同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーJr.リーグ
優勝に黄色信号
開幕初戦まさかの逆転サヨナラ負け
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ウィンタースポーツ特集 2016-2017 : スピードスケート部
ウィンタースポーツ特集 2016-2017「スピードスケート部」

チーム力を高め、関西インカレへ


冬の厳しい寒さはまだ続きそうだが、ウィンタースポーツはいよいよシーズン後半を迎えている。スピードスケート部では、3月の関西インカレで男子総合4位、女子は総合優勝を狙い日々練習を重ねている。


「昨年よりも個人のモチベーションが上がり、チーム全体としても士気が上がった」というのは主将の岡本(同女3)。その理由のひとつに練習環境がある。昨年に引き続き、他大学や他府県と合同で練習することで刺激を受けながら技術を磨いているという。


もうひとつの理由は丸山(社1)の存在だ。昨年スピードスケート経験者として入部し、11月の全日本選抜には同志社からただひとり出場した。大会での目標は「AA級のタイムを出す」、「組の中で誰か1人には勝つ」こと。強豪がひしめく全日本選抜。表彰台を狙うのではなく自分の滑りに集中した。レース本番では相手のペースにつられることはなかった。一方でいざというときは相手と競り合う勝負強さも見せる。1500m、1000m、500mの3種目に出場し、いずれも最下位から2番目で踏みとどまった。タイムでは目標のAA級には届かなかったが、自己ベスト記録を更新した。


その後、国体の1000mでAA級のタイムを出した丸山。試合を重ねるごとに成長する彼女に「(部全体が)鼓舞されている」と岡本は言う。



3位を死守する丸山



部全体の課題として「個人競技のため、チーム意識が低めだった」と岡本。団結力を高めるために、全体でのミーティングはチーム力を意識したものにしているという。団体戦のリレー競技だけでなく、勝負所であと少しの力を出すために、個人種目でもチームの力は不可欠になるだろう。



今後は関西インカレのほかに、都道府県、ジャパントロフィー、全関西、全京都と試合が目白押しだ。個人の昇級と団体の入賞に向けて、個人の力は勿論、強めたチーム力も惜しみなく発揮してほしい。(田中 美穂)



関学戦を終えた後の部員一同


【ウィンタースポーツ特集 2016-2017バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について