同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球"Atom Selection -2016 spring season-" : 硬式野球部
ガッツあふれるリードオフマン:辻心薫

会場中の意表を突いた。4回表、1点リードの1死二、三塁。バントの構えを取りピッチャーの前に打球を転がした。3塁走者は悠々ホームイン。チームに貴重な追加点をもたらしたのは不動のリードオフマン・辻心薫(商2)だ。



名門履正社高校から入学した辻心薫。昨季は1年生ながらもスタメンに定着。ガッツあふれるプレーでチームに欠かせない存在となり、ベストナインを獲得した。1年生としては異例の大活躍ともいえるが、「去年は打点を挙げられなくて、そこが課題だと思っていた」。勝負所であと一打が出ず昨季の打点は0。オフの間、辻の頭を悩ませてきた。しかし、4月18日に行われた対近大2回戦。2死三塁のチャンスでしぶとく打球を三遊間へ運ぶ。ショートが好捕しファーストに送球するが、辻は執念のヘッドスライディングを見せる。判定はセーフ。チームにとっても重要なこの場面で、ついに自身リーグ戦初打点を挙げた。



意表を突いてスクイズを決めた



得点圏で安打が出ないジレンマを払しょくし迎えた対京大1回戦。昨年の好機での苦悩が嘘であったかのような大爆発を見せる。1点リードの4回表、1死二、三塁と追加点のチャンスで辻が打席に入る。今季も3割を超える打率を誇り、当然京大守備陣もその打力に警戒を寄せていた。しかし、ベンチはスクイズを選択。「打席に入ってからサインを出されたけど、自信はあった」。ピッチャー前に打球を転がし、その間に3塁走者がホームイン。土壇場での指示にも見事に対応。辻の適応力が光った場面だった。



2安打5打点の大活躍



6回には1死満塁のチャンスを迎える。「特に狙い球とかはなかった」、来た球を素直に打ち返し打球は右中間へ。2点タイムリーとなり、自らのバットでも結果を残してみせた。さらに7点リードの7回、またも辻に好機が回ってくる。1死満塁と、前の打席と同様の場面。「点はどれだけあってもいいし、取れるだけ取ったろうと」、この日5打点目となるライトへの2点タイムリーを放った。チームの11得点の内5打点を挙げ、3連勝に大きく貢献した。



当然のように昨年を上回る活躍を見せているが、裏には確かな努力があった。リーグ戦前のオープン戦。苦手な左投手に苦戦し、不振に陥る。それでも試行錯誤することで対応策を身に着けた。左投手には専用のフォームで臨むことでアジャスト。リーグ戦が始まっても左投手から安打を重ね、現在打率は4割、出塁率は5割と切り込み隊長としての役割を十二分に果たしている。



勝利の原動力となった。



何度も回ってきたチャンスを活かし、2安打5打点の大活躍。チャンスメーカーとしてだけでなくポイントゲッターとしても成長を見せている。最大の課題を克服した辻にもう怖いものは何もない。進化を続けるリードオフマンが、持ち前のガッツでチームの道を切り開く。(吉田 諒)



▼コメント

(4回のスクイズ--)

打席に入ってからサインが出た。バントはずっと自信があるし、いつでもいいよというかんじだった。

(満塁で二度タイムリーを放つ--)

特に狙い球とかはなかったけど打ったのはスライダー。点はどれだけあってもいいし、取れるだけ取っておこうと。

(昨年の秋は打点が0--)

打点0は課題だと思っていたし、一本でなかったのは自分の力不足。

(左投手用のフォームは--)

オープン戦絶不調だったし、あの打ち方でいってみたら少し良くなったから今はあれで続けている。

(チームの雰囲気--)

今年はキャプテンが白水さんになって去年よりも本当にチーム状態が良くなった。みんな勝ちたいって気持ちが強くなって、今年は狙えるとしか思っていなかった。

(1番バッターとして--)

全員打つバッターで気持ちも強い人ばかりなので、とりあえず先頭で出て大西さんが送ってくれて後は任せたっていうかんじ。塁に出るという役割をしっかりやっていきたい。

(今後どういったバッティングをしていきたいか--)

大きいのを狙っているわけではないけど自分で得点圏までランナーを置けるようにしたい。

(今後に向けて--)

一回も負けられないので、連勝していきたい。


【硬式野球"Atom Selection -2016 spring season-"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について