部/160㎝/同志社女子高校)

2年生で個人・フルーレ優勝を果たすなど、下級生の頃から女子チームを牽引する選手。「誰にも負けたくない」という負けん気の強さと持ち前の粘り強いプレーでチームの志気を挙げる。

【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について