同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
5月のWEB企画 : 軟式野球部
マネージャー紹介「軟式野球部」

第7

マネージャー紹介「軟式野球部、那須仁美(社4)、石田有賀里(文3)、長尾彩花(同女3)、内田朋佳(商3)、小島香菜(文2)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>


同志社体育会のなかでも珍しく選手主導の活動を行っている軟式野球部。今回はその活躍を陰で支えるマネージャーさんたちにスポットライトをあててみました!!彼女たちは現在4年生2人、3年生3人、2年生1人の計6人体制でチームを支えています。今回は取材当日練習に参加していた5人にお話しをうかがいました!!

 


―――何故大学で軟式野球部のマネージャーを選んだんですか?

那須さん「高校野球を見ていて大学で野球のマネをしてみたいと思って、雰囲気が良かったので軟野に入りました」

 

石田さん「小さい頃から野球を見るのが好きだったからです」

 

内田さん「女子高やったのでマネができませんでした。姉がマネージャーをやっていたのでその影響もあります」

 

長尾さん「家は野球家族ですけど高校に野球部がありませんでした。雰囲気が良かったので軟野に入りました」

 

小島さん「中学の時から野球を見るのが好きでした。紹介してもらった軟野にひかれました」

 


―――同志社の軟式野球部の魅力ってなんですか?
那須さん「初心者から強豪校の経験者まで全員が楽しみながらも真剣に野球をするところです」

 

石田さん「選手が主体となって動くので、人間性まで学べるところです。選手、マネの境界もなくみんなで頑張れるからこそ、楽しめるし勝ったときは嬉しいです」

 


―――マネージャー業はどうですか?
那須さん「休みが週1でも、試合での勝利で気にならなくなります」

 

内田さん「練習が朝なので生活リズムがよくなります!!」

 

長尾さん「高校まで選手をやっていて自分主体のスポーツだったけど、違う楽しみを知りました」

 

小島さん「一日一日課題を見つけ、それをどう消化していくかを考えるのが楽しいです」

 


―――では、マネージャーをやっていて嬉しい瞬間ってなんですか?
那須さん「去年の大会で胴上げをしてもらったときは感動しました」

 

内田さん「いつも出ない選手が代打とかで出て、活躍した時です」

 

小島さん「部員さんから何気なく仕事をふられたり、自分で仕事に気付けた時です。優勝の瞬間は涙が出そうになります」

 


―――最後に、野球の魅力って何だと思いますか?
那須さん「一球一球目が離せないところ、考えるところ、最後の最後までわからないところです」

 

石田さん「複雑なところです。知れば知るほど深いスポーツだと思います」


―――ありがとうございました!!

 


多くの選択肢の中から”同志社軟野”を選び、頑張るマネージャーさんたち。「野球が好き。軟野が好き」という気持ちがひしひしと伝わってきました。彼女たちの笑顔が軟式野球部に今日も息吹を吹き込みます!!(亀岡雅俊)

【5月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について