同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
立命大に悔しい敗北...
女子2位も男子は悔しい敗戦...
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ウィンタースポーツ特集 2016-2017 : フィギュアスケート部
ウィンタースポーツ特集 2016-2017「フィギュアスケート部」

大舞台を経て、さらなる進化を目指す



競技上、男子部員が少ない同志社大学フィギュアスケート部。だが存在感は抜群だ。今季は笹原景一朗(商2)と時國隼輔(商1)が、3つの全国大会に出場した。



国内大会で最も注目を集める大会は、間違いなく全日本選手権だろう。世界で活躍するスケーターたちが名を連ね、競い合う大舞台。「全日本で良い演技をすることが(今シーズンの)目標」(笹原)と話すほど、重要な意味を持つ大会だ。フリーに駒を進めることも難しい中、見事両者ともに決勝に進んだ。ショートでノーミスの演技をした時國は、「最初の全日本は楽しい全日本だった」と振り返った。



全日本選手権での笹原の演技



インカレも経て、先日今シーズン最後の全国大会である国民体育大会冬季大会に出場した笹原と時國。2人ともショートは悔しい結果だったが、フリーでは納得の演技で巻き返した。



全日本選手権での時國の演技



全日本での演技を目標にしていた笹原だが、今シーズンを通して新たな目標が生まれたという。「もっと上に行きたいという欲が出てきた」。現状に満足することはない。ジャンプにミスがあっても点数を取りにいける選手になるため、基本となるスケーティングからやり直している。



今季時國は、課題であった回転不足を中心に見直した。シーズン最後の全国大会である国体を終えた今、回転不足は格段と減った。しかしすぐに来シーズンを見据え、「今度は芸術的な部分の磨いていきたい」とレベルアップを図る。



貪欲に挑み続ける彼らは、来季どれほどまでに進化するのだろうか。2人のさらなる活躍に期待したい。(名倉幸)

【ウィンタースポーツ特集 2016-2017バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について