同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : ラクロス部
'16秋の展望「ラクロス部男子」

今季活躍するのは俺だ!!!



昨年、入れ替え戦にまでもつれ込み、リーグ6位となった同志社ラクロス部。もう同じ屈辱を味わいたくはない。新体制に入り、根本的なところから考え直し、試行錯誤を繰り返してきた。すべては「関西制覇」を成し遂げるために――。まずはファイナル4進出という目標に向かってリーグ戦に挑む。



主将を務める、#1毛呂(社4)


ここで、この秋注目すべき4人の選手を紹介したい。まず1人目は、今季大活躍をみせている、AT#7香川大輝(4)だ。香川はここまでの3試合すべてで得点を決めるなど、チームにとって大きな存在となっている。特に第2節の立命戦では同点の得点を決め、チーム全体を逆転勝利に導いた。



3試合連続で得点を決めた#7香川



2人目は、G#16吉岡佑泰(4)だ。彼は同志社の守護神ともいえる男だ。練習では、相手がどの方向からショットを打ってきても大丈夫なように、技術面を磨いているという。その成果が実践にもあらわれ、毎試合、素晴らしいセーブをみせチームのピンチを防いでいる。



同志社の守護神#16吉岡 



3人目はMF#23丸茂祐輔(スポ2)である。Aチームは上回生が多いのにも関わらず、2年生でメンバー入りを果たした。主軸として活躍している丸茂は、持ち味の大きな身体を活かし、相手を圧倒する。また関西選抜の選手として抜擢され、活躍をみせている。



主軸として活躍をみせている#23丸茂



最後は、MF#49畑清陽(2)だ。彼は試合中大きな声をだし、チームの盛り上げ役となっている。彼の持ち味はとにかく走ること。DFでありながらも得点を決めるなど、2年生とは思えない活躍をみせている。



持ち味の走りを活かす#49畑



組織改革を行い、少しずつ成果が表れているラクロス部。「走りがちチームとして試合に挑めていること、下回生も活躍しているということは、チームのカラーが出てきていると思う(#1毛呂)」。これまでの通算成績は12敗。ファイナル4に進出するためには、残りの3試合で最低2勝しなければならない。悲願の関西制覇へ――。彼らは目標に向かって走り続ける。(松原美月)

【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について