同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16春の展望 : 陸上ホッケー部
’16春の展望「陸上ホッケー部女子」

皆で繋ぐ


昨年創部初の全国ベスト8を成し遂げるなど大きな成長を見せた陸上ホッケー部女子。

今季主将を務めるのは、藤原千尋。女子部唯一の4年生だ。「周りから応援されるチームにしたい」。強いまなざしで、スティックを振り抜く。



今年主要を務める藤原



昨年、「全員ホッケー」を目標に掲げ積極的なプレーで強豪にも挑んできた。全日本インカレでは立教大との接戦を制し、創部初の全国ベスト8に輝いた。しかし、リーグ戦では春秋共に惜敗が続き6位に沈んだ。敗因には体力面での課題と得点力不足が挙げられる。ペナルティーコーナーを獲得するも、なかなか得点につなげられず、苦しむ試合が多かった。



円陣を組み気合を入れる



この春、彼女達は試合前にも基礎練習を行い技術力の底上げを図る。今年は推薦でのルーキーがいない。「新しく入った人の経験が少ない分をフォローできるだけの技術がなければ」(藤原)。部員確保と同時に、個々の技術を上げ、チーム全体の力を高める。それが勝利への鍵となるだろう。



今年副将を務める高木(商2)



次なる目標は創部初の表彰台、そして王座出場だ。人数不足を補うべく、彼女達は日々努力を積み重ね、団結力を強めている。周囲からの声援を力に、同志社に新たな歴史を刻んでくれるに違いない!(伊藤映里)

【'16春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について