同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16ルーキー特集 : バレーボール部
’16ルーキー特集「バレーボール部女子」

この春、最強レシーバーが同志社の門をたたいた。その名も、平岡佳奈枝(商1)。“おちび”の愛称でみんなから慕われる、愛されキャラだ。



春季、2部リーグで7位に終わった同志社。2部トップチームとの実力の差を痛感し、さらなる成長を目指している。周知の通りバレーボールは、レシーブ、トス、スパイクのどれが欠けても成り立たない。2部で勝つためには、三者それぞれの強化が必要条件だ。そこで入部した平岡は、将来的に同志社のレシーブの要となり、チームのレシーブ力を向上させるためのキーパーソンとなる。



彼女がバレーボールと出会ったのは小学3年生の頃だった。きっかけは兄の影響だったが、すぐにバレーの虜になった。彼女は小中高全てのチームでキャプテンを務め、技術力だけでなくリーダーシップも併せ持つ。中学校では京都府選抜のリベロに選出され、洛北高校在籍時には京都府でベスト4になるなどの輝かしい実績を持つ。



彼女にバレーボールの好きなところを尋ねると、はきはきとした口調と可愛らしい笑顔で「6人全員で自分以外のプレーを喜ぶところ」と答えてくれた。これまでの約9年間、そしてこれからの大学生活の多くの時間を費やすバレーの魅力を「1人じゃできないところ」と感じ、“チームプレー”や“仲間の存在”が彼女をボールと向き合わせる。



大学での目標は、チームが1部に昇格すること。個人目標は、レギュラーになること。そして高校時にできなかった、周りを見てプレーすること。「佑さんみたいに指示したり、楽しくバレーがしたい」と主将の新井佑(法4)への憧れも強い。実は平岡と新井は同じ洛北高校出身で、ポジションも同じリベロという共通点がある。現キャプテンの背中を追いかけ、新井のように厳しく、そして優しく同志社を牽引する存在になってくれるに違いない。

春に仲間入りした新人は、早くも初めての暑い、熱い夏を迎える。平岡にとっても、女子バレー部にとっても成長の夏。同志社が秋季、2部上位で健闘できるように――。この夏、平岡がチームを勢いづける波となる。(石岡日奈子)



練習でキラキラな汗を流す平岡



○プロフィール

平岡佳奈枝

商学部

洛北高校

リベロ

【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について