同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション : 硬式野球部
主将セレクション 「硬式野球部」

硬式野球部主将セレクション 2017年を語る

福島輔×山岸起×溝田

「心の結びが強いチームを目指す」


左から福島孝輔(法2)、主将・山岸大起(法3)、溝田悠人(スポ1)



山岸主将が二人を選んだ理由――。


山岸「今年のリーグ優勝ができるかできないかがかかってるピッチャー二本柱なんで。」


福島「ピッチャー陣が2人(平尾奎・法4、平尾拓・経3)が抜けたんで、昨年以上に引っ張っていかないといけないなと思っています。」


溝田「2人が抜けて福島さんだけではだめなので1番頑張らないといけないなと思っています。」


3人の関係について――。


山岸「頼もしい2人ですね! そんな上から言うようなタイプではないんでむしろ引っ張ってもらってる感じです。」


福島「信頼してます。全部任せてます、リードとか。 溝田はなめられてます(笑)。」


溝田「いやいや(笑)。尊敬しています。2人とも優しくて野球のやりやすい環境を作ってもらってます。」


甲子園について――。


山岸「輝いてるのはこの2人なんで。僕は苦い思い出しかないですね。あ、ベンチが涼しいです(笑)。」


福島「待遇がすごいですね。」


溝田「バスとか?」


福島「そうそう。すごいいいバスが用意されてて裏口から出て行くとか。」


溝田「VIPって感じでしたね。 洗濯もやらなくて良かったんで。」


福島「あれは調子乗ってしまいますね(笑)。」


溝田「勘違いします(笑)。」



対談の様子。



スローガン「結心」について――。


山岸「みんな、個々が確立されているので個性は強いんですけど試合とかになると心を結んで勝つために一致団結するということから決まりました。」


福島「昨年のスローガンが熱く泥くさくでほんとに、そのままの一年で、優勝はできなかったんですけど5位からは抜け、Aクラスになることができた。スローガンがあったからこそそういう野球ができて勝つことができたんで今年は結心なのでみんなが心を1つにすることで優勝にたどり着けるのかなと思っています。」


山岸「熱く泥くさくを踏まえてってことね。」


福島「そうです。」


溝田「遠慮してたら勝てないので自分が思ってることをどんどん言い合ってなおかついざ試合になると1つになって同じ気持ちになって1点取りに行く、守りに行くことに関して結心は1番の言葉だなと思ってます。」


山岸「心の結びが強いチームを目指すって感じです。」


チームの中の役割について――。


山岸「チームを鼓舞することです。どんな時でもチームの先頭になって戦うことを忘れないでいきたいです。」


他の2人は山岸さんに対して期待していることは――。


山岸「盗塁させよとか(笑)?」


福島「いやいや(笑)。全部で引っ張って欲しいですね、バッティングでもリードでも。」


溝田「 積極的な配球をして守ってる時でも攻めてる感じでやって欲しいですね。」


山岸「頑張ります(笑)。」


福島さんは――。


福島「結果ですかね。結果で答えられるようになりたいです。」


山岸「心強いですね。 2人で5勝ずつ10勝で。」


溝田「先発は経験してないのでとにかく試合を作る、どんなブサイクなピッチングでもいいので勝てるピッチャーになっていきたいです。」


山岸「頼もしいですね。2人ともいいピッチャーなんで僕がしっかりすればいけると思います。」



新主将に選ばれた山岸。



注目してほしい選手――。


溝田「松本(スポ1)?」


山岸「松本ですかね、福島は?」


福島「期待しているのは溝田ですね。自分でも言ってましたけどまだ先発は経験ないので試合を崩さないようにって弱気にはなっていますけどそれじゃダメなんで(笑)。」


山岸「思ってもないこと言葉にしてるから溝田は(笑)。」


溝田「いやいや(笑)。」


福島「自分もそうですけど溝田もしっかり投げないと勝ち点は取れないので溝田に期待しています。」


溝田「ありがとうございます!」


松本選手を選んだ理由とは――


溝田「魅力がありますね、持ってるというか、なんかありそうな、特別打つわけではないんですけど。」


山岸「(居合わせた前主将の)白水(スポ4)さん誰かいますか?


白水「大谷司(商2)?」


山岸「やっぱそうですよね!」


福島「魅力ありますよね。」


溝田「確かにどでかい一発とか。松本か大谷司さんですね」


白水「福島は誰を推したん?」


福島「僕は溝田です。」


白水「溝田はニューフェイスじゃないやんけ、オールドフェイスや(笑)。」


山岸福島溝田「(笑)。」


山岸「松本も名前けっこうもうアトムのルーキー特集で知られてますしね、大谷司ですかね。スイングのスピード、迫力が桁違いです。プロレベルですね。」



福島は今年もエースとして奮闘する。


溝田はリリーフから先発へ役割が変わる。



春季リーグどのように勝っていくか――。


山岸「とにかく同立戦の前に負けないこと。関大に勝つことですかね。関大戦、点はそんなに取られないと思うのでどれだけ野手が点を取れるかですね。結局負けるときは投手が、頑張っても野手が点を取れていないときなので野手がどれだけ点を取れるかにかかっていると思いますね。」


福島「昨年みたいに熱く泥くさくっていう選手はいないんですけど能力的には他の大学には負けてない選手ばかりだと思ってるんで普通にやったら勝てると思うんですけど、その普通がリーグ戦ではできないので、普通にできれば勝てると思います。」


溝田「そういう感じですね、全部言われました(笑)。」


神宮について――。


山岸「まだ一回も行けてないのでよくはわかってないんですけど自分たちの代で1回は行って下の代に経験させて卒業しないといけないなと思っています。」


福島「近いようで遠い存在ですね。」


溝田「行かなければならない場所ですね。」


最後に、今年の目標について――。


山岸「個人のことはあんまり重要じゃなくて出てなくてもいいのでとにかく春も秋もリーグ優勝しないといけない。そのために戦う姿勢を忘れずに先頭に立って熱くやっていきたい。


福島「チームを勝たせることですかね。昨年も僕の力で勝たせた試合はなかったんで。」


溝田「心は熱く頭は冷静に勝ちにいきたいと思います。リーグ優勝をしたいです。」


関西リーグ5位から2季連続のAクラスに躍進した硬式野球部。上昇気流に乗るチームは更なる高み関西リーグ優勝、神宮を目指す。そんなチームのキーマンである3人に気持ちを語ってもらった。「熱く泥くさく」から「結心」へ。優勝への思いが込められた。変わったのはスローガンだけではない、それは春に証明してくれる。(聞き手 藤田大輝)



〇プロフィール

山岸大起(法学部3年/175㌢70㌔/天理高校)

昨年は春、夏ともに全試合出場。リードだけではなくバッティングでもチームに貢献し。2季連続のベストナインを獲得した。新しく主将に選ばれた今年、悲願の優勝へチームを導く。



福島孝輔(法学部2年/180㌢80㌔/大阪桐蔭高校)

高校3年時はエースとして夏の甲子園優勝を果たす。同志社に入学後、1年時の春から試合に出場。2年時からはエースとして奮闘し、Aクラスへの立役者となった今年も1戦目を任されるエースとして期待がかかる。



溝田悠人(スポーツ健康科学部1年/172㌢75㌔/履正社高校)

高校2年時に出場したセンバツ大会ではノーヒットノーランまであと一歩まで迫る快投を見せるなど準優勝の立役者となった。入学後、春季リーグから中継ぎとして試合を経験。今年は2戦目の先発として勝利が求められる。


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について