同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : 卓球部
'16秋の展望「卓球部男子」

チームを背負って全日学へ


秋季関西学生卓球リーグを4位で終えた同志社。リーグを終えると、10月には個人の大学日本一を決める、全日本学生選手権がメインの大会となる。今回は同志社から出場する選手を紹介したい。



まずはシングルスで出場する主将・明石(文情4)を紹介する。関西予選では、強豪・近大の選手を破って出場を決めた。秋季リーグではほぼ毎試合メンバーの座に名を連ね、チームの中心選手として戦った。結果も3勝2敗(9月15日時点)と主将の責務を果たしたと言えるだろう。持ち前の粘り強さを生かし、自身初めてであり、最後の全日学を一つでも多く勝ち上がりたい。「全日学に出れて、正直嬉しい。自分らしく戦いたい」(明石)。主将の挑戦に目が離せない。



サーブを始める明石


2人目の選手は、信頼が厚い同志社のエース・西田(スポ3)。秋季リーグは不調ながらも、シングルス・ダブルス共に全試合を戦い抜いた。特筆すべきは、第6戦・京産大戦での獅子奮迅の活躍だ。リーグ降格の危機に陥ったチームを救った。第1シングルスで3-0のストレート勝ちを収めると、続くダブルスでも阿部(社2)との息の合ったコンビネーションで勝利。2勝を挙げる働きで、降格の危機を免れた。昨年の全日学では、3回戦に進出。今年は、阿部と共にダブルスでの出場も兼ねており、単複共に期待がかかる。「1つでも多く、強い相手に勝って上位に入りたい」(西田)。リーグ同様に、エースは同志社の看板を背負って戦う。



上位進出に期待がかかる西田



3人目の選手は春季以降、安定してリーグに出場し続けた生野(文情3)。体を目一杯使った、躍動感のあるフォームが特徴だ。リーグ戦では2勝を挙げ、敗戦した試合でも猛者相手に接戦を繰り広げた。来年以降の主力として今回の全日学にも期待がかかる



生野の飛躍は来季、リーグで勝つためにも欠かせないだろう


4人目の選手は百々(スポ4)。貴重なサウスポーとして、この四年間、チームの勝利に貢献した。昨年秋にはリーグ全勝を達成し、今年のチームの柱の一人として春秋共に複数勝利を挙げる活躍を収めた。今回の全日学では、モンタニョミチェル(理工3)と共にダブルスでの上位進出を狙う。



ここまで幾多の勝利を積み重ねた百々


5人目の選手は阿部。西田と共にダブルスに出場する。リーグ戦では第6、7戦でラストシングルを務め、同志社の勝利を決定づけ、ダブルスでは全試合、西田と出場した。「リーグでもダブルスをやっている分、経験がある。それを活かして勝ち抜きたい」(阿部)。次世代を担うホープは全国の舞台でも輝けることができるか。



勝負強さで同志社を引っ張る阿部


今回の全日学では6人の選手が出場する同志社。それぞれが名門の名を誇りに、全国の舞台で暴れてほしい。(新谷諒真)

【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について