同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーダーズ対談 : 柔道部
リーダーズ対談「柔道部」

柔道部リーダーズ対談 2016年を語る

岩崎太×梶谷×山田

「自由だからこそ厳しい姿勢で」


左から副将・岩崎皓太(法3)、主将・梶谷昌吾(商3)、副将・山田友基(商2)



幹部に選ばれた経緯はーー


梶谷「自分たちは2年生の時に副キャプテンが一人選ばれる。なにもなければ、その人が次のキャプテンになる。」


山田「自分が今、その状況です。」


岩崎「幹部は全員、監督さんやOBさん、コーチから言われます。」


山田「なんで自分が選ばれたかわからないっす(笑)」


梶谷「なんといっても山田は強さ、実力が2回生では一番。練習も熱心なんで」


山田「いやいやいやいや(笑)」


幹部選びで選手間での話し合いはーー


岩崎「基本的にないです」


梶谷「監督コーチ、前のキャプテンたちが話し合う」


山田「でも、雰囲気的にわかりますよね(笑)」


岩崎「(梶谷が)同期の中ではとびぬけていた」


梶谷「いやいや(笑)ライバルはいますよ」


幹部に選ばれた時の思いはーー


梶谷「正直、自分はそんな器じゃないと思いました。でも、やっぱり選ばれたからには本当にがんばろうと思いした。今まで自分のことしか考えてなかったんですけど、チームのことを考えないといけないと感じました。」


変わりましたかーー


梶谷「この一年で、柔道に対する姿勢は変わりました。口下手なので、背中で引っ張って。引っ張って、えーー、、」


岩崎「口下手(笑)(笑)」


梶谷「副キャプテンが支えてくれます。練習も一番真面目で」


山田「そうっすね(笑)」


副キャプテンとしてはーー


岩崎「自分も口で言うタイプではないので、キャプテンの後ろから見ながら、全体的に雰囲気を見渡せられればいいかなと。練習をしっかりして、信頼を置いてもらえるようにしたいですね」


山田「やっぱり、自分でいいのかと(笑)。同じ学年に真面目な人が他にいるので。なので、心配になる。でも選ばれたからには、練習のときでも休んでいられないし、自分が一生懸命やってそれを周りが見てくれたら、と。自分も口下手なので背中で引っ張りたい。」


梶谷「二人とも練習に対する姿勢は素晴らしいんで」


山田「それでもやっぱりキャプテンが練習中でも、周りに声をかけてくれるんで、それを見習っていかないといけない。まだまだ具体的にはわからないですね」



チームで誰よりも頼りになるキャプテンの梶谷



新体制になって、以前との違いはーー


梶谷「まず、練習量を増やしました」


岩崎「雰囲気も厳しくしたよな」


梶谷「同志社の柔道部は、関東の大学と比べても、前半は強いんです。後半でスタミナ、体力不足のせいで負けてしまうことがあったので、そこを補うことが目的です。技術ももちろんですけど、チーム全体の課題はスタミナ不足ですね」


