同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : バドミントン部
'16秋の展望「バドミントン部男子」

関西制覇へ!チャレンジャー精神で挑む


「関西リーグ制覇」。今年の目標は―、と聞かれて主将の口から最初に出た言葉だ。西日本大会にインカレ、戦いの舞台は他にもある。それでも自らの地盤である関西での優勝なくして、より大きな舞台での栄光はありえない。ここ数年、関西リーグ王者の座はほとんど龍谷大学が独占している。春季リーグでも、全勝対決で龍谷大にぶつかったが敗れた。悔しい敗戦の記憶を残したまま迎えた今夏。この夏は基礎に重点を置いた練習を心がけた。合宿では走り込みを行い下半身を強化した。試合練習よりも基礎を重視した練習を繰り返して技術の底上げも図った。上位校同士の対戦ではささいなミスでも命取りになる。春の団体戦、個人戦で得た教訓をもとにプレーの精度向上にも努めた。

9月8日から開幕した秋季リーグ。雪辱を果たし優勝をつかむことはできるのか、‟チャレンジャー”同志社バドミントン部男子の秋の戦いに注目が集まる。



「先制攻撃。前三本できっちり決める」。同志社の戦略は明確だ。5ゲーム行われるうちの前の3ゲーム、第1シングルス、第2シングルス、第1ダブルスで勝負を決めるつもりで試合に臨んでいる。そのためには、まずシングルスで安定的に白星を積み重ねることが必要不可欠だ。今年、シングルスで活躍しているのは岩永(商1)だ。1年生ながら試合の流れをつかむ最初のシングルスを、春季リーグから任されている。先日の西日本大会ではシングルス個人で3位に輝き、その才能の片りんを見せつけた。相手のエース級と対戦することも多いが臆せずラケットを振り抜き勝利をつかみたい。



今後の活躍が期待される岩永



シングルスで他に控えるメンバーも心強い。高崎(商4)は主にチームの勝敗のかかった第3シングルスでの起用が多いが、シングルスのどのポジションで出場しても勝利を手繰り寄せることができる高い実力を持つ。エースの西坂(商2)もダブルスとのダブルワークをこなしシングルスでの出場もある。



ロブをする高崎


力強いプレーでチームを牽引してきた西坂



ダブルスは出場2枠に対して強力なペアが3組も揃う。最初にあげる1組は東(商3)・西坂の主将とエースのペアだ。主将とエース、重責を担う二人だからこそ、勝利への思いも強い。京都リーグ、春季リーグと好調でチームの勝利に貢献してきた。しかし、秋季リーグでは立命大戦(0-2)、関学大戦(1-2)と白星から遠ざかっている。チームの顔である彼らが不調から脱すれば、チームもより勝利へ近づくだろう。ダブルスでは他にも石黒(スポ4)・中里(理工1)、濱岡(スポ4)・牛尾(神2)が大事な戦力としてあげられる。石黒・中里ペアは、中里の高身長から繰り出される鋭いスマッシュを軸に試合を組み立てたい。濱岡・牛尾ペアはいま一番波に乗っている。起用された秋季リーグの2試合ではいずれも2-0で勝利、「自分たちのバドミントンができた」と結果で実力を証明した。出た試合はすべて勝つ、強い覚悟を持ってコートに立つ。



主将としてチームを牽引してきた東


スマッシュを放つ牛尾


サーブレシーブ直前の濱岡


サーブを構える中里と後衛の石黒



9月12日の時点で、同志社の戦績は1勝1敗。優勝を狙うには残り全勝が必要となってくるだろう。頂点まで、決して平らな道ではない。それでもチャレンジャー精神を忘れず、チーム一体で優勝を目指したい。(滝川晴也)


【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について