同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16ルーキー特集 : 弓道部
'16ルーキー特集「弓道部」

3月の終わり、同志社大学で行われた同志社弓道部の合宿に新たなメンバーが加わった。和やかな弓道場で一人緊張した面持ちの藤井美月が弓を引いていた。勉学と弓道を磨くべく、同志社の門を叩いた彼女。高校時代は国民体育大会遠的部門で3位を獲得と、輝かしい成績の持ち主である。1部復活を目指す弓道部にホープが加わった。



緊張感が漂う中弓を引く藤井



弓道を始めたきっかけはオープンスクール。初めは女子サッカーに憧れを持っていたが、弓道部員の姿に惹かれ道場へ足を運ぶようになる。彼女の持ち味は集中力の高さと練習への熱意。「高校時代とは違い、自分のいいところ悪いところがわかる」と大学での練習にも手ごたえを感じながら取り組んでいる。自分の弱みはプレッシャーに弱いところであり、プレイにも如実に表れてしまうと話す。弓道はどれだけの練習を積んでも、本番の調子で結果が左右されやすい競技である。「努力をしても結果が出なかったこともあるが、次はもっと頑張ろう。もっと努力をしようと思う。」と弓道に対する姿勢は常に意欲的である。



セレクションで選ばれてきた同期3人だけでなく、たくさんの仲間が増え部活の雰囲気にも慣れてきた様子の藤井。大会でも成績の記録等たくさんの仕事をこなす彼女の姿がよく見られる。



的を見据える藤井



先日行われた関西弓道選手権大会でも個人決勝進出と、順調に自己の成績を伸ばし続ける藤井。目標はもちろん日本一。高い志を秘める彼女の存在は、弓道部復活の救世主となるに違いない。(髙安美里)




○プロフィール

藤井美月

商学部

166.4㌢

広島市立沼田高等学校

趣味:音楽を聴く、体を動かすこと


【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について