同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
天理大に快勝、1部残留![...
日本代表ならず…成長、課題...
'17春の展望 ...
’17春の展望「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
主将セレクション : 居合道部
主将セレクション「居合道部」
居合道部主将セレクション 2017年を語る
勝田哉×伊吹奈×見崎
「王者として、挑戦者として」

左から副将・伊吹莉奈(商3)、主将・勝田裕哉(理工2)、副将・見崎貴史(生命医科2)


このメンバーを選んだ理由はーー。


勝田「僕たちの部活は部員集めに必死というか、頑張らないといけなくて。だから新入生の目を引く人選にしようってなったんですね。その過程もあり、どうせなら時期副将にしようということでこの人選になりました。」


・選ばれたお二人はいかがですかーー。


見崎「選ばれましたね(笑)」


一同「(笑)」


伊吹「副将として部の運営に携わるので、後輩や新入生に向けてと考えると中間管理職として出るべきかなと(笑)」


勝田「中間管理職って、、、、、、(笑)」


見崎「僕もまあ特にないんですけど。そんな感じですね。選んでもらったからには、まあ話そうかなってくらいの気持ちできました。」


一同「(笑)」



主将になった経緯はーー。


勝田「毎年、前幹部による指名制です。なので僕たち三名は前幹部による推薦で決まりました。」



幹部としての仕事はもうされていますかーー。


勝田「今は代替わりの時期というか、僕たちは前主将から次期主将に徐々に受け継いでいく形です。このオフ期間にそれを行い、次年度から僕たちが運営していく予定です。」



新年度に変革していきたいことはーー。


勝田「ついこの間、次年度の幹部として集まったんですけど、来年のスローガンを決めました。そしたら三つの具体的な目標が挙がったんです。一つは、チャレンジャーとしての同志社。昨年全日本王者を落としてしまったので、王座奪還ということで。次ですが、それと同時に王者としての同志社でいること。代々王者としてあり続けた同志社ですので、その立ち居振る舞いを忘れずに。最後の一つが、家族のような部活にしたいということ。鬼のような上下関係があるわけではなく結構まったりというか、皆の距離が近いんですね。だから、ちょっとした時にでも部室に顔を出したいなとか思ってもらえるようにしたいです。」


伊吹「主将って先頭に立ってやる仕事が多いので、そういう仕事は彼に任せて、事務的な仕事や裏での仕事を率先してやりたい。あと、彼に任せきりじゃなくて、お互いで協力し合えればなと。」


見崎「基本方針はこのままで、僕個人としては特に後輩に目を向けたいです。後輩が二学年になるし、主将が忙しくても副将が後輩を指導し、気を配っていきたい。」



今注目の一年生はいますかーー。


勝田「誰かひとりというと難しいですね。みんな個性豊かで豊富なキャラクターがいるのが今の一回生です。でも真面目に稽古に取り組めば伸びるので、皆には頑張ってほしい。」


伊吹「稽古がんばれってことですね(笑)」


勝田「一回生、頑張ってください(笑)」

談笑する三人


二回生と三回生とでは、団体戦にかける思いは違いますかーー。


勝田「プレッシャーがないといえばうそになるが、以前OBさんと話をして考えが変わりました。同志社大学居合道部は次で西日本7連覇がかかっているんですね。僕はそれをとても気にしていたんですが、そんなことを気にしなくていいと言っていただきました。自分たちの代で頑張った結果が優勝なのであって、それでたまたま6連覇してしていただけだから、僕たちの代は僕たちの代で西日本・全日本優勝を狙いに行くだけだと考えています。7連覇とか歴代じゃなくて、自分たちの代として緊張感をもって挑めたらなと。」


伊吹「部としては、団体戦の西日本・全日本優勝は掲げるが、そのためには稽古が一番重要だと思っている。私が団体戦メンバーとしての経験は最も長いので、これまで感じてきたことを新しく入ってきたメンバーに伝えたいですね。そして新しいメンバーたちの相談に乗って、技術面・精神面ともに支えて団体戦優勝に導きたいです。」


見崎「演武自体は一対一なんですけど、チームとして戦っていくわけなんで、プレッシャーはすごく感じるがその分仲間を信じて頑張りたいです。」

昨年から上級生とともに団体戦を戦ってきた伊吹


新入生に向けてのアピールはありますかーー。


勝田「武道は人間形成が目的です。だから本来は勝ち負けにはこだわらないはずなんですよね。でも僕たちは体育会として活動しているわけなんで、うちの部としてはその両方の側面を大事にしています。」


伊吹「あと、初心者大歓迎ですよ!」


勝田「僕も大学から始めました。」


見崎「ほぼほぼ初心者です。」


伊吹「今いる部員の中で、経験者は私含め2人です。年に一人一人いるかいないかなので気負うことなく来てほしいです。」


勝田「いろんな部活経験者がいて、僕みたいに剣道経験者もいれば、小中高とサッカーをしていた人も、部活なんてしてこなかった人もいます。それでも稽古次第で全日本王者になることができる種目です。」


伊吹「それと、武道は男の人のイメージが強いかもしれないですけど、私たちの代では半分近く、一回生では過半数が女子部員です。なので女子の皆さんにもぜひ来てほしいです。」


勝田「あとは、、、、、、姿勢が良くなりますね(笑)」


一同「(笑)」


見崎「ちゃんとした大会でちゃんとした記録が残って勝てるのは居合道の良さだと思います。」


伊吹「あと、体育会といえば京田辺で練習するイメージですよね。私たちの道場も京田辺にあります。居合道部では、今出川、京田辺それぞれの校地で練習しています。そのため居合道だけでなく、勉強、プライベートとの両立が可能です。」



・最後に抱負をお願いします。


見崎「試合で勝つことはもちろん、皆が楽しいと思える雰囲気作りをしたいですね。今の一年生も風変りというか、雰囲気が特にガラッと変わるので、その雰囲気の違いをいい方向に持っていきつつ部の雰囲気もいいものにしたいですね。一年ではどうしようもないかもしれないですけど、それを居合道部のイメージをも変えていければと思います。」


伊吹「競技面では、稽古を特に頑張りたいです。王者としているためにも、挑戦者になるためにも練習は必要だし、それが幹部としての在り方かなと。また、もう一つの目標である家族のような部活としては、」


勝田「主将は背中をみられる立場です。ですから、誰よりも稽古しなければならないのは承知です。勝つために必要な練習を日々行い、結果的に優勝を目指したいです。また、漠然としていますが歴代主将は本当にすごいなという印象です。先輩方のように、一年後僕が主将でよかったと思ってもらえるように、一年間努力していきたいです。」


昨年の全日本大会団体戦では、まさかの3回戦敗退に終わった同志社。その衝撃はあまりに大きく、会場全体は驚きの声で溢れかえった。しかし同志社は挑戦者として、王座奪還を目指し再び動きはじめた。(聞き手 高里陽太)



○プロフィール

勝田裕也(理工学部2年/172㌢/59㌔/大阪府立清水谷高校)

昨年、西日本大会では二年生の部で優勝。高校までは剣道部に所属。主将の冷静な判断でチームを導く。

伊吹莉奈(商学部2年/151/鳥取県立鳥取商業高校)

居合道経験は小学生から。昨年から団体戦メンバーで、その豊富な経験がチームを支える。


見崎貴史(生命医科学部/168㌢/58㌔/広島大学付属高校)

昨年の西日本大会では勝田との同志社対決を繰り広げた。時期団体戦メンバーとして、彼の活躍に期待がかかる。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について