同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16春の展望 : ボクシング部
'16春の展望「ボクシング部」

集大成の春


勝負の春は、目前に迫っている――。8年ぶりの関西制覇を目指す同志社、関西リーグはチーム一丸で挑む唯一の団体戦だ。個人競技のボクシングにおいて、個人の勝敗で争う団体戦も個人戦の延長に過ぎないのかもしれない。しかし、主将の小原俊(商4)は「チーム全体で戦うということが同志社の強み」と力強く語った。



チームにおいて中心になるのは主将の小原。昨季の関西リーグでも主力として活躍した。なかでも、語り草になっているのは一つ階級を下げて戦ったことだろう。苦しい減量でも根を上げることなく乗り越えた。そして、勝利も上げる活躍ぶりをみせたのだ。今季の関西リーグでも、「背中を見せるために全勝」(小原)と目標を掲げている。3月に行われた関関同立交流戦でも勝利し、着々と準備は進んでいる。頼れる主将の爽快なKO勝ちは、チームに勢いをもたらすだろう。同志社の浮沈は彼の拳にかかっているといっても過言ではない。主将のプライドをかけた戦いは要チェックだ。



小原の一撃はチームを鼓舞する一撃になるに違いない



もう一人、チームにとって欠かせないのは副主将の仲峯勇輝(社3)だ。「努力家で周囲からの信頼も厚い」(小原)と主将も太鼓判を押すほどの努力家。ほぼ大学からボクシングを始めたという仲峯、この四年間で経験者にも負けない力をつけた。昨季のリーグ戦にも出場し実戦経験も豊富。関関同立交流戦でも勝利を挙げた。仲峯の勝利は大学でボクシングを始めた同期や後輩の刺激にもなる。今季は小原に続いて勝利を目指す。



主将からの信頼も厚い仲峯



他にも、全日本選手権でベスト8に輝いた田中直樹(商3)をはじめ、楽しみな選手が多い同志社。関西リーグに向けてオフシーズンは走り込み合宿などを行い、チームの結束力を固めた。現在はスパーリングを行い、5月のリーグ戦に向けての最終調整を進めている。4年生は就職活動と並行しながらも、ひたむきに練習を重ねてきた。同志社を背負って戦う最後の公式戦だからだ。有終の美を飾るべく、一戦一戦を噛みしめて戦いたい。この4年間の答えは最後の関西リーグで見つけられるに違いないからだ。流した汗と涙が雨となり、最後は虹がかかるように――。最後は8年ぶりの優勝で飾りたい。(新谷諒真)

【'16春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について