同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16ルーキー特集 : ハンドボール部
’16ルーキー特集「ハンドボール部女子」

今年同志社ハンドボール部女子に加わった新戦力、中でもすでに春リーグからその存在感を見せてきた中村千香を紹介したい。



果敢にシュートを狙う中村(商1)



彼女のハンドボールとの出会いは、小学5年生の時。お姉さんがもともとハンドボールをしていたため、興味本位でクラブチームに入りハンドボールを始めた。当初は遊び感覚だったというハンドボールだが、その魅力にとりつかれ中学でもハンドボール部に入部。中学では目立った成績はなかったが、小松市立高校に入学すると、全国選抜大会2位、全国選手権大会8位そして、国体出場を果たすなど数々の成績に貢献してきた。



そんな彼女が同志社に惹かれた点は、選手たちの自主性の強さ。自分たちで考え、練習をしたりプレーしたりする同志社の良い意味で自由なスタイルが気に入ったと言う。



身長の高さを生かしてシュートを放つ中村(商1)



高校ではDFとして活躍してきた彼女だが、大学ではまた違ったポジションを任せられ、日々奮闘している。特にOFでは、身体の大きさの割に当たり負けしてしまうことが今彼女の中での大きな課題だ。まず身体作りをしっかりとし、さらにメンバーとも息を合わせたプレーをしていきたい。また、得意のDFもさらに強化し、自分の守る3枚目からは相手が点を取れないと思わせるようなプレーをしていく。



そんな彼女の目指す選手像は、今現在海外で活躍中の石立真悠子選手。OFで周りを生かすプレーを得意とし、さらに自分の前が開いた時には確実に得点にできる選手だ。中村は、その石立選手のようなプレーのできる選手になることが目標。これからの成長に目が離せない。



今春リーグ、7位に終わった同志社。悲願のインカレ出場まで決して楽な道のりとは言えない。しかし、彼女たちの挑戦はこれからだ。新戦力が同志社の可能性をさらに広げる。(金澤有沙)




○プロフィール

中村千香

商学部

167㌢

小松市立高等学校


【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について