同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生体操選手権大会新体操の部
関学制し女子初優勝!
王座奪還!悲願のインカレ優勝!
主将セレクション「スキー部」
主将セレクション「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション : 陸上ホッケー部
主将セレクション「陸上ホッケー部女子」

陸上ホッケー部女子主将セレクション 2017年を語る

高木世実×松江

「一人一人がリーダーシップを」


左から副将・松江智美(商3)、主将・高木知世実(商3)



新体制となって変わった点は――。


高木「今はまだ全然、明日から練習が始まるからまだわからへんかな。」


松江「そうそう。」


高木「冬オフ中のミーティングで「こういう風に頑張っていこう」とか決めたけど、まだ実行はしてないから。」


松江「うん、みんなちゃんと気持ちを高めてきてくれてると思うけど、どんな感じで始まるかはわからへんかなぁ。」


去年を振り返ってみて――。


高木「うーん、ボロボロやったな(笑)」


松江「シーズン始まりは人数が足りんくてっていう状態から始まったから、、、」


高木「うん、カツカツやったし、どの試合も人数たりひんかったりとか。もう(ホッケー部以外の人を)引っ張ってきて試合してみたいな感じで。誰がこういう風にやってとか一応決めてる感じではあったけど、とりあえず人数そろえて試合にでるっていうのが問題すぎてドタドタしてて、一戦一戦がちゃんと準備できてへんかったな。」


松江「まず人数を揃えることやな。」


高木「ホンマにそう!全然準備できてなくて無駄にしてしまったなって感じがする。」



チームを牽引する主将高木。



どのようなチームにしていきたいか――。


松江「こないだミーティングでいっぱい喋ったな。私なに言ってたんやったっけ?あ、予定のことかな。」


高木「ミーティングではちゃんと日程管理とかができてへんかったから、こういうところで練習試合を組んだりとか、ここの試合にもっていけるように、もうちょっとしっかり考えれるようにしていこうってことと、あとは〇〇No1っていうのを決めてホッケーの技術とかじゃなくて自分はこういうとこで役に立つっていうのを自分で出して、これは誰よりも一番になれるっていうのを発表したりとか!あとは自主練が少ないってとこかな(笑)」


松江「もっとしましょう!みたいな(笑)」


高木「他なんかあったっけ?」


松江「目標設定がちょっと高すぎる目標やったから。もっと現実味のある目標設定にしようってなって。」


高木「うんうん。」


松江「がんばったらできる範囲での目標をつくろうって話し合ったな。」


高木「関西の全部の大学合わせたら天理とか立命とかいて、関学と中京と聖泉は普通に同志社よりめっちゃ強いけどまったくもって狙えへんってわけじゃないから、今の目標はそこの三校に同志社も入っていこうっていうのが新しい目標やな。その目標に向けてしっかり頑張っていこうってなったやんな。」


松江「うん。」


高木「それが無理な目標設定ではないから、めっちゃがんばったら可能な目標を設定してそれに向けて頑張ろうってことやな。」


チームの中で期待する選手――。


高木「うーん、誰やろ、1,2年生がいいかな。」


松江「さと(白木里美・経済2)は普通にうまいからなぁ、、、あ、里和(喜多里和・法1)とか?」


高木「それ思った!里和はホッケー初めてで高校のときはバドミントンやってたかな。」


松江「キーパーになってまだ1年経ってないよな。」


高木「まだ半年ぐらいやんな。里和はモチベーション高くて誰かが教えてくれる環境じゃないのにすごい頑張ってる。」


松江「元々キーパーやってた人が今のチームにいないからうちらが知ってる知識を教えて、監督からも教えてもらって・・・って感じで頑張ってやってくれてる。」


高木主将がこの選手を選出した理由は――。


高木「えー、なんやろな、、、でも普通にプレーとして心強い!高校のときはFWやってたし今DFでボール持ってても安心できるし、体力もめっちゃあるし、前のポジションの子が相手に抜かれてしまったりしても智がカバーに走ってくれたりとかDFやのに攻撃参加するし、すごいしんどそうなポジションやってる(笑)」


松江「でももっと走れって言われるからな(笑)」


高木「誰かのミスもしっかりカバーしてくれるし、高校でも強いチームでやっててうまいし、、、ってところかな。」



相手のボールを奪いに行く松江。



お互いのいいところは――。


高木「なんやろな、さっきも言ったけど誰かがミスしても、智が体力的にしんどかったりしても試合中気を抜いたり休んだりしてないから、そういうところいいと思いますよ。ふふ(笑)」


