同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 空手道部
リーダーズ対談「空手道部」
空手道部リーダーズ対談 2016年を語る
東海保×中田
「結果の伴った一流の集団に」

左から女子主将・東海志保(スポ3)、主将・中田魁星(商3)


新体制になって変わったことは—

中田「4回生が抜けてどうしても人数が減ってしまっている。だからといって元気がなくなってしまったら同志社空手道部としての今までの雰囲気の良さが崩れてしまう。元気の良さを保ちつつ、今まで以上に意識を高く持って一人一人が自分の役割を考えて練習していきたい。」

東海「今まで1回生は一番下ということで遠慮しがちなところがあった。4回生が抜けて今年から2回生として活躍していかなければという自覚を持ってくれているので、今までと比べて練習も真剣にやっているので、雰囲気はよくなってきている。」

今の練習内容は—

中田「シーズンが始まったばかりで、技術的なことではなく、基礎体力を養うために走り込みや下半身の強化を中心に行っている。誰しもが自分の弱さと向き合って追い込むことはいやだと思うが、そこで負けてしまったら空手の練習に入った時も自分のいやなところができたら逃げてしまう。だから、そういうところからちゃんと克服して空手につなげていけるようにと意識している。」

主将に選ばれた経緯—

東海「女子は2人しかいなくて、例年、組手の選手が主将になっていて取捨選択したら自分しかいなかったので(笑)」

中田「以下同文です(笑)」

東海「いや(笑)、中田は3年間ずっと常に試合で貢献していて、みんなが抜くような場面でもしっかり追い込んだりしていた。みんなをまとめるのはもちろんだけど、自分が一番必死にやっている姿を皆見ていたと思う。そういう姿見ていたら後輩もついてくると思うので、選ばれたと思います。」

中田「ありがとうございます。」


昨年の団体戦では中堅を任されることが多かった中田。チームに勢いを与える戦いを見せた。


理想の主将像とは—

中田「練習中もそれ以外でもいいところ、悪いところが絶対出てくると思う。その都度、主将が口うるさく言っているのではなくって、要所要所で言葉を発するだけで、それ以外のことは周りの部員で気づいてサポートし合ってチームで成長できる、その上に僕がいるのが理想かな。僕が必死に何かやるのではなく、そのための意識付けをするのが役目かなと思います。」

東海「練習とかも特に男女分かれてやっているわけではないので、男子とは能力の差はあると思うが、その差をしっかり埋められるようなアドバイスを出して、中田が出している指示にしっかりついていけるようにしたい。女子としても、まとまっていけるように自分が一番走って、みんながついてきてくれるような女子主将になれたらいいなと思います。」

目標は—ー

中田「主将という立場を任せられて、役目ばっかりに走っちゃって選手としての結果が伴わないタイプと、自分の中で覚醒というかもう一歩成長して、チームを成長させつつ自分も選手として結果が残せるタイプとがあると思う。僕は、選手としても主将としても一番になりたい。(具体的な目標は)全関個人では、-60㎏で出るので優勝します。男子団体組手は全関西ベスト4に50年ぶりくらいにやっと入れた。けど、全然満足していなくて、せっかく勝ったのに決勝ではストレートで負けてしまった。やっぱり、50何年振りとかではなくて、僕の一年を最高にしたいので決勝につれていくのが役目かな。」

東海「個人的には、全関で2年連続の準優勝でまだ一番になったことがない。まずは、全関で優勝。団体としては、去年、一昨年とベスト4に行けたが、全関団体で決勝に進めなかった。なので、まずは全関団体を優勝して、全国大会でもベスト4に入れるようにしていきたい。」


絶対的エース・東海。女子主将としてもチームをまとめる。


チームのスローガンは—

中田「一応テーマとして決めているのは、‘結果が伴った一流の集団’。選手としてだけではなく、一個人としても自覚を持って。集団ということは、一人一人が自分だけということではなくて、部員全員がそういう意識を持とうということです。」


今回は主将と女子主将の2人に話を伺った。選手としての能力を磨くことはもちろん、人間としてもさらに大きく成長をするため、日々厳しい練習を行っている空手道部。どの部員も礼儀正しく、空手に対する強い信念を持っている。その姿勢は試合に表れており、全国大会での活躍や男子団体組手の躍進など結果につながっている。2月から始まった新体制。新たな幹部のもと、さらなる進化を遂げ、「最高の1年」にするため、今日も稽古に励む。(聞き手 髙宮未咲)



○プロフィール
中田魁星(商学部3年生/165㌢63㌔/浪速高等学校)
誰よりも熱い思いで稽古に臨む新主将。昨年は、男子団体組手で主力として試合に出場。中堅を任されることが多く、彼の勝利がチームに勢いをもたらした。勝負強く、最後まで攻めの姿勢を崩さない。主将としてチームをまとめることはもちろん、選手としても結果を残し、チームを活気づける。


東海志保(スポーツ健康科学部3年生/160㌢/嵯峨野高等学校)
高校時代には国体1位、インハイ3位、世界大会3位。大学入学後も国体3位、世界大会3位という輝かしい実績を持っており、世界も舞台に戦っている。個人戦では、今年こそ全関優勝と意気込む。最高学年として彼女が引っ張る女子団体組手では、場数の多さを武器にチームを勝利に導きたい。

【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について