同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 射撃部
リーダーズ対談「射撃部」

射撃部 リーダーズ対談 2016年を語る

家高子×海老名興×川本

“常昇”





――新体制になっていかがですか


海老名一昨年のチームがとてもスター選手が多かったチームで、その先輩方が抜けてしまってどう部活を支えていくかっていうので去年の先輩たちは苦労されていた。去年からどう変わったかといったら、一昨年のチームが全日本で女子が団体優勝して、優勝した次の年ってことでプレッシャーがあった中で去年1年間やってきて女子が準優勝取ることが出来て、そして今年新しい代になってずっと準優勝、優勝、準優勝って続いてるので、今年もなんとか全日本で記録を残せればと思っているので、記録を残せる一年にしたい。もちろん部内でもお互い強くなるために、上下関係がなく意見交換ができるような体制にしていきたいです。


川本やっぱり先輩にも何でも言える環境を作っていくことが、チームとしての団結力がより強くなると思っているので。


海老名僕たちの回生はセレクションが一人もいないんです。今までの代には一人はセレクションがいたんですが、僕たちの代にはいなくて。専門の知識を持った子がいないし、下級生の方が技術であったり射撃の年数では長いので、そういったところで自分たちで補えないところをカバーしてもらうために意見を求めたりすることはあります。


家高セレクションが一人もいないっていうのもあるんですけど、やっぱり下宿している人も一人もいないですし、全員今出川で授業を受けているってこともあるし、男女比も今までの先輩方の学年と比べたら偏りのある学年かなと思うので、私たちが独り歩きしているだけじゃ後輩もついて来られないと思うので。ミーティングだったり話し合いの機会は増やそうっていうのは新体制になって決めたことですね。


海老名春の練習が始まるんですけど、去年の週5の練習からあえて1日減らして、その代わり練習後に5.6人のグループごとに分けて、それぞれ話し合ってから解散することに変えました。話し合う機会を増やして、お互いが何を思って練習しているのかが分からないと団結力も生まれないと思うので。そういうところを強化するためにミーティングを設けたりしています。


――やっぱり結構去年から変わっているんですか


海老名そうですね。練習量でカバーするっていうのが去年の印象で。もちろん練習量は大事だけど自分たちはそれ以上のことをしないと優勝はできないので、何ができるか考えた時にもっと話す時間を増やすべきじゃないかとなりましたね。個人練習だったり練習できる時間はいっぱいあるのでそれは各自で補ってもらった上で、全体練習でできることは何かって考えた時に話したり交流したりすることじゃないかっていうのが、新体制になって一番大きく変わったところですね。


――新しいチームの特色


海老名一応部内スローガンがありまして、今年は常に昇るって書いて“常昇”っていうスローガンになりました。


川本一歩一歩でも上に昇っていけるように。上を目指して頑張っていこうって意味でつけました。


海老名やっぱり成績振るわない時とか、調子が悪い時とかあると思うんですけど、そういう時でも一歩前に進むための何かを得るということで、失敗しても前を向いていこうということです。


――常に上を向いていこうというスタンスですか


海老名そうですね。本当に目指すのは全日本での男女総合優勝なので、やっぱりそれがいまだ成し遂げられてないので。いま女子が優勝、準優勝と波に乗ってるので、なんとか男子も成績残せればということで“常昇”です。


――それぞれ主将副将としてのチームでの役割はありますか


海老名主将としてチームを引っ張っていかないといけないというのはあるので、個人的に心がけているのは常にチーム全体を見渡して、部員一人一人に目を配って、率いていくと同時に常に周りを見るよう心がけています。あと強いて言うなら、主将として引っ張るなら成績を残さないと部員はついてこないので、常に自分より上手い選手を見て盗める技術はどんどん盗んでいってということはしています。後輩であっても一ライバルとして、練習に臨んでいます。


家高役職は一学年上の先輩方が決められるんですけど、先輩から言われたのは海老名が一つのことにすごくやる気を見せるタイプなので、それが空回りしないように全体を見回して良い方向に導いてくれと言われました。本当に猪突猛進な人なので、それを私が良い方向に導けるようになりたいですね。また女子チームの最高学年唯一の選手なので、今できることを精いっぱい努力しようと思っています。やっぱり全日本優勝は甘くないし目指すには犠牲がつきものなので、私が誰よりも犠牲を払える存在でありたいなと。それとSB(スモールボアライフル)のレギュラーが3人でぎりぎりの状態なので、私がSBを引っ張っていけたらなと思います。


川本自分は学内では副将ですけど、学連もやっていて他大学の子と関わることが多いので、客観的な目線で見て後輩たちが困っていることがあれば助けられればいいかなと思います。


――どんな一年にしていきたいですか


川本とりあえず悔いのない一年に。後悔しないように…


家高私は一昨年も去年も、先輩方のおかげで女子は全日本で優勝、準優勝してきたので、後輩にそれを少しでも恩返しできたら悔いはないです。


海老名やっぱり悔いを残さないようにっていうのが一番で、何事にも全力を出していきたいですね。



同志社体育会の中でも屈指の強さを誇っている射撃部。今回はチームを率いる主将、副将に新チームについてや今年にかける思いを取材した。昨年とは異なるチーム状況の中でもベストを尽くし、悲願の全日本男女総合優勝を目指す思いがひしひしと伝わってきた。創部初へ向けて始動しはじめた射撃部から目が離せない。(聞き手 野﨑智花)



○プロフィール

海老名春興(GR3/178㌢70㌔/同志社香里)

熱き思いでチームを率いる主将。創部初の全日本男女総合優勝に向け、チームの先頭で走り続ける。



家高郁子(法3/164㌢/同志社女子)

主将・海老名を支えるチームのサポート役。また最高学年唯一の女子選手として、女子チームをまとめ上げる。



川本隼也(法3/162㌢60㌔/金光八尾)

「自分が頑張らないと」と意気込みは十分。副将として、またチーム全体の潤滑油として、射撃部を支える。


【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について