同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : ボードセイリング部
’16秋の展望「ボードセイリング部」

関西選手権第二戦を終え、11月のインカレ出場者が決まった。例年より多い15名が全国の舞台に挑戦する。



試合前、主将奥村(経3)を真ん中にいつもの円陣で気合を入れる同志社



主将奥村は予選で同志社内では1位通過を果たした。「主将が引っ張らないと」。関西選手権第一戦で結果が出せず、悔しながらも語ってくれた。奥村には意地がある。だれにも負けない意地があるのである。そしてその意地は同学年にもきっと伝染している。今回の第二戦で同志社は団体戦総合2位に輝いた。そのメンバーこそ、3年生3人組の奥村、美吉(商3)、木山(生命3)である。ずっと3人での入賞を夢見ていたはず。同期たった3人での幹部、役職の一人二役なんて当たり前。そんな状況の中でも練習には嘘をつかずに頑張ってきた。「3年生で結果を示さないといけない」。佐波江のプレハブで語ってくれた奥村の言葉が、まさに現実となった大会になった。



荒れた天候でも冷静に海面を読む奥村


ムードメーカーとしても主将を支える副将・美吉



インカレ個人戦は11月の上旬、沖縄県で開催される。初めてのインカレでも、幾度目かのインカレでもすべてものをいうのは実力のみ。風速も天候も予想はできないが、どんな状況でも自分のレースを貫く者が表彰台を登るだろう。沖縄の海で歓喜に包まれるか、それとも悔しさを残して列島へ帰るか。関西屈指の実力を全国のセイラ―に思い知らせてやれ!(只松 憲)



レース後、安堵の表情をみせる奥村

【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について