同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
4月のWEB企画 : テニス部
ルーキー紹介「テニス部」

第23回

ルーキー紹介「テニス部、井上晴菜(法)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

百戦錬磨の新鋭

 

春風とともに、名実そろった期待のホープが、同志社のコートに足を踏み入れた。

仁愛女子高校出身の井上晴菜だ。

 


「テニスをやっていないと物足りない」と語る彼女が、初めてラケットを握ったのは5歳の時。コーチをしている父親に影響されて、続けてきた。そんなテニスと、より真剣に向き合うようになったのは、名門・仁愛女子高校に進んだことがきっかけだという。親元を離れ、厳しい練習に耐え抜く毎日。しかしつらいことばかりではなく、そこにはかけがえのない出会いがあった。「一緒に生活をした仲間」や、「親同然に自分たちを預かり、育ててくれた先生」。みんなで切磋琢磨しながら走り続けた日々が、今の彼女のテニスをつくり上げている。

 

 

高校1年時のインターハイでは団体3位。その後毎年表彰台の高さを上げ、キャプテンとして挑んだ最後の年、見事日本一の称号を勝ち取った。またその実力から、日・中・韓対抗戦の日本代表にも選ばれ、健闘。異国の選手との戦いで、さらに一回り大きくなって帰ってきた。

 

 

目標を確実に実現してきた井上が次に狙うのは「王座」。関西制覇にとどまらず、強敵ぞろいの関東をも超えるため――。この新鋭が同志社の大きな戦力となるのは間違いない。(吉田優香)

 

 

初々しい笑顔を見せる井上

 

 

<プロフィール>

井上晴菜

学部:法学部

出身校:仁愛女子高校

身長:161センチ

主な戦績:インターハイ団体優勝、全国高校選抜準優勝、日・中・韓対抗戦日本代表など

好きなタイプ:市原隼人

 

【4月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について