同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : スピードスケート部
リーダーズ対談「スピードスケート部」
スピードスケート部リーダーズ対談 2016年を語る
岡本乃×高橋也×土佐
「1人1人との関わり

左から次期主将・岡本彩乃(同女2)、現主将・高橋智也(理工2)、次期副将・土佐風歩(スポ2)


まだ幹部は代わっていませんがいつから交代する予定ですか。


高橋「3月にある関西インカレが終わってからの予定です。」


次の主将は誰ですか。


高橋「彩乃ちゃんです。」


高橋君が主将を続けない理由とは。


高橋「1年やってみて2年目はないかなと個人的に思った。やってみて思ったのは自分のことばかり考えてられないということ。練習の面でもうちょっと自分のことも考えてやりたい。キャプテンが代わった方が部活の雰囲気も変わるかなと思ったので。」



次期主将を務めることが決まっている岡本



岡本さんが主将をするというのは自分で決めたのですか。


岡本「高橋君、下野さんから呼び出されて『次は彩乃ちゃんだよ』と言われて(笑)指名されたからには頑張ろうと思いました。」


主将をするというプレッシャーは。


岡本「100%キャプテンはないと思っていたから『え、私?』ってなった。色んな人に相談して『プレッシャーほど成長させてくれるものはないよ』という言葉をもらったので頑張りたい。」


土佐さんは副キャプテンとしてどういう風に岡本さんを支えていきたいですか。


土佐「今まで副将というのがこの部にはいなかったのでいまいちパッとしていない。具体的にどうしていけばいいのか自分としてはあんまり分かっていない部分がある。去年から私か彩乃ちゃんが主将になるのは分かっていたので。自分では覚悟をしていたので主将でも副将でも同じぐらいの引っ張っていく意識でやらなければならないなと思っています。」


岡本「よろしくおねがいします!(笑)」


今の練習の雰囲気は。


高橋「1年も練習に慣れてきて段々速くなってきた。チームとしてよりは自分で考えてやってる雰囲気はあると思います。」


練習時間が短い中、有効に使うためにどういうことを意識していますか。


高橋「京都府連盟の方が練習内容を考えてくださっているのでメニューとメニューの間の行動を早くしようとは集合するときにいつも言っています。」



例年にはなかった副将に就く土佐



2年生から見て1年生は。


岡本「個性が強い。」


土佐「意識の差が出ているなと思う。速くなりたいという子との違いが出ていてそれが不安。何か働きかけないといけないかなと思う。」


意識の差は練習の態度で出るものなのですか。


岡本「練習が嫌みたいな態度を出すとかではないけど積極性がないかな。」


高橋「悔しそうって感じがないかな。遅くてしょうがないって思ってる感じ。」


次に経験者の女の子が入ってきますが何人ぐらい入れたいとか理想はありますか。


岡本「男子3人、女子3人、マネジャー3人を入れようって言ってる。」


土佐「私としては道具の問題があって。色々とお金がかかるので。永田さん(政策4)が抜けるのに対して多く入りすぎると大変になるのかなと思います。」


道具と言ったら――


土佐「靴ですね。今は全然足りていない状況。」


岡本「先輩たちは部のを使っていたけど私たちの学年からは自分の靴を買いました。1年生にも買ってもらわないと回らないかな。」


値段はどれぐらいかかりますか。


高橋「靴13万円でブレード7万円の20万円。3割ほどは学校から補助金が出た。買ってからしか補助の申請はできないので下りなかったらドンマイって感じです。」



2年生で主将に抜てきされた高橋



スピードスケート部を選んだ理由は。


高橋「ポスターを見て。もともとスケートは面白そうと思っていたので。オリンピックのあった年ですし。真剣にやるつもりじゃないかったから、もしスケート部入っちゃったら面白いよなっていうノリです(笑)」