岩崎「自由な集団なんで、もううちょっと一体感がだせればいいんですけど」


梶谷「そうそう(笑)やるときはやるけど、雰囲気がまとまらないときが、、、」


山田「練習の雰囲気がもうちょっとまとまってほしいですね。切り替えるまでが長い(笑)」


梶谷「まあ、自由なんで、個性が強いというか(笑)」


岩崎「いいことでもあるけど、とにかく個性が強い(笑)細かいことを言わないのはいいところでもあるけど、まとまるところは、まとまらないと」


梶谷「最近、言わないと伝わらないですね。何人か、自由すぎるやつらには、厳しく言うように心がけている」


山田「そうですね。自分たちも言いづらいけど、キャプテンが言ってくれるんで」


梶谷「良いこと言ってくれるね(笑)」


岩崎「細かいことを言う面では(キャプテンに)頼り切っている」


梶谷「そこはやっぱり、キャプテンの仕事なんで。それをわかってくれるやつもいるし。でも、わかってくれるとやっぱ嬉しいですね(笑)」


山田「同期は普段、仲がいいので、まあいいかなと思うこともあるけど、来年のこと考えると、、、」


梶谷「自分も2年生のときはそうでしたね。3回生なってから、言えるようになりましたね」


岩崎「でも、いい風にはなってきてるんです」


梶谷「そうそう、いい雰囲気になってきてる。最初に比べたら。去年と比べたら、、(笑)」


岩崎「去年(笑)」


山田「やっぱり去年とは練習量が違いますね」


梶谷「今年は、2部練でも、ランニングを取り入れて。トレーニング長の榊に従って」


岩崎「きついけど、もっとやらなければっていう気持ちもある」


梶谷「そうそう、気持ちはある」


大学と高校の違いはーー


山田「大学は細かいことをやらない。アップして、すぐ実戦ですね。そこが大きく違う」


岩崎「だから、自分で考えることが多くなった。」


山田「教えてくれる人がいつもいるわけじゃない」


岩崎「教えてくれる人も細かいこと言わないもんな。技も個性があるから」


山田「それが同志社のいいところでもあるんですけどね」


梶谷「自分でやれば、強くなれる環境ではあるんで。自制が大事なんで、その面でも幹部の役割が重要になってきますね」


岩崎「自由に甘えちゃう子たちがいるんで」


梶谷「何人かね(笑)(笑)練習の入りが、なあなあになるときもある。練習に入ってしまえば、集中できる子たちばっかりなんですけどね」


注目選手はーー


梶谷「注目選手ですか、、」


岩崎「注目選手あげたいって言ってた」


山田「他の記事読んで予習して、「おれも聞かれるんか」って言ってた(笑)めっちゃ読んでますよ(笑)」


梶谷「えー、注目選手は、みんな期待してます(笑)(笑)」


岩崎山田「(笑)(笑)」


梶谷「個人名は、2回生の深瀬(深瀬悠介・社2)。深瀬はとにかく試合では負けない。けど、勝てるようになってポイントゲッターになてほしいね。あとは、大田(大田真誠・社2)かな。大田は73㌔級と小さいんですけど大きな重量級とも戦える選手なんです。あとは投げてほしい。大田はさばき方を知ってるんで。それと榊(榊康之・神2)。練習でも真面目でトレーニング長としても頑張っている。」


山田「他校の注目選手に勝ったりしてて、ダースホース的な存在ですね。」


梶谷「榊は成長というより、もっとチームを引っ張っていってほしい。他に注目してるのは中川(中川凌・神1)。中川にはこの春で覚醒してほしい。」


岩崎「みんなに言えることやけど、もっと自信もってほしい。自信もったら一皮むけると思うんですけどね」


梶谷「中川は特にメンタルが弱め(笑)この春には、合宿とか遠征があるので、そこで成長してほしい。中川は重量級なんで、中川の覚醒が団体戦で勝つには必要不可欠。」


山田「もうちょいなんです。中川は大きい体だけでも武器になるのに、もっと投げてほしい」


梶谷「はい、二人は?言っていって」


岩崎「自分は軽量級なんですけど、実名は、、。体重別団体で、自分が抜けたあとが育ってないのと感じるので60㌔66㌔の選手にはがんばってほしいなと思います。まあ、後継者ですね(笑)」


山田「先輩なんですけど、エースの高波さんですね」


梶谷「え、おれでしょ?(笑)(笑)」


山田「キャプテンと同じ高校で、仲が良くて(笑)」


梶谷「良い意味でライバルなんで」


岩崎「これからも小杉高校の梶谷と高波が切磋琢磨していくことが、同志社柔道部の発展につながるって書いといてください(笑)」


梶谷「やめて(笑)」


山田「二本柱であることは変わりないんで(笑)(笑)」


梶谷「高波には負けてられない」


岩崎「団体戦で勝利して、梶谷と高波が抱き合って喜ぶ姿が見たい(笑)(笑)」


山田「それはやばい(笑)あとは、1回の田中勇気(法1)」


梶谷「あー、がんばってほしいね」


山田「下の学年で軸になる選手。身体の強さがけっこうあって、粘り強い」


岩崎「もう少し、気持ちが強くなれば、、(笑)」


山田「めっちゃいいもの持ってると思うんで。そこを伸ばせたらな。上の学年が強いんで」


梶谷「来年も有望な選手が入ってくるらしいんで、やっぱり下の学年が育つことが課題ですね」



2年生ながら、チームの要となっている山田



春に向けてーー


梶谷「5月にある京都学生は負けられないですね」


岩崎「関西学生での優勝がチームの目標なんで」


梶谷「やっぱり関西では、天理がいるんで。他は近大と関大も強いですね」


山田「今年は、近大より関大じゃないですかね。関学も強いし」


岩崎「今は、天理以外はどこも強いから。そこまでの道のりが長い」


梶谷「8月末に体重別団体もあるんで、それもベスト8を目指したいですね」


岩崎「それ秋の話(笑)」


山田「ぼくも思ってました(笑)」


梶谷「あー、そうか(笑)まあ、とにかく団体はモチベーションが違いますね」


山田「団体はもし負けても、他が勝てばチームは勝てるし、逆に自分が貢献できるときもある。カバーし合えるところが楽しいし、おもしろいですね」


岩崎「勝ったときも団体のほうが嬉しい」


山田「個人は別々の面でやるけど、団体は一か所でみんな応援してくれるからやる気でる」


梶谷「まずは、京都学生がんばります。そして、関西制覇をしてみせます」



選手間での仲の良さがにじみ出る柔道部。これから春は、団体戦が中心となってくる。京都学生柔道大会では、六連覇がかかっている。さらにその先にはチーム目標である関西制覇をかけた負けられない戦いが待っている。新体制になり、幹部たちはチームの課題をはっきりと理解している。それを克服するための道のりは厳しいものになるだろう。やはり、同志社柔道部の明るい未来は、最高学年になるキャプテン梶谷とエース高波が切磋琢磨していくことが必要不可欠になるのだ。(聞き手 岩片荘一郎)




○プロフィール

梶谷昌吾(商学部3年/178㌢/105㌔)

柔道の名門、富山県小杉高校出身。高校時代は全国ベスト8。一年生の時からレギュラーを務める。2年生の時は全国個人ベスト16、団体ベスト8。チームの主将であり、エースとして活躍している。口下手だが、部員に声をかけ、チームを引っ張っている。



岩崎皓太(法学部3年/165㌢/60㌔)

京都の公立高校西京高校出身。スポーツ推薦ではないので、大学に入ってからの急成長が現在の自信につながっている。



山田友基(商学部2年/178㌢/100㌔)

愛知産業大学三河高校出身。高校時代は全国ベスト16。1年生からレギュラーで、団体戦ではチームのポイントゲッター。謙虚すぎで、練習は人一倍する。多くは語らず背中で引っ張るタイプ。




【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について