同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16秋の展望 : 自転車競技部
’16秋の展望「自転車競技部」

4年生の中西(政策4)がインカレで躍動した興奮もまだ記憶に新しい。しかしその姿をもう頼ることはできない。代替わりした今、小畠(商2)新主将を中心に全員のレベルアップが必須だ。



「去年のこの時期に比べるとみんなの士気が高い」(小畠)。一人一人、目標がなかった去年とは違う。3,4年生が引退した今、危機感を募らせていた1,2年生が団結。個々ですることの多かった練習は全員で目的を持って取り組み、コミュニケーションを積極的にかわしていく形に変化した。



ロードメインの小畠だがトラックでも活躍を誓う。



その成果が問われるのは西日本新人戦。それぞれが定めた目標がどこまで近づくかに注目したい。まず主将に選ばれた小畠。決められた周回の3位までに得点が入り、その合計点を競うポイントレースに出場する。「上位に食らいつき入賞を狙っていきたい」。全国でも強豪と言える京産大の選手たちといかにうまく駆け引きをしポイントを稼げるかが入賞へのカギとなる。小畠は4kmタイムトライアルでもインカレでタイムトライアルの種目に出るためのA基準、4分59秒を切ることも目指す。



エース宇佐美(社2)。



宇佐美は9月に行われた全日本ロードレースカップけいはんなサイクルレース大会で2位になった勢いそのままに1kmタイムトライアルで表彰台を狙いたい。他の1、2年生もそれぞれの種目でインカレ出場ラインであるB基準突破を果たすため出場する。



ルーキー水本(経1)。



「今年の夏まで、先輩たちのサポートに回ることが多かったが、いつまでも応援する側ではいられない」(小畠)。真価が問われる秋。来年のシーズンにいい形で入るため、今着実に一歩一歩歩みを進める。(藤田大輝)


【'16秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について