同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
早大に競り勝つ
立命大に悔しい敗北...
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション : ハンドボール部
主将セレクション「ハンドボール部男子」

ハンドボール部男子主将セレクション 2017を語る

高橋平×重岡

「動けるチームを」


左から重岡(スポ健3)と主将の高橋(商3)



対談者に選んだ経緯――


高橋「今回主将セレクションということで、どういう人を選ぼうかなと考えたときに、まあムードメーカーとかでもいいって森戸さんが言ってくださったんでそれでもいいかなと思ったんですけど、やっぱり、僕らの試合の主軸となる選手を選ぼうと思って、それが重岡やったんですよ。まあ一昨年からずっと出てて、オフェンスではエースの役割でディフェンスでも要となる場所を守ってくれてるんで、これから先戦っていくには重岡の力が不可欠やなと思って選びました。」


初めて会った時のお互いの印象は――


高橋「初めて会ったのは…」


高橋重岡「高校?」


高橋「練習試合か。岩工って岩国工業(重岡の出身校)なんですけど、そこがめちゃくちゃ強いんすよ。で、優勝とかしてるくらいで、高2の時に。そこで僕らは京都府では1位なんですけど、そんなとこと練習試合してまあボロ負けするわけですよ。やっぱこいつらエグいなって印象しかないですね。」


重岡「いやいやいやいや(笑)」


高橋「ホンマに。」


重岡「印象…。高校の時にずっと上でボール回してて、一緒に大学入っていざっていう時に、あれ?人違いかってっていうくらい太ってて、あー、こんな太るんやって思ったのが最初の印象ですかね、俺は。でもやっぱり高校の時に培われたハキハキした感じは大学でも見受けられて、あー、人柄いいんやなっていうのは思いましたね。」


プライベートでの関係は――


高橋重岡「そこまでやな。」


高橋「二人で遊ぶというよりかはみんなで飲み会とかワイワイとかはありますね。」


重岡「3回生自体みんな仲いいので、結構みんなで集まったりとかはありますね、よく。」


高橋「二人で遊ぶってこと自体あんまり多くないよな、みんな。」


重岡「ない、みんなそこまで。」



円陣を組む選手たち


新チームになって練習の雰囲気などは――


高橋「雰囲気どうやろ?」


重岡「雰囲気いいんじゃない?」


高橋「いいと思うなあ、俺も。いい意味でも悪い意味でもいい。やっぱりどっかもうちょっと厳しくしたほうがいいかなと思う場面もあるけど、雰囲気としてはいい雰囲気でできてるんかな。下も上もあんま関係ないじゃないけど、チームとしては、それもいい意味で。」


重岡「いい意味で。」


高橋「悪い意味ではメリハリがついてないっていう意見もちらほらありつつって感じやから。」


重岡「厳しい練習でも嫌々言うけど結局はやってるから、その辺でも上としては助かるかな。」


高橋「いいと思いますけどね。去年と比べては…上級生としっかり会話できてると思うんで、下の意見も取り入れながら見たいな。そこがいい雰囲気につながっている、今のところは。」


では結構明るい練習になっている?――


高橋「そうですね、僕らはどっちかっていうと楽しむのがコンセプトじゃないですけど、楽しんでやらんと上手くもならないと思ってるんで、厳しくても楽しくどうできるかだと思ってるんで、明るくできてますね」


チームとしての目標、またそのために頑張っていきたいことは――


高橋「チームとしての目標…。」


重岡「チームとしての明確な目標だけはまだしてないよね。数字的な目標とか。」


高橋「そうだね、一応インカレベスト4?8?そこもなんかちょっとまだあれやね、そこの明確さが必要なのと、とりあえずざっくりしてるんですけどインカレの上位と関西リーグ3位以内。」


重岡「これはずっと目標にして来たので、俺らが入った時ぐらいから。」


高橋「去年もずっとそうやったんで、まあそこは変わらずやってるんですけど、それをするためにはやっぱりどうしても楽しいことしてるだけじゃ絶対に勝てないので、きちんと走り込みやったり…」


重岡「やっぱり走り込みが多くない?特に今は。」


高橋「この時期は土台作りってことで春リーグは4月から始まるんで、もう言うてる間に2ヵ月後くらいには始まるから、それに向けて土台作りですね今は。あとはこの前話し合ったのはディフェンスのシステム、サッカーみたいにあるじゃないですか〈3:なんとか〉みたいな。あんな感じでハンドボールも一応システムがあるので、それをやっぱりチームのみんなが理解していないと、個々で守れるかって言ったらそうじゃないので、チームで守っていかないとダメなのでそこのシステム作りについてはこの前からしっかり取り組むようになってます。」



談笑する二人


個人的な目標などは――


重岡「僕らハンドボールにおいて背がないんですね。なのでやっぱりさっき言ったように走り込みにつながってくると思うんですけど、機動力というか動けるチームを目指したくてそのためには体力が必要なので走り込みを増やしたりだとか、あとはシステムの全員の共有といった場面でも、日頃から誰がどのポジションにおいてもずっとプレーができるようにっていうのはずっとみんなに言っていて、その中で自分の役割を理解したうえでやっていけるように、しっかりと上が指示するじゃないですけど、声掛けをして、その中でも自分が引っ張て行きたいというのはありますね。」


高橋「ハンドボールって背が大事なんですよ。他大学とかで見たら普通にみんな180cm超えみたいな感じなんですけど、僕ら180cm超えてるのが…おらんのかな?キーパーぐらい?」


重岡「すすむも…。」


高橋「超えてない?ぐらいの、一人は絶対いるやろ、1部リーグやったらいるのにっていうのがいないので、それでも戦っていかなきゃいけないので、今の戦力で。そのためにはっていうことで走り。結局はやっぱ動いてなんぼなんでハンドボール。動けるチーム作り…。自分動けるかって言ったらまた分からないですけど(笑)」


重岡「ははははは(笑)」


高橋「動けるようにするのとキャプテンとしてみんなの意見をどれだけ聞くかと、マンネリ化せずにできるかとかは考えてはいるんですけど、今まだできてるかは不安なんですよね。」


最後にアトムに何かお願いはありますか?――


高橋「じゃあ森戸さんに、ハンドボールのルール覚えてください!」


重岡「(笑)」


高橋「結構むずいですよ。見てても全然わからんし。たぶんねルール覚えたら面白いっすよ。覚えなかったらただ飛んで走って投げてるだけなんで。」


重岡「以前担当していただいた高宮さんでしたっけ、すごいいい方だったので、その方みたいに取材していただければありがたいですね。」



ハンドボール部男子は一昨年に1部リーグに復活するも、昨秋も入れ替え戦を経験するなど、1部では未だ厳しい戦いを強いられている。入部当時から掲げられてきた目標を叶えるべく、走りこんだ脚力を生かすことができるだろうか。飛躍のカギは彼らにかかっている。(聞き手 森戸尚毅)



○プロフィール


高橋孝平(商学部3年 洛北高校)

今年から主将を務める。ほぼ毎試合得点を決めるなどプレーでもチームを引っ張る。


重岡晃介(スポーツ健康科学部3年 岩国工業高校)

1年生のころから試合に出場する、同志社の攻守の要。16年度春季リーグ得点ランキング2位になるなど他チームからも警戒されている。


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について