同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : ハンドボール部
’16秋の展望「ハンドボール部女子」

先日行われた西日本インカレ(西カレ)では、最後の最後まで諦めず走り続け、見事インカレ出場権を獲得した女子ハンドボール部。828日から秋リーグも始まり、西カレで見せた同志社の底力を再び証明したいところだ。



円陣を組む選手たち



今年は1年生が7名入部した。例年部員数の少なさが懸念されているが、今年の新入部員の多さに監督も部員も喜んでいる。「66の実践的な練習もできるようになった」(守本監督)と、人数が増えても和気あいあいとした同志社らしい雰囲気は残しつつ、今までは出来なかった練習が出来るようになった。



しかし春リーグは3勝5敗1分で関西7位に終わり、春リーグでの全日本インカレ出場権獲得は逃した。

同志社の年間目標であるインカレ出場を果たすべく、春の悔しさをバネに次こそはと臨んだ、西カレ。同志社の通算成績は1勝1敗1分で、得失点差により見事全日本インカレ出場権を獲得した。



ゴールを喜び合う(左)丹羽(商2)と(右)三輪(スポ4)



西カレ、3日間あるうちの2日目までの通算成績は1勝1敗。全日本インカレ出場権のかかる最終戦は、宿敵・天理大と対戦した。ここで負ければ全日本インカレ出場権はない。「絶対勝つ!」と、主将・田邉は覚悟を決めていた。しかし前半4点ビハインドで試合を折り返し、選手たちに焦りの表情が見え始める。後半、なんとか同点まで追いつくとここから同志社の強さが発揮される。1点1点確実に食らいつき、終了のブザーが鳴るその瞬間まで、誰も諦める者はいなかった。皆の想いを乗せた藤原(スポ2)のブザービーターが決まり、同点。通算成績は1勝1敗1分となり、得失点差により、見事全日本インカレ出場権を獲得した。



ここぞという時の粘り強さが今回全日本インカレ出場権獲得につながったが、この同志社の真の強さをもう一度証明する時がやってきた。828日から秋季リーグが行われている。今秋の目標は、自分たちの強みを伸ばし、弱みを克服すること。そして、春季リーグ(関西7位)よりも順位を上げることだ。春からの課題であるDFから速攻の形を自分たちのものとすることができるかが、この秋上位に食い込むカギとなる。練習では、そのプレースタイルを中心に行い、上手くいかない時にはどこが良くなかったのかを先輩後輩関係なく皆で意見し合う。915日現在、0勝3敗の同志社。真価証明のため、ここからの這い上がりに期待だ。



シュートを放つ主将・田邉(スポ4)



秋季リーグで自信をつけ臨むのは、全日本インカレ。「1試合1試合を全力で取り組み、史上最高記録のベスト16を塗りかえる」と、主将・田邉は意気込みを語る。全国の舞台で爪痕を残すため、今すでに戦いは始まっている。この秋、同志社のさらなる成長が見逃せない。(金澤有沙)

【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について