同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球"Atom Selection -2016 spring season-" : 硬式野球部
快進撃支えるバッテリー:平尾奎太・山岸大起

スコアボードに0を並べ続けている。これで4試合、36イニング無失点。現在絶好調の同志社投手陣を支えているのは平尾奎太(法4)・山岸大起(法3)バッテリーだ。



対京大2回戦、前回の完封で調子を上げている平尾奎(法4)が勝ち点のかかるマウンドに登板した。「ストライク先行でいけた」、速球中心の組み立てで京大打線を圧倒。3塁を踏ませない好投で、わずか94球で京大打線をシャットアウト。無四球被安打2の完ぺきな内容で今季2勝目を挙げた。



今季2勝目を挙げた平尾奎



平尾奎は今季リーグ戦4試合に登板しすでに2勝をマーク。チーム最多の26回2/3を投げ防御率は2.02と、投手陣をけん引する活躍を見せている。開幕節では自らに2敗がついたが、「失敗は引きずらないように」。気持ちを切り替え臨んだ近大戦からは2試合2完封と相手を圧倒している。また、チームとしてもここ4試合連続で無失点。2012年春以来の4連勝で、現在2位と優勝を狙える位置につけている。平尾奎だけでなくエース福島も2勝、リリーフ陣も好救援を見せ自らの役割を果たしている。



今季から正捕手を務める山岸


バッティングも絶好調



好調の投手陣を支えるのは新たな扇の要だ。今季から正捕手としてプレーしている山岸。昨年までは絶対的なレギュラーだった川端(法卒)の存在もあり、出場機会に恵まれなかった。2年時からスタメンだった川端の穴も、「自分がやるしかないと思った」(山岸)。リーグ戦前の春には他大学のバッターをみっちり研究。オープン戦での活躍が認められ5番キャッチャーとして開幕戦に出場した。開幕後はなかなか快音を響かせることが出なかったが、打順が変わり8番に座ってからはヒットを量産。ここ3戦12打数8安打の大当たりで現在打率は0.429。チーム内首位打者、リーグ全体でも2位の好成績でバットでも投手陣を援護射撃している。対京大1回戦では自身の誕生日を猛打賞で祝うなど強運ぶりも見せつけた。



すで投手陣からも絶大な信頼を寄せられている。「ピッチャーがのびのび投げられるように」(山岸)と配球のコツを明かす。投手の特徴を見極め巧みにリード。その日調子の良い球を要求することで気持よく投げることができるよう気を配っている。常にピッチャーの気持ちを第一に考えるが、時には厳しい表情も見せる。「ふがいない投球をしていると、しっかりして!と怒ってくれる。年下だけどすごく頼りになる」(平尾奎)、納得のいかないボールを投げられれば先輩であろうと一喝。バッテリー間で対等な関係を築き上げ、投手の力を最大限に引き出している。



残り2節も活躍が期待されるバッテリー



「自分たちのやってきた以上のことはできないし、出し切りたい」(山岸)。リーグ戦も残り2節。これからはすべての試合が優勝を大きく左右する。待ち受ける強敵も、大一番のプレッシャーも、勢いに乗るチームには関係ない。同志社の2戦目にはこの二人がいる。快進撃を支えるバッテリーが、9季ぶりの優勝を狙うチームを加速させる。(吉田 諒)



▼コメント

#18平尾奎

(京大打線の印象--)

ストレートに強いし高めにいけば打たれる。とにかく低めを意識した。

(軸にした球は--)

ストレート。ストライク先行でテンポよく行けた。低めに決まったし、浮いていたボールも力で抑えられた。

(2回にはこの試合唯一のピンチ--)

相手も1打席目だし、強くいけば抑えられると思った。

(前回に続く完封)

前も完封だったけど四死球が多いのが課題だったし、今日は0でいけてよかった。

(投手陣が絶好調--)

みんな後輩だけど頼もしい。1戦目で勝ってくれるから楽な気持で投げることができている。練習から高い意識でやっていることが4試合無失点という結果につながっていると思う。

(次戦に向けて修正する部分はあるか--)

特にない。今日のピッチングを維持することが重要。


#2山岸

(平尾奎をリードしてーー)

めちゃくちゃストレートが走っていたんで、これは押そうと。キャッチャーがどうこうというより平尾さんが良すぎた。

(チームは4試合連続完封、ピッチャー陣の調子はーー)

調子はすごくいい。次からの2節が大事になってくるし、ピンチ慣れしていないのが気になる。いかに最小失点で抑えるかが重要。これから1週間しっかり投手陣とミーティングしていきたい。

(今日もマルチ安打と、ここ3試合で8安打ーー)

力んで振りすぎると打てないので、欲を出さずに打てている。

(8番に入ってから好調だがやりやすい打順はーー)

高校の時も6番7番だったんで、上位は向いていない(笑)上位を打てるとしたら来年からだし、狙えるなら狙いたい。

(自身のバッティングの特徴--)

初球からどんどん振っていくこと。振っていく中で和せていくタイプ

(春の取り組み--)

盗塁阻止。肩がそんなに強いわけでなくていろいろ工夫しながらカバーしていたけど、より自分の中で安心できるように練習した。

(関学戦に向けてーー)

厳しい試合になるだろうし、背伸びせずに。自分たちのやってきた以上の事は出来ないし、出し切りたい。

【硬式野球"Atom Selection -2016 spring season-"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について