同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
5月のWEB企画 : アイスホッケー部
マネージャー紹介「アイスホッケー部」

第1回

マネージャー紹介「アイスホッケー部、谷口文香(商4)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

試合中、時には熱く相手選手と競り合い、時には氷のようにクールなプレーで銀盤を躍動する同志社アイスホッケー部。そんな彼らをリンクの外から支えているのが2人のマネージャーだ。その内の1人で笑顔が印象的な谷口マネージャー(商4)は練習や試合で活躍する選手たちを見守り続けて今年で4年目になる。

 


入部前、「もともと体育会のマネージャーになりたかった」。その中でも「夜の練習・試合時間に興味があり、自分の都合にも合っていた」とアイスホッケー部ならではの特殊な環境に魅力を感じた。普段のマネージャーとしての活動内容は支援課などに提出する書類作り、洗濯、水汲み、OBとの連絡など。影からアイスホッケー部に貢献している。

 

 

快く撮影に応じてくれる谷口マネージャー(商4)

 


だが現状、アイスホッケー部は様々な問題を抱えている。特に、日々の練習は大学外のアイスリンクで行うため、それを借りるための資金不足に悩まされている。その結果、練習時間が少なくなるという悪循環に陥っている。そんな問題を抱えながら活動している彼らに対し「不便だがみんな前向きに頑張っている」とマネージャーだからこそ理解できる想いを語ってくれた。

 


この4年間で同志社アイスホッケー部と数々の喜怒哀楽をともにしてきた谷口マネージャー。「今年で最後なので、これまで以上に全員をサポートしていきたい」。さらに「チームとしては関西優勝したい」と期待を抱く。また、最後に「笑顔で頑張りたい」と答えてくれた。引退を迎えるその日まで、彼女の笑顔が選手たちを支え続ける。(中西 創)

【5月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について