同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16ルーキー特集 : ソフトボール部
'16ルーキー特集「ソフトボール部女子」

昨秋2部降格してしまうも、今春のリーグ戦で見事な戦いを繰り広げ、再び1部への昇格を果たした女子ソフト部。素晴らしい戦いの中で、3人の1年生が躍動し活躍を見せた。既にチームの柱となりつつある、生粋のソフトボールエリートたちを紹介したい。


鉄壁の守備が持ち味の石川(商1)


日本代表経験あり、高校時代は全国優勝。華々しい経歴を引っさげて同志社へとやってきた。ソフトボールの名門、厚木商業高校出身の石川妃悠だ。石川は中学時代、U-16の日本代表に選出され、中国、台湾との3カ国リーグ戦の完全優勝に貢献した。高校へ進学すると、1年から試合に出場。2年では選抜優勝、3年はインターハイ3位となり、まさにエリートの道を歩んできた。高校でも代表として海外へ派遣され、既に世界大会の経験も豊富だ。そして迎えた進学のとき。数々の大学から推薦をもらっていたが、「チームを強くしたい」という思いで同志社へ進むことを決めた。そんな石川の持ち味は鉄壁の守備力。リーグ戦では全試合セカンドで先発し、基本に忠実な守りで幾度なく打球をさばいた。その守備姿勢は、まさにプロの選手を見ているようだ。一方の打撃でも、右方向への打球を意識し、粘り強いバッティング。勝負どころでフォアボールを選び、チャンスを拡大するシーンは春リーグで何度もあった。


ダイナミックなフォームの森本(社1)


チーム待望のピッチャーも加わった。桜ノ宮高校ではエースを務め、最高で国体3位の実績を持つ、森本夏未だ。そんな森本のハイライトは今リーグ、5月3日の対関大戦。1部昇格のかかる大事な試合で初先発を任され、見事に5回を零封した。持ち味のチェンジアップやドロップで凡打の山を築き、関大打線に的を絞らせなかった。真骨頂は打たせて取るピッチング。コーナーを突くストレートに緩い変化球を織り交ぜ、春リーグではリリーフそして先発と、負担のかかる場面での登板にも動じなかった。そしてどんな場面を迎えてもマウンド上で笑顔を忘れない。「先輩がいい雰囲気を作ってくれている」と、周囲のおかげもあり、一切不安な素振りは見せないのだ。


勝負強い吉岡(スポ1)


今季の同志社の強みは何と言っても打線だ。打ち勝つソフトを掲げ、鋭いスイングを見せる選手たちがスタメンに名を連ねている。そんな強力打線の4番、まさに核となる位置を任されているのは、1年生の吉岡七海だ。高校3年の全国大会では、優勝、準優勝、ベスト16を経験するという、まさに名門校の創志学園高校出身。高校時代からチャンスに強く、ポイントゲッターとして打点を荒稼ぎしていた。「監督の勧めで進学した」同志社では、勝負強さを買われいきなり4番に抜てきされ、春リーグを戦い抜いた。5月1日の対大青大戦では逆転のタイムリー、インカレ出場をかけたチャレンジマッチでは最終回2死からタイムリーを放つなど、既に持ち味の勝負強さを存分に見せつけている。


今後も活躍が期待される左から森本、石川、吉岡


これから続いていく4年間のソフトボール生活。3人が口をそろえて掲げた目標は「インカレ出場」。今シーズンは惜しくも逃したものの、まだあと3年、彼女たちにはチャンスがある。今後も成長を続けるソフト部は、1歩1歩着実に、初のインカレ出場へと歩み続けていく。(樋口 諒)


○プロフィール
石川妃悠(いしかわひちか)
商学部
156㌢
厚木商業高校
趣味:グローブを磨くこと


森本夏未(もりもとなみ)
社会学部
165㌢
桜ノ宮高校
趣味:映画鑑賞


吉岡七海(よしおかななみ)
スポーツ健康科学部
172㌢
創志学園高校
趣味:料理

【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について