入部の決め手となったのは。


高橋「新歓にほぼ行かなかったので入らないと大学生活がやばいなと思いました(笑)」


岡本「マネージャーの下野(政策3)と友達だったので新歓だけおいでよと言われて軽いノリで行ってそのときの主将さんとかに良いかんじに言われて入ると言ってしまいました(笑)」


土佐大学に入って体育会でスポーツをしたいとはもともと思っていて。本当は陸上部に入るつもりだったので見学とかにも行っていたけど中高と人数の少ない部活でいたので人数が多いのが苦手で。同志社の陸上部は人数が多かったのでスピードスケート部の人数の少ないところにも惹かれた。タイムとか順位を競う競技が好きでそこが陸上と似ているなと思って。」



B級を取得し今年国体に初挑戦した土佐



少人数の良いところとは。


土佐「1人1人との関わりが濃い。1人1人をよく見られる。」


岡本「動きやすい、集まりやすい。」


高橋「人数多い部活を好まないので自分的には良いとは思うけど良いところ言われると…(笑)」


少人数で困るところは。


高橋「皆いないと練習にならない。練習しようと思っても誰かが休むと効率も悪くなる。皆がいて最低ライン。」


岡本「これ以上減ると活気もなくなる。」


土佐「多すぎてもあれだけど少なすぎても皆でまとまって練習しづらい。」


高橋「リンクのお金を全体で割ってるので人数が減ると1人あたりの負担が多くなってしまう。」



土佐と同じくB級を取得し今年が初の国体参加となった高橋



ショートトラックの魅力とは。


土佐「自分はそんなレベルじゃないけどスピードがやっぱり魅力。」


岡本「競技人口も少ないから頑張ったら頑張った分だけ良いところまでいける。上を目指しやすい。」


高橋「自分がやってるとなおさら速い人の動きってどうなってるのかなと思う。テレビで観るよりも生で観たほうが人間がこんな速さで動けるんだと驚く。」


シーズンを通して数が少ない大会から得られることは。


土佐「緊張して自分のフォームとかを意識できない。だけど自分の前に速い人が滑っていると刺激される。」


岡本「世界で戦うような速い人を見ると頑張ろうってなる。」


高橋「速い人を見ると練習だけでは分からない差が分かるので練習をもっと頑張ろうと思える。」



B級取得に向け奮闘する岡本



スピードスケートのどういうところに興味を持ってほしいか。


岡本「大学から初めて上までいけるスポーツはあまりないと思う。何か新しく始めようって人にとって平等にチャンスが与えられているのが良いところだと思う。」


高橋「靴で言うとブレードのメンテナンスだけでも追及したらきりがないくらいの細かい競技。色んな人にそれを聞いても人それぞれなのが面白いところ。」


次回の大会への意気込みを教えてください。


高橋「今までのベスト以上の速い記録を出したい。1年の成果を数字として残したい。」


岡本「B級がとれるかは微妙だけど、ベストを出したい。緊張しすぎず滑りたい。」


土佐「自分としてはA級は遠いのであまり意識はしていない。タイムはベストを出したい。」



現在選手の全員が大学からこの競技を始めている同志社スピードスケート部。他大学の選手との合同練習などから日々技術の向上を図っている。個人競技ではあるが全体の意識をどこまで上に持っていかせるかという若き幹部たちに課せられた課題。1人1人との関わりを深め、全員が上を向き目標とするタイムを突破できるように――。彼らの試行錯誤はこれからも続く。(金川夏帆)




○プロフィール

岡本彩乃(同志社女子2年/167㌢/親和女子高校)

中高では陸上競技部に所属。この1年では「明朗快活」を意識したスケートを魅せたいと考える。



高橋智也(理工学部2年/168㌢58㌔/大垣北高校)

中高ではソフトテニス部に所属。この1年では「がむしゃら」を意識したスケートを魅せたいと考える。



土佐風歩(スポーツ健康科学部2年/167㌢/可児高校)

中高では陸上競技部に所属。この1年では「瞬」を意識したスケートを魅せたいと考える。



【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について