同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : 準硬式野球部
’16秋の展望「準硬式野球部」

3季ぶりのリーグ制覇へ



恒例の儀式を行う主務・籠谷(商3)



9月15日、わかさスタジアムにて開幕したリーグ戦。優勝を狙う同志社ナインは試合開始を今か今かと待ち望んでいた。さかのぼること5月半ばの関西トーナメントで立命館に敗退、4年生の引退が決まった。尊敬する先輩の早すぎる引退を目の当たりにし、「僕たちこそは」と全国制覇を誓った。



新チームの主将に就任したのは河野(文3)。「日本一のチーム」を作ると意気込んだ。新方針を打ちだし、練習試合からベンチメンバーを絞ることで競争意識を促した。個性派ぞろいの同志社ナインを束ねることは容易なことではない。主将として、捕手として、またサインを出す指揮官としてチームの細部に目を光らせる。



河野が理想とするのは隙のない緻密な野球。攻撃パターンを一新し、小技を多く取り入れた。4番にもバントを指示し、確実にチャンスにつなげるよう徹底した。今年のチームは打より守と考える河野。飛びぬけた選手がいないぶん、総合力で勝利を狙う。先発候補には青木(商3)、富永(法2)。リリーフでは小野(心理3)、竹内(社3)が挙げられる。ベンチメンバー内外にも多くの投手を擁する同志社だが、河野は「エースはいない」と一刀両断。皆から認められ、圧倒できるエースへの成長を待っている。



内野手には副主将の坂枝(経3)、辻(社3)がおり、内からチームを活気づける。外野手には外野リーダーの清原(経3)がレフト、センターは高須に定着している。残る1枠を今井(スポ3)と佐藤(スポ1)で争う形となっている。



リーグ戦までに練習試合を多く組み、同連盟の大学などにも勝利をおさめた同志社だがあくまでも練習試合。その真価が問われるのは公式戦だ。15日の対関大1戦目では惜敗し白星スタートには至らなかった。しかし、そこで下を向くことなく気持ちを切り替えた。16日の2戦目では16-2の7回コールドで大勝した。皆からの信頼を得るには何よりも結果だと考える河野にとって、公式戦初勝利の日は特別な日となった。もちろんこれで満足することはない。必ず優勝するという固い意志をもち、残り8試合を勝ち抜いていく。(金川夏帆)



ピッチャー:青木


ピッチャー:富永


ピッチャー:小野


ピッチャー:竹内


キャッチャー:河野


ファースト:辻


セカンド:加納


サード:小熊(スポ2)


ショート:坂枝


レフト:清原


レフト:今井


センター:高須


ライト:佐藤


【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について