松江「ありがと(笑)うち副将やけど知世実は主将でどんどん一人でやっていってるのがすごいし、知世実がやってくれてるから安心感がある。」


高木「でも智も安心感あるけどなぁ。プレー面でめっちゃ頼もしい、誰かのミスもカバーするし!」


松江「ミスするけどなうちは(笑)」


高木松江「(笑)」


松江「みんな走ってるって言ってくれるけど結構さぼってるで(笑)」


高木「でもそれが上手なんやと思う!大事なところで走るし、走らんでいいとこで抜くってとこが上手なんやと思う!」


松江「めっちゃさぼってるつもりやのに、みんなホンマに言ってるんかなーって(笑)」


高木「でも去年の攻撃とかもショートパスとかで右から攻めてって感じやったから、全部智のところにボール回ってから攻撃が始まってた。あと、強いところとの試合やとめっちゃ守備してて、いきなり攻撃に切り替えるときも全部ついて行ってってそこがホンマにすごかった!守備してても攻撃でもちゃんと攻めるっていうのは去年意識してたところやから。」


松江「でもうちは右サイドだけやから(笑)中心の人は両サイドで攻撃参加せなあかんから。」


高木「あと前、FWやってたからFWがどういう風に動いてほしいとかもわかるからFWの気持ちがわかるDFっていいと思う!」


主将、副将として心がけていることは――。


高木「心がけてることはあるけど、、、」


松江「できてへんな(笑)」


高木松江「(笑)」


高木「でも主将やからこそしんどいところこそ頑張って走ってプレーしたりとかそういう姿を見られてるやろなって思うから、そういうところは気を抜いたりとかしないように頑張るようにしてる。ただただ主将やから「こういう風にして」っていうのを言うだけじゃなくて自分がしんどい思いして「あの人がんばってるな。」って思ってもらえるように頑張る、そういうとこは主将やから大事にしてるかな。プレー面では誰よりも走って頑張らなあかんと思ってるし、気を抜いたりサボってたりしたらあかんなって思ってる。主将の役割としては、、、元々自分ひとりでいろいろやったりとか他人を気にしないタイプの人間(笑)高校のときも主将やってんけど、高校のときは先生に言われたことを自分でやって主将としてみんなにああしろこうしろとか言うわけではなくてただ挨拶するだけとかちょっとした仕事しかやってなかったから、今はそういうのじゃなくて自分で色んな決め事とか作ったりとか考えたりしていく上で自分だけやってたらあかんなって思うから、それこそ後輩の子とかみんながどういう風に練習ができてるかとか、、、まだまだできてないけどプライベートの話とかプレーの話とか色々しなあかんなって思ってる。」


松江「うちは全体見るの苦手やから、個人個人をしっかり見ていけるようにしようかなって思ってる。もちろんプレー面でも!」


これからの目標は――。


高木「いっぱいあるよな!自分たちは3年生で自分たちの代はあと半年しかないから、3年生だけのミーティングで決めたんやけど立てた目標を

成功させるためにしっかり練習メニューも日程も逆算して考えれるようになるっていうのと、、、とりあえず、目標達成したいもんな!」


松江「うんうん。」


高木「智やったら個人個人を見るとか、、、色々3年生が目標持ってるんやけど、そういうところで一人一人がリーダーシップを持てるように自分の役割を発揮できるようにしたいです!」



今回は、陸上ホッケー部女子の主将と副将のお二人にチームの今後と展望を語ってもらった。昨シーズンは人数不足に苦しみ、思うような結果を残せなかった彼女達。新チームが発足し、チームとしての目標を現実味のある位置に設定し確実に達成していく方向に定めた。それは決して弱腰なのではなくチームの成長に必要なノルマだからだ。一人一人違った目標を設定しながらもチームとして同じ方向に向かっていく彼女達の飛躍に今後も目が離せない。

(聞き手:野村 友哉)



○プロフィール

高木知世実(商学部3年/162㌢/京都府立京都すばる高校)

高校時代から陸上ホッケー部に所属しており、ホッケー歴は今年で7年目。

昨年は副将として主将を支えてきたが今年は自身が主将として新チームを引っ張っていく。



松江智美(商学部3年/154㌢/滋賀県立伊吹高校)

高校時代から陸上ホッケー部でポジションはFWであったが、今はDFでプレーをしている。

今年から副将に就任し、プレー面でもメンタル面でもチームに貢献する。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について