同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 体操競技部
リーダーズ対談「体操競技部」

体操競技部 リーダーズ対談 2016年を語る

松岡希×金山×近藤

「集大成を見せたい」

左から副将・松岡勇希(スポ2)、主将・金山恭(経済3)、主務・近藤直志(商3)


なぜ体操競技をはじめたのですか――


金山:体操がおもしろそうだったから。


近藤:中学で始めて。そのときは成り行きで。やりたいことを色々探していて、友達のお兄ちゃんがやってたという縁があって。そこから始めましたね。そこから今まで継続してやってきました。


松岡:体操競技部の顧問が高1のときの担任の先生で、引きずり込まれて。


近藤:要するに、体操に魅力を感じたというわけですね(笑)


その体操競技の魅力は――


近藤:人にはあまりできないようなアクロバットや、競技人口も多くはないので特別感があるのが僕はいいかなと思います。


金山:たぶん、それも魅力なんだと思うけど、僕は、なんだろう達成感がそれぞれにあるとことがいいと思う。対人スポーツでは、負けたら悔しいってなるけど、体操は、成功したらみんな嬉しいってなる。点数はつくけれど。そこがいい。


松岡:出来ないことが出来るようになっていく喜びがよいと思う。


それぞれの役割についた経緯は――


金山:なりゆきは、なあなあで。


近藤:みんなで話し合って、他の体育会もそうだと思うんですけど、みんなで決めていった感じですかね。


松岡:立候補して、もう一人候補がいた中で、先輩の指名で…


それぞれの役割としての自分の役割・立場は――


金山:のらりくらりと自分はやりたいことをやって、周りがついてきてくれることを祈ってやっています。


近藤:僕は裏方というか、決算書であったり出欠とったり、運営の部分でやっていくのにやりがいを感じていて。ちょっとした優越感に浸っています(笑)


松岡:副将としての仕事はほとんどないのですが、今の主将をみて、主将はどうあるべきか、来年どうしたらよいかなど考えています。


自分たちの代になっての変化は――


金山:欠席率が下がった!


近藤:1回生の出席率が高くて。それは、僕たちの姿を見てってのもあると思う。休めない雰囲気というか、先輩たちの姿をみて、僕たちもがんばろうってなるっていうのはあると思うから…


金山:出来るだけ休んじゃいけないという空気がある


近藤:出来てきたよね。自然に。休まれると士気も下がる。


金山:ちょっとまとまって練習しだしよね。これまでは放任的な感じだったからね。


お互いの印象は――


近藤:主将は3年になって、4人いる3年の中で、1人器械体操で、器械のほうが人数も多いのに1人でしっかりまとめてくれていて凄いと思う。たまにふざけているけど(笑)。副将は、これから伸びしろがあるかなって感じです。


金山:(近藤は)何も言わなくてもやってくれるという感じ。特に心配することもないし、辛かったら助けてもらう感じなので、信頼が厚いですかね。副将は、やっぱりこれからのびしろがある感じで。あと、もうちょっと愛想よくして欲しいですね(笑)。


松岡:主将は3年生の中で器械1人で、大学はじめだから、分からないこともあるとおもうけどすごい努力をされている。主務は、欠席しない。そういうところからも部の雰囲気を作ってくれている。仕事もしっかり言われる前にやってくれて。主将も主務も、この人がいなけりゃやっていけない2人です。



クラブで華麗な演技を見せる近藤



今年のキーパーソンは――


近藤:器械男子は、主将がどう集大成をみせるのかじゃないですか。


金山:3年生4人はみんな積年の思いがあるからね。


近藤:じゃあもう注目選手は3年生全員で!


金山:みんな積年の思いがあってね、競技生活最後の年になるからね。集大成みせたいよね。


同志社体操競技部の好きなところ自慢出来るところは――


近藤:体育会だけど、体育会という縛りの中で、自分たちで率先して楽しくやるスタイルでやっている。大学はじめが多くて、指導者もいない中で、結果があまり出ないかもしれないが、それでもみんなが引退するときは笑顔で引退していくところがいいかなと僕は思いますがどうでしょう?


金山:すばらしい!やっぱりサークルとはまた違うよね。たての繋がりの濃さも。


松岡:他の大学とかと違って新体操も一緒にやってて。競技が違っても仲良くしている。ゆかなら新体操の選手はうまいので教えてもらったりもしているところですかね。


近藤:こんなに一緒にやっているのは全国でやっぱり同志社だけだよね。


ご自身の演技での注目ポイントは――


金山:跳馬。その一瞬ですべてが決まるのがいい、好き。


松岡:鉄棒ですね。高校で一番上達しなかったのが、大学でちゃんと向き合うようになって伸びたから。大学に入って一番好きになりました。


近藤:注目ポイントというか、新1年生でもしかしたら入部してくれそうな人がいて、団体が出来るかもしれないから、団体もやりたいなーと思ってます。


2016年の目標は――


近藤:主将も言ったように、対人スポーツではないから、自分のやるべきことをしっかり演技できたらみんな満足できると思うのでそれが目標かな。


金山:みんながハッピー!


近藤:ノーミス!僕自身として、全日本出場したい。


松岡:4年生に上手な人がいて、抜けてしまうので、落ちぶれたなと思われないように、その分皆でうめあわせてやっていきたいですね。


近藤:こういえば、楽しかったらよい風に聞こえてしまうかもしれないけど、もちろん、全日本出場もしたい!



全国の中でも器械体操と新体操が一緒になって練習しているのは珍しい。そういった中で、ともに高めあいながら頑張っているのが同志社体操競技部。新体操では、川西(スポ3)が全日本体操選手権に出場した一方で器械体操のほうでは目立った結果がでなかった昨季。主将・金山のように大学はじめの選手が多いのも同志社の特長。決して結果だけでなく、各選手が自分の演技をどこまで磨き、満足のいくものに出来るか注目したい。出来ないを出来るにする彼らの挑戦は日々続いていく。(聞き手 山口佳菜子)


○プロフィール

<金山恭/経済学部3年/162㌢54㌔/城北高校>

4人いる3年生の中で唯一の器械体操選手。大学から競技を始め、競技歴は3年ながら、体操競技部を主将として引っ張る。マイブームは「ぐでたまグッズを買って後輩にあげること」。好きな芸能人は、女優・有村架純。




<近藤大志/商学部3年/178㌢60㌔/紫野高校>

中学生の時に競技をはじめてもう9年になる新体操選手。主務としてチームを運営面からも支える。マイブームは「読書」。好きな芸能人は、芸人・今田耕司。




<松岡勇希/スポーツ健康科学部2年/173㌢60㌔/岸和田高校>

今回の対談メンバーで唯一の2年生。高校時代に体操を始め、体操歴は4年。先輩の背中から、部を引っ張る姿を学ぶ。マイブームは「うめぼし」。好きな芸能人は芸人・明石家さんま。



【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について