同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16春の展望 : ボウリング部
'16春の展望 「ボウリング部」

どストライクな春


今春、関西学生ボウリング界に同志社旋風が吹き荒れる!関西制覇、そして約10年間遠ざかっている日本一を目指し、現在春リーグを消化している同志社ボウリング部。男子部は取材日時点(527)3位と、優勝も狙える位置につけている。女子部は部員数の都合上(団体戦は2人以上)、団体戦に参加できないものの、藪下主将(4)が個人部門で好調を維持している。6人もの新入部員(うち男子部4人・女子部2)を獲得するなど、同部にとってどストライクな状況となった!



部員たちに話をする寺崎



背中で語る男・寺崎



男子部は11月のインカレ団体戦の優勝を最終目標に掲げている。日本一に向けて必要となるのは、春と秋の関西リーグで力をつけること。京産大や京大といった強豪がしのぎを削る関西で好成績を残せば、全国での自信にもつながるだろう。現在行われている春リーグでは、同志社は3位につけている。残り試合での逆転優勝も十分に可能な順位だ。男子副将の寺崎(理工3)は、「4位との差が開いているので、戦力的にはもっと上を目指せる。強豪の京産大や、賢いボウリングをする京大は手ごわい。だが、倒すこともできると思っている」と語った。



藪下の投球



女子部は2年生以上の部員が1人となり、団体戦の出場が困難となったが、女子主将の藪下が孤軍奮闘している。今季、目標として掲げているのはハイゲーム(1ゲームで最も優れた成績を残すこと)269のスコアを記録するなど、好調なシーズンを過ごしている。女子部にはすでに2人の新入生が加入しており、秋は団体戦の参加が可能となる。久しぶりとなる団体戦に向け、最終学年にかける思いは強い。「もしかしたらハイゲームを取れるかもしれない。秋にはメンバーも増えて団体戦も戦えるので、後輩の手本になれるように」と、覚悟を語った。




部員たちの投球



目の前の結果だけでなく、長い目で見ても収穫の多い春となった。今年の新入部員は現時点で6人。団体戦の参加が叶わなかった女子部に、2人の新戦力が加わるなど、部内には新たな風が吹いている。寺崎副将は、「部内に活気が出てきた。新入生の成長も徐々に見えてきており、プラスに働いている」と、ポジティブな意見をもつ。数年先を見据えても、明るい材料の多いこの季節。これまでボウリング部に足りなかったサムシングは埋められたはずだ。黄金時代を築くため、まずはこの春をどストライクなシーズンにする!(西村健汰)



男子部副将の寺崎(左)と女子部主将の藪下

【'16春